FC2ブログ

2019.02.20

category: 本のこと

プリンセスミート

Rui and Book

                     折に触れ耳にするあの曲は、バレエのための音楽で、

                     実際、この目で観たことはなくても、その曲を聞いたなら、

                     あの情景は、すぐさま、ありありと眼に浮かんでくるし、

                     お姫さまの名前は、『オデット』であるのだし、

                     どうやらその姫は、魔女に

                     白鳥の姿に変えられたらしい物語で、

                     それから・・・えっと・・・あれ・・・?

                     よくよく考えてみたら、私は、物語としての

                     『白鳥の湖』を知らないのだった。

                     だいたいのあらすじなら、ネットでも知ることができるけれど、

                     どうせなら、本という形として、そばに置きたくて。

                     大人らしく、幻想的な絵、儚げな色使い。

                     とても美しい絵本だ。

Swan201811a.jpg
11月のいつか。
Love Swan

                     オデット姫の周りで踊る美女たちは、

                     侍女たちであり、王子の名は、ジークフリード。

                     姫の呪いを解くことができるのは、ゆるがぬ愛の力だけ・・・

                     ふたりの恋から愛への物語。

                     そうか・・・そうだったんだ。

Swan201811b.jpg

                     ここにきて、初めて、改めて知る物語。

                     知った気でいるのは、よくないんだなと

                     気づかされもした物語。






ご覧いただきありがとうございます                                                  

2019.02.19

category: Swan

雨水の空・・・旅立ちの気配

This moring
Love Swan

                       今日から雨水。

                       雪が雨へと変わり、氷が解けだすころ。

                       白鳥たちは、そろそろ、故郷へ帰る心づもりと

                       長い旅路への覚悟の気持ちを、整えていることだろう。

Swan20190219b.jpg

                       そんなことを思いながら

                       空を見上げ続けていたら、

                       たまらなく寂しく、切なくなって、

                       泣きたくなってしまった私の中に、

                       今日、繰り返し浮かんだ歌は・・・

Swa20190219c.jpg

                       Thank you for your kindness
                       Thank you for your tenderness
                       Thank you for your smile
                       Thank you for your love
                       Thank you for your everything
                             いつものようにさり気なく
                             さよならのかわりに・・・さよならのかわりに

                       山口百恵さんの『さよならのむこう側』だった。

                       楽しい冬を、本当にありがとう。

                       でも、あと少し、もう少しだけ、いっしょにいれるね。







ご覧いただきありがとうございます
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

そろそろと庭の薔薇たちも動き出しています。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad