FC2ブログ

2018.06.13

category: Swan

君をめぐる物語

あの日の君。
                      
                      ある日、川沿いをひとり歩いていた娘は

                      傷を負い、羽を休めている一羽の白鳥に出会いました。

                      そっと近づいてみると、片方の翼が折れ曲がり、

                      もう飛べないほどの重症なようです。

                      「どうしたの?白鳥さん、どうしてそんなひどい怪我をしたの?
                      何があったの?」

                      矢も楯もたまらず、娘は白鳥に問いかけましたが、

                      言葉を持たぬ白鳥は、悲しげなその瞳を

                      娘に向けるばかりです。

Swan20180613b.jpg

                      飛べない白鳥・・・

                      自分で食べ物を探しにゆけない白鳥・・・

                      娘は心配でたまらず、何か食べれそうな物を持っては、

                      毎日のように白鳥の元へ向かうのでした。

                      白鳥も、そんな娘のやさしさに触れ、

                      少しずつ心を開き、遠くからでも娘の姿を確認すると

                      自分の方から近づいてきてくれるようになりました。

Swan20180613c.jpg

                      白鳥と出会ってから、もう何日経ったことでしょうか?

                      娘はその日も、少しのパンを持って

                      白鳥の元へ向かいました。

                      「羽も少しずつよくなってきてるようで良かったわ」

                      娘はもの言わぬ白鳥に話しかけました。

                      まるで白鳥に、自分の言葉が通じていることを

                      信じて疑わないみたいに。

                      すると、どうでしょう・・・

                      次の瞬間、羽を大きく広げた白鳥が、

                      娘の目の前で、見る見るうちに、

                      美しい王子の姿に変わるではありませんか

                      娘は驚きのあまり、ものも言えずに、その姿を見つめるばかりです。

                      王子は意地悪な魔女に、白鳥の姿に変えられていたのでした。

                      「君は僕の命を繋いでくれた恩人だ」

                      娘は王子のお妃になり、お城で生涯、

                      愛する王子と幸せに暮らしたのでした。



                             ・・・という童話によくあるような物語が浮かんだのだけど
                             もしこれが本当になったら(絶対ないです)
                             私はもう娘ではないし、結婚してる・・・
                             (心配しなくて大丈夫です。有り得ませんから)笑。









ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村         
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

叔母は母の兄嫁で血縁ではありませんが、とても気が合いました。 今はなかなか会うこともなくなりましたが元気で長生きしてほしいです。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad