FC2ブログ

2020.04.30

category: 日々

5月の声は春の匂い

My flower
マーガレット
*ダークあずき*


                       (あ・・・春の匂いがする)

                       目覚めた瞬間にそう思った。

                       無論窓は閉まったままだったけれど

                       そこここに溢れた春は、

                       いとも簡単にそれをすり抜け、

                       起きたての私の鼻をかすめにきたらしい。

                       一般的に春の季節は4月からのイメージだけれど

                       雪降る北国の春は、やはり5月からが本番だろう。

                       とは言え、昨今は、その春香る5月にも

                       夏が忍び込んできてしまう日もままあるのだけれど・・・。

                       世界は混沌としている。

                       不安と恐れを抱えたままで。

                       それでも、心の中までは混沌とさせないようにしていたい

                       そう思う。

                       なぜなら、世界は、相も変わらず、こんなにも美しいのだ。

                       それを感じる心まで抑制されてはいけない。

                       野鳥たちは、春の美しさを謳歌するかのように

                       各々楽しげにさえずっている。

 





ご覧いただきありがとうございます                      

                       

2020.04.25

category: feel

いつしか時を越えて深まる・・・


                        『月の都の人はそれはそれは美しく、
                        年もとりません。
                        物思いすることがないのです。』

                        『さあ、かぐや姫、穢らわしい下界に
                        なぜぐずぐずととどまっていらっしゃるのですか』

                        『壺のお薬をおのみになって下さい。
                        穢れた地上の物を召し上がっていらっしゃったのですから
                        さぞ気分がお悪いことでしょう』

kaguya20200425.jpg

                      慣れ親しんだ愛すべき物語・・・

                      折に触れページを捲った物語。

                      今この時になって、まるでこの部分に

                      スポットライトが当たったかのように深く頷き

                      何かに気づいてしまったような気持ちになるのは

                      なぜなのだろう・・・?

                      罪を犯し、その罪を償うため

                      地上に下ろされたという

                      プリンセスかぐやの物語・・・。

                      
 

                                         *竹取物語*
                                          文:江國香織
                                          画:立原位貫

                               










ご覧いただきありがとうございます                      

2020.04.24

category: feel

私の中の変化


                      本は大好き。

                      だから、いつでも、

                      何かしら読んでいたいと思っているのだけれど

                      最近、恋愛ものとか人生の事とか

                      所謂、人間的な物語、もっとはっきり言ってしまえば

                      人間くさい物語が読めなくなってしまった。

                      読むことを楽しみにして購入していた本があるのだけれど

                      いざ開いてみても、文字を追うはずの目も気持ちも

                      全然動いてくれない。

                      このご時世だから・・・?

                      いえ、そうとは言い切れないと思うのだけれど・・・  

                      でも、はっきりとした理由も分からない。

                      その代わり、不思議なお話しや児童文学は楽しく読める。

                      写真の三冊は、最近読み終えたもので

                      白川紺子さんの『三日月邸花図鑑』

                      小手毬るいさんの『心の森』

                      J・R・ヒメネスの『プラテーロとわたし』

                      どれもそれぞれの美しさを秘めた物語だった。

                      求める物語の変化を通して

                      何かが私に伝えたかったことは

                      『いつでも自分の心に正直であること
                      自分の中の変化を素直に受け入れること』

                      もしかしたら、そのことなのかもしれない。











ご覧いただきありがとうございます

2020.04.22

category: feel

例えば、秘かに静かに深まるもの

2019年5月の庭


                         思慮深い・・・

                         奥深い・・・

                         味わい深い・・・

                         愛もまた同じこと

                         愛は、

                         深まる・・・深める・・・深め合う。

                         例えば、恋には常に『冷めてしまう』

                         可能性がつきまとうけれど。













ご覧いただきありがとうございます

2020.04.21

category: feel

王子様がくれた言葉

My flower
パンジー
*マーメイド*

                       
                        一日中家にいるけれど、日中

                        番組としてのテレビは、ほとんど見ない。

                        その代わりいつも、お昼ご飯を食べながら、

                        録画しておいた番組を繰り返し観たり

                        所有しているDVDを観たりしている。

                        昨日観ていたのは、ディズニー映画の

                        『シンデレラ』実写版。

                        ストーリーはもちろん好きなのだけれど、

                        何より、シンデレラ役の女優さん

                        リリー・ジェームズが、可憐でとても素敵なのだ。

                        もう何度も観たのだけれど、その時その時で

                        心に響くシーンや台詞が微妙に違ってくる。

                        昨日は、王子様の言葉に心が動いた。

                        『僕はこう思います。
                        国の外に大きな力や新たな知恵を
                        求める必要はない。
                        必要なものは目の前にあります。
                        勇気と優しさ、それを忘れなければ
                        必ず見つかるはずだ』

                        今の状況にも当てはまる、とても深い言葉だと思う。











ご覧いただきありがとうございます                           

2020.04.20

category: feel

響き続ける言葉・・・反芻する言葉・・・抱きしめる言葉

My flower
アネモネ
*アンアリス*


                        守るために行動する・・・

                        守るために行動を少なくする・・・

                        守るために今までの行動を変える・・・

                        守るためにできること・・・。

                        こんな今だからこそ

                        響く言葉・・・繰り返す言葉・・・抱きしめる言葉。

AUDREY.jpg

                        『愛は行動なのよ。
                        言葉だけではだめなの。
                        言葉だけですんだことなど
                        一度だってなかったわ。』

                                     *オードリー・ヘップバーンの言葉*より。











ご覧いただきありがとうございます

2020.04.17

category: feel

揺れる春

Today...
Mt.cyokai

                           少しずつ溶ける雪。

                           春鳥たちのさえずり。

                           柔らかな風。

                           いつもの春・・・

                           そのはずの春。

sakura20200417a.jpg

                           花も

                           鳥も

                           野も山も

                           そよぐ風も

                           夜にきらめくあの星たちも、

                           何も言わない

                           でもきっと知っている・・・

                           人間の世界で起きている事の一部始終を。

                           今、だから、

                           静かに見守るように揺れる春。










ご覧いただきありがとうございます

2020.04.13

category: feel

言葉の思惑・・・言葉の想い

My green
*ワイヤープランツ*

                           
                       こんな時(非常時)は、言葉を選ぶことが

                       いつも以上に難しく感じます。

                       それが誰かの励みになる言葉であったとしても、

                       もしかしたら、他の誰かにとっては

                       傷つき、不快に感じる言葉かもしれない・・・。

                       そう想像してしまうからです。

                       思い出してみれば、震災の時もそうでした。

                       声や表情の温度・・・温もりを乗せることのできない

                       ネット上に於いては、なおさらです。

kotocosumo20200404edit.jpg
いつかの私。
Photo husband
                       
                       
                       そんな最近の私は、

                       宇宙と地球に「おはよう」を言い、

                       一枚の写真に秘められた『力』と『癒し』を信じ

                       あの写真の世界に、ただひたすらに
                         
                       淡々と記し続ける日々を送っています。

                         









ご覧いただきありがとうございます                         

2020.04.11

category: 日々

桜静かに

撮影日:2020/4/11

                            
                         今『その時』を

                         ただ懸命に

                         美しく咲く桜。

sakura2020b.jpg

                         やはり、どうしても

                         会いに行かずにはいられなくて。









ご覧いただきありがとうございます                         

2020.04.10

category: 琴庭

内側の花・・・外側の花



                       (咲いたよ・・・咲いた)

                       桜の花の気配がします。

                       でも、まだ見に行けていません。

                       (広い外なのだし大丈夫
                        でも、やっぱり・・・)

                       躊躇う自分と向き合っています。

                       桜は、いつの間にか咲いて

                       あっという間に満開になって、潔く散る花・・・。

                       今年の桜はその上に、さらなる切なさが加わります。

                       けれど、桜は来年も咲くのだから・・・。

                       庭の花たちは、無邪気に咲いています。

                       ついさっき、なにやら賑やかな鳴き声に

                       窓から覗いてみたら、かわいい雀たちが

                       すぐそこまで、遊びに来ていました。

                       それは、それは物語のような瞬間でした。










ご覧いただきありがとうございます                       

2020.04.04

category: feel

星たちの声を聞く

2020/04/03
午後3時半頃


                        『てんびん座の天秤は
                        正義の女神アストライアの持ち物で
                        この世の正邪をはかるものであった』

                        すべてを記すことはできないけれど

                        てんびん座の神話のページで震えた。

                        これは古代の人が考えた想像上のお話しかもしれない・・・

                        でも、まさにそのとおりだと思って。

                        何もかもが思い当たるのだ。

                        今こそ、それぞれが、

                        自分自身を見つめ直す時期なのかもしれない。


                                                『』内
                                         *星座の神話と伝説がわかる本*
                                            編:宇宙科学研究倶楽部
                                                   より抜粋。












ご覧いただきありがとうございます                        

2020.04.02

category: feel

月と語らう

Today...
PM3:50


                         その距離は

                         果てしなく遠い。

                         でも、

                         心を寄せることならできるはず。

                         Dear Moon...

                         そこから私たちは見えますか?

                         どうか私たちに

                         浄化する力を、お授け下さい。










ご覧いただきありがとうございます
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.