FC2ブログ

2018.09.23

category: 本のこと

衣擦れに似た音

My Rose
6月の*ピエール・ドゥ・ロンサール*


                         夥しい数の封書・・・紙の束。

                         紙の上を走る、今にも溢れんばかりの想い。

                         インクの匂い・・・

                         机の上のインク壺・・・差しこまれた羽ペン。

                         読み返し、或いは読まれながら、捲られる度に

                         かさかさと密やな音を立てる紙の音。

                         私はその本を開いている間、

                         間違いなく今現在のここにではなく、

                         1700年代のそこにいるのだということを感じるのだ。

                         しかも、日本ではなくフランスに!

                         まるで着物の衣擦れの音にも似た

                         気品に溢れた紙と紙の擦れる音が

                         その本を開いている間、終始するのだ。

                         ふと本から顔を上げて、ここがいつもの

                         自分の居場所である部屋だと確認すると

                         まるでまったく別の場所から

                         たった今瞬間的に帰ってきたかのような

                         不思議な気持ちにとらわれてしまう。



                                             エヴリン・ファー著
                                          『マリー・アントワネットの暗号』
                                              ようやく100ページ。

                            

 

ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                           
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

夫はカメラにはほぼ興味が無く、SNSもやっていません。 SNSやらないは、ある意味健やかだな・・・と正直思ったりします(笑)

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad