FC2ブログ

2019.10.31

category: 日々

空に浮かぶ微笑み


                         君待ち月

                         想い月

                         願い月

                         優しい月

                         微笑み月

                         貴方癒す月。

                         見上げた夕空

                         今日の三日月。










ご覧いただきありがとうございます

2019.10.31

category: 日々

ひたひたと深まる・・・

This morning

                       夜になり、会社から帰って来た夫が

                       「なんで今薔薇咲くの?」と聞きます。

                       それも、数回です。

                       そんなに不思議か?(笑)

                       四季咲の薔薇もいるから
                       晩秋まで咲くんだよ

                       と返します。

                       でも、昨年も数度咲いてくれたはず

                       そんなに不思議がるのはなぜだろう・・・?

                       もしかして、いえ、もしかしなくても

                       この『咲いてる感』は

                       薔薇の株が充実、成熟してきた証拠なのかも。

                       階段を、一段一段丁寧に登るようにして

                       一年ごとに、咲かせられる花を増やしてきたのかも。

                       やはり、時(年齢)を重ねるって素敵なことだなと思います。

                       人も、そして植物も、もちろん他の生きものも。

Swan20191031.jpg
Love Swan

                        今朝の愛しのスワン。

                        この並び、まるで演出したかのようです。

                        空の青と雲の白にきれいでした。

 sizyuu1031.jpg
                          
                        今朝はシジュウカラさんにも会えました。

                        この子は鳴き声もキュートです。

                        しかし、あっちの鳥もこっちの鳥も(うちのルイ)

                        超スーパーモデルばかりで

                        載せる写真選ぶの大変なのです(笑)







ご覧いただきありがとうございます                         

2019.10.30

category: Swan

ひとり遊びのイマジネーション

Love Swan

                     私「こっちに向って
                     まっすぐ飛んできてくれると
                     ほんとにいいの?って思う
                     まじか?って(笑)」

                     夫「うん」

Swan20191030b.jpg

                      私「でももしかしてあの子たち
                       私のこと仲間だと思ってくれているんじゃ?
                       とも思ったりする」

                      夫「うん」

                      私「あっ!同じ羽根生えてるわとかって」

                      夫「え?」

Swan20191030c.jpg
                    
                   私「私のことあの子たち妖精かなんかと
                     勘違いしているんじゃないかと・・・」

                   夫「は?なんだって?頭大丈夫か?」

                   私「大丈夫だよ、ここでしか
                    あなたにしか言ってないから」笑。

                   君たちがいる世界はまるで楽園。

                   次第に私の頭の中までパラダイス(笑)








ご覧いただきありがとうございます

2019.10.28

category: 日々

例えば、ひととき物語の中


                     夕方、日暮れ間近の頃

                     白鳥たちの鳴き声が聞こえてきたので

                     外へ出ました。

                     自宅上空は飛行ルートになっており

                     幸せなことに、朝に夕に

                     家に居ながらにして彼らに会えるのです。

                     ふと、空を見上げるより先に

                     リビングの窓辺が目に入りました。

                     日の暮れ切る前まで灯している間接照明が、

                     窓辺を彩る薔薇の枝葉が、

                     何だかいい雰囲気を醸し出しています。

                     ♪大好きな君に早く会いに行こう
                      君のあの家に灯りがともる頃♪

                     大好きなひとの歌が頭の中で流れました。

                     淡々と続く日常の中にも、こうして

                     体ごと物語の中に入る瞬間がある

                     心ときめいて、とても幸せなことです。



                                               ♪~♪
                                             『大好きな君に』
                                              小田和正san

                        

 


ご覧いただきありがとうございます                       

2019.10.27

category: feel

空に語らう場所

Today...
Photo husband


                          空と

                          風と

                          そして

                          海に聞いた

                          幾つかのこと。

kotowind20191027d.jpg

                          

                                            
                                          Now,I'm listening to...
                                            『風と君を待つだけ』
                                              小田和正san


                           




ご覧いただきありがとうございます                            

2019.10.26

category: Swan

君をめぐる羽根占い

Love Swan

                         どうか私のことを信じて

                         束の間でもいいから気を許してほしい

                         でもやっぱり・・・簡単に信じたらだめ

                         いろいろなひとがいるから。

                         信じて・・・信じないで

                         気を許して・・・簡単に許さないで

                         その気持ちは花占いにも似て・・・

                         君めぐり、心の中ひとり羽根占い。

Swan20191026b.jpg

                         羽毛がグレイカラーは幼鳥さん。

                         6月から7月の間に生まれて

                         3ヶ月ほどで飛べるようになるのだそう。

                         生まれてわずか3ヶ月で

                         両親始め大人たちについて

                         こんなにも遠くまでやってくるなんて、

                         野生の神秘と厳しさを

                         深々と思わずにはいられません。

                         写真は本日、田んぼにて撮影。









ご覧いただきありがとうございます                                           

2019.10.25

category: Swan

野生魂

Love Swan

                        昨日からとても強い風が吹いていて

                        何だか気がかりだったけれど

                        今朝になったら、さらりと飛んできました。

Swan20191025b.jpg

                        ちょっとやそっとのことじゃ折れないよ?

                        ええ、そうでしょうとも。

                        これぞまさに、野生魂。

                                                
                                                   *今朝自宅窓から撮影*








ご覧いただきありがとうございます                       

2019.10.23

category: feel

遠くおそろい


                       大好きなひとはキーボードの前に

                       そして私はミシンの前に

                       音を繋ぎ、音を紡ぐ

                       布を繋ぎ、布を紡ぐ

                       やがて歌になり

                       やがて服になる

                       なんとかしてどうしても無理やりにでも

                       おそろいにしたい私(笑)

senritu.jpg

                       ついさっき白鳥さんの声がしたので(17時過ぎ)

                       外へ飛び出しました。

                       『旋律』がかわいく咲いていました。

                       苦手な日暮れ撮影ぎりぎりに間に合いました(笑)





ご覧いただきありがとうございます                       

2019.10.22

category: feel

香る気配の香り


                     寝室に着替えを取りに行きました。

                     灯りのついていない真っ暗な部屋です。

                     部屋に入ったとたん

                     ふわりと薔薇の匂いがしました。

                     (あれ?なぜ?)と思いました。

                     寝室で使っているアロマオイルの香りは

                     ラベンダーです。

                     (なんで薔薇の匂いがするんだろう)

                     そう思いました。

                     ここに居るはずもない人の気配が

                     香る時のように、

                     まさか薔薇も気配を香らせるの?

                     一瞬のうちにそんなことすら思いました。

                     明かりのスイッチをオンにしたら

                     鏡台の上にジュビリーがいました。

                     (あ・・・そうだ、ここに置いたんだった)

                     日中庭からカットしてきて

                     ここに飾ったことを思い出しました。

                     なんだ・・・クスッと笑ってしまいました。

                     でも、ここに居るはずもない人の気配が

                     香るのは本当です。

                     それは香水の類のことではなく、

                     いわば、その人の纏っている気配の香りです。

                     不意に心が届くみたいに。

                     それにしても、やはり夜の撮影は苦手です。

                     だから・・・

jubiri1022.jpg

                     その、日中に撮ったジュビリー・セレブレーションを。

                     イングリッシュローズです。

                     何とも言えないニュアンスカラー。

                     幾重にも重なる花びらがかわいくて

                     次から次へと蕾を上げてくれる

                     がんばりやさんです。









ご覧いただきありがとうございます  

2019.10.22

category: 日々

秘かに思うこと


                        布屋さんの割引セールにて

                        購入した幾つかの布。

                        平面の一枚の布が

                        立体的な洋服となるときめきと喜び。

                        できることは、与えられたこと。

                        自分で掴み取ったものではなく。

                        生きるにはどうしたって『着る』ことが不可欠。

                        ならば、与えられた『できること』に感謝して

                        できるだけ作れるものは自分で。

                        それがほんの少しでも

                        自然に寄り添えることになるなら、なおいい。

                        大切に作って、最後まで大切に着たい。








ご覧いただきありがとうございます                                                

2019.10.20

category: feel

その時心がいた場所

Today...

                         心が

                         その距離を

cosumosu201910202.jpg

                         いとも簡単に

cosumosu20191020c.jpg

                         超えた夜。












ご覧いただきありがとうございます

2019.10.19

category: 日々

森のクッキーと思い出の手触り


                        雨降りの日。

                        今日焼いたクッキーは

                        リス

                        くま

                        うさぎの森的クッキー。

                        それから、年末の大掃除は苦手と言うか

                        雰囲気的に(?)嫌いなので、

                        気ついたときに、ちょこちょこと

                        小掃除をしているのだけれど

                        箪笥の中身を全部出して、水拭きしようとしたら

                        思いがけない思い出と遭遇しました。

wakaihoroba1.jpg

                       大好きなひとたち、オフコースのビデオ。

                       NHKで放送された番組

                       『若い広場』を録画したものです。

                       メンバーの方々のお名前を書いた字が・・・笑。

                       学生時代に流行った女子文字です(笑)

                       あの当時、私は、恋に恋しているような

                       まだまだお子さまな(?)学生でした。

                       写真集なども所有していたけれど

                       それは実家に置いてきて、何度も観れる・・・

                       いえ、会いたい時に会える、このビデオを持って

                       ここへ嫁いできたようです。

                       今日このビデオを見つけたのも何かの縁でしょうか・・・

                       あの感動の手触り、今夜再びです。








ご覧いただきありがとうございます

2019.10.18

category: Swan

その翼が教えてくれること

This morning
Love Swan
 
                          その翼を(腕を)広げなければ

                          抱きしめることも

                          受け止めることも

                          包み込むことも

                          できはしない。

                          惜しげもなく広げたその翼は(腕は)

                          愛そのものに違いなくて。

Swan20191018b.jpg

                          君が

Swan20191018d.jpg

                         その翼が

Swan20191018a.jpg

                         教えてくれること。

Moon20191018.jpg
This morning
月の出19:58
月没09:36

Swan20191018e.jpg


                          ♪その顔上げてやがて時は来る♪    

                                       ♪~♪
                                    Now,listening to...
                                   *風と君を待つだけ*
                                     小田和正san






ご覧いただきありがとうございます                                                          

2019.10.17

category: 日々

君とそよぐ道

This morning
My Flower
 
                             花

Swan20191017a.jpg
This morning
Love Swan

                             鳥

ふわふわすすき

                            風

Moon20191017.jpg
 
                           月

Swan20191017b.jpg

                         すべてのことに

                         包まれた朝。









ご覧いただきありがとうございます                                          

2019.10.16

category: 日々

静かな森で静かな事を・・・

Today...
  
                          スワンちゃん飛来祝い2019

                          今日はクッキーを焼きました。

                          川にはカモさんの姿も見えるので

                          カモもいっしょに。

                          小さな鳥型はカモさんのつもりです。

swancook2.jpg

                       以前の記事で、スワングッズを並べてみたけれど

                       まだありました、このクッキー型もそうでした。

                       きれいな形ですが、首から上を抜く時に

                       折れたりして、けっこう苦労します(笑)

Swancook3.jpg

                          無事に焼き上がりました。

                          スワンハートでかわいく。

swancook4.jpg

                          熱が取れるのを待って

                          お茶を入れて

                          今年も来てくれてありがとう

                          おいしくいただきました。

Swan20191016a.jpg
Love Swan

                          今日のモーニングスワン。

                          青空にきれい。

                          うれし・・・今日も会えました。

senritu20191016.jpg

                          今日の薔薇。

                          『旋律』

eve20191016.jpg

                          『イブピアッチェ』

jubiri20191016.jpg

                          『ジュビリー・セレブレーション』

                          今年はもう咲かないかな?と思っていると

                          また蕾を上げて咲いてくれます。

                          楽しませてもらって、とても幸せなことです。

                          地球が傷んでいると聞きます。

                          そして私も、そのとおりだと思います。

                          何をしたら?何ができたら?どうすれば?

                          考えてしまいますが、とにかく自分のできることを

                          できる範囲でやり続けるしかないとも思います。

                          他の命を愛しく大切に想うことも、その中のひとつ。






ご覧いただきありがとうございます                          

2019.10.15

category: 日々

理想とする暮らし方の理想と現実


                        必要最低限の持ちもので小さく暮らす・・・

                        そんなミニマムな暮らし方って良いな

                        そう思う自分がいます。

                        その一方で、私には難しいだろうなとも思います。

                        必要以上の物を所有しているとは思いませんが

                        それでもそこそこに『物』はあるのです。

                        例えば、薔薇たちとは生涯共にしたいと思っているし

                        しょっちゅうページを捲るわけでもありませんが

                        絵本を始め、愛着のある所有本も少なからずあります。

                        でも、このハンガーポールを見たら驚いてしまいました。

                        この台風の緊張感の最中(さなか)

                        アイロンがけを三日さぼり、

                        昨日一日のうちに、一度着替えをした結果です。

                        どうせ出かけるからとワンピースのまま

                        薔薇の手入れをしていたら

                        棘が引っかかって穴を開けてしまいました(泣)

                        それはさて置き、今朝着替えて

                        このハンガーポールを見た時

                        (服少なっ)と思ってしまいました(笑)

Closet1015b.jpg

                         アイロンをかけた後です。

                         洋服たちが戻ってきました。

                         もちろん夏服は別の場所にしまってあるし

                         カーディガンなどの羽織るものも箪笥の中なので

                         これで持ち服すべてというわけではありません。

                         ジーパンは、夏以外は二度着用してから洗うので

                         忘れないようにハンガーにかけておきます。

                         普段はこれで間に合っています。

                         でも近々もう数枚増えるかもしれません。

                         布屋さんの割引セールが始まるので

                         生地を購入しワンピースを縫う予定なのです。

Sky20191015.jpg

                        さて、夕方4時半を回った頃、外に出ました。

                        もしかしたら愛しのあの子たちが通るかも・・・

                        その思惑です。

                        待つ・・・来ない・・・日も暮れてきたよ?

                        うちでルイちゃん待ってる・・・でももう少しだけ。

                        自問自答しつつ頭の中では

                        ♪偶然をよそおい帰り道で待つわ♪

                        石川ひとみさんの『まちぶせ』が流れっぱなしでした(笑)

Swan20191015a.jpg
Love Swan

                        「コオー」

                        わ・・・三羽来ました。

Swan20191015b.jpg

                        「待ってー」と言ってるみたいしにて(笑)

                        後からもう一羽来ました。

                        良かった、今日もお顔見れました。

          





                            

                           

ご覧いただきありがとうございます                           

2019.10.14

category: Swan

田んぼカフェ・・・港広場

Today...
Love Swan
 
                         
                          午後からの外出

                          走行中の車の中から

                          ちらりと田んぼの方に目をやったら

                          あの子たちの姿が見えました。

                          運転していた夫に頼んで

                          少しの間、田んぼに車を横づけ。

                          逃げられてしまうかなと思ったけれど

                          そのままでいてくれました。

Swan101910142.jpg

                          お水を飲む子。

                          体を休める子。

                          落ち穂を拾う子。

Swan101910144.jpg

                          羽根を広げて

                          ぐいーんとストレッチする子。

                          それぞれの過ごし方です。

Swan101910143.jpg

                          ここは田んぼカフェか?

                          はたまた田んぼ別荘か?

                          そんなことをひとりで想像していたら

                          ひととき楽しい気持ちになれました。

                          列島中がひとつの思いに沈む中

                          あの子たちのお陰で救われた気持ちにもなりました。

                          そう言えば、この子たちの体の一部は

                          ここで育ったお米でできています。

                          そして私も、ここのお米を食べています。

                          おそろい、おそろい。

                          そう間接的にでも、いわば『同じ釜の飯』です。

sekirei.jpg

                          買い物をすませ、戻りの途中で

                          今度は港へ寄ってみました。

                          ちょこんとセキレイちゃん。

                          この子も逃げずにいてくれました。

                          あの大きな嵐の中、こんな小さな体で

                          いったいどこにいたのでしょう。

                          なんだかいろいろ感慨深くて、目にするものすべてに

                          ほろりときゅんとしてしまう一日でした。










本日二度目の更新です。
ご覧いただきありがとうございます

2019.10.14

category: 日々

夜のささやき・・・朝の声

This morning
Mt.Cyokai

                        彼らはどこかで気象を読み

                        気圧の変化を感じ取っていたのでしょうか・・・

                        台風一過の昨夜、月明かりの中、窓の外に

                        続々と渡ってくるあの子たちの姿が見えました。

                        鳴き声がするたびにベッドから飛び起きて

                        何度も窓を開け、確認せずにはいられませんでした。

                        昨夜の写真はありませんが、

                        月明かりに照らされて飛びゆく彼らの姿は

                        神々しく、とても幻想的でした。

                        夜中もふと目を覚ますとあの子たちの声が聞こえ

                        とても癒された時間となりました。

                        そして、一夜明け・・・

Swan20191014a.jpg
Love Swan
                         
                         会えました。

                         Vの字飛行に感激。

Swan20191114b.jpg

                         少し近く。

Swan20191014c.jpg

                         朝焼けの空に。

kamo20191014.jpg

                         この光景も久しぶりです。

                         小さな体でちゃんと渡って来たね。

                         カモたち。

Sizyukaara1014.jpg

                         かわいいシジュウカラさんにも会えて

                         心にうれしい散歩道。

                         そう・・・共に生きよう。

                         言葉は通じなくても、住む世界は違っても

                         共に在ろう・・・共に。















ご覧いただきありがとうございます                        

2019.10.13

category: feel

空からの声・・・宙からのメッセージ

Swan Park1013
Today...
 
                        強い雨音

                        恐ろしい風音の中

                        浅い睡眠を繰り返しながら

                        別の場所に住む子供たちを

                        大切な人たちを、順番に

                        繰り返し繰り返し思い浮かべました。

                        それと同時に、野に生きる鳥たちのことが

                        気がかりで心配でなりませんでした。

                        厳しい自然環境の中、丸腰で生きることを

                        常としている彼らにとっても、

                        昨今の自然環境は度を越しています。

                        今ここで、地球の声に耳を傾け

                        我が身を振り返り、心して暮らしを

                        改めるべきことをしなければ

                        いったいこの星はどうなってしまうのだろうと

                        震えるほどの恐ろしさを感じずにはいられません。

                        上記の写真、カモたちが身を浮かべている場所は

                        いつもであれば水のない場所です。

                        もしかしたら・・・とは思っていましたが

                        こうして目の前にすると、

                        やはり驚きを隠せませんでした。

Swan1003.jpg
Love Swan

                        夕方、待ち合わせ場所にも似た

                        いつもの場所で、あの子たちを待ち続けました。

                        田んぼから戻ってくる子たちに

                        会えるかもしれない・・・そう思ったのです。

                        耳を澄ましました。

                        テレパシーよ届けとばかりに心を集中させました。

                        「コオーコオーコオー」

                        遠くからかすかに鳴き声が聞こえてきました。

                        待ちわびた愛しい声です。

                        夕闇が迫る中、眼を凝らしたその先に

                        三羽のあの子たちの羽ばたきが見えました。

                        会えた・・・泣きたくなりました。

                        その涙にはいろいろな感情が入り混じっていました。

                        恋しさ、愛しさ、うれしさ、安堵、癒し、励み・・・

                        そして、この地球に、この母なる星に、

                        ただただ命を繋ぐために健気に生き続ける

                        彼らの命のかけがえのなさと重みを

                        この度の台風で、さらに深く感じ、

                        考え深くなることをせずにはいられなかったのです。








ご覧いただきありがとうございます                           

2019.10.11

category: 日々

秋色の深呼吸

This morning

                        朝の散歩。

                        呼吸するたびに秋の匂い。

ha1011.jpg

                        いつでも静かに移ろう季節。

                        ずっと当たり前に

                        地球が繰り返してきたこと。

bird.jpg

                        電線に一列小鳥たち。

                        嵐が来るって
                        気をつけるんだよ?

                        でも、私から心配してもらうまでもなく

                        あの子たちは、ずっと野に生きていて、

                        嵐の日も、雨の日も、冷たい夜も

                        どこかで身を寄せ合って

                        耐え忍び、やり過ごし、逞しく生き抜いてきた。

                        すごいな。

                        ただ命を繋ぐために、そのために生きている。

                        自然を守らなくては。大切にしなくては。

river1011b.jpg

                        人間だからできること。

                        できるからと言ってしてはならぬこと。

                        足るを知ること。

                        この自然を眼の前に、今思うこと。

                        秘かな反省も含めて・・・。

Shou.jpg

                        今日の薔薇

                        『シュシュ』

                        日本の女性育種家さんが作られた薔薇です。

                        シュシュの名は、女性のヘアーアクセサリーからだそう。

                        

                        




ご覧いただきありがとうございます

2019.10.10

category: feel

したためる先に見えるもの


                       デジタルの時代だけれど

                       『手紙を書く』というときめきと

                       温かな気持ちをずっと忘れずにいたい
                       
                       そう思います。

                       言葉を綴る時、その文字の向こうに見えるのは

                       宛先であるそのひとだけの姿です。

                       ネット上に、写真や言葉を記す時、

                       その画面の向こうに見えるのは

                       不特定多数の見ず知らずの人たちだけれど。

                       手紙は言葉を綴りながら、相手のひとを想います。

                       そのひとの他は、何ひとつ余計なものは見えません。

                       紙一枚、ペン一本を通して、書いている間は

                       そのひとと私、ふたりだけの世界です。

                       他の誰も別の場所から覗き見ることはできません。

                       それは手紙にしかできないことであり、

                       それが手紙の魅力のひとつだと思います。

                       それに最近は、こんなにかわいく

                       おしゃれな切手がたくさんあります。

                       (また書きたい)と思って幾つか購入したのだけれど

                       あら大変、増税で切手も値上がりしたようです。

                       でも2円切手を足せばきっと大丈夫(笑)

yohan.jpg

                       今日の薔薇。

                       ヨハン・シュトラウス。

                       ヨハンはウイーンの有名な作曲家に

                       ちなんで命名された薔薇だそうです。




 
                      

ご覧いただきありがとうございます                       

2019.10.09

category: Swan

会いたくて数える


                         絵本『みにくいあひるの子』

                         アンデルセン。
       
                         絵はロバート・イングペン

                         文は角野栄子さん。

swanlake.jpg

                         『白鳥の湖』
 
                         絵:ガブリエル・パチェコ

                         『おおはくちょうのそら』

                         手島圭三郎さん。

sobamasu1.jpg

                         インスタグラムのフォロワーさんの所で知った

                         大人のためのカワイイマガジン
                         『ソバカス』

                         『蝶と白鳥』特集。

                         中身は・・・

sobamasu2.jpg

                         期待を裏切らないかわいさでいっぱい。

swanporch1.jpg

                         大好きなひとのコンサートの翌日

                         仙台のアフタヌーンティーで出会い

                         即購入したスワンポーチ。

swanporch2.jpg

                         こちらは地元の雑貨屋さんで。

                         裏にティッシュケース付き。

swanporch3.jpg

                         お守り入れとして使用の小さなポーチ。

                         頭とくちばし部分のビーズが

                         いつの間にか行方不明(笑)

swanohotobook1.jpg

                         昨年撮影した写真で作ったフォトブック。

                         中身は・・・

swanphotoc.jpg

                         はぁ~かわいい(笑)

swanphotod.jpg

                         So beautiful

                         なんで英語?(笑)

swanwoch1.jpg

                          バッグにぶら下げたこちらは・・・

swanwochi2.jpg

                          時計。

                          実用としてというより

                          ただそばにいてくれればうれしい類のもの(笑)

花びら白鳥

                          花びらで描かれたスワン。

                          折り畳み傘。

                          その向こうに『翼仲間』のルイちゃん。

                          実はまだ未使用の傘。

                          これもまた持っているだけでうれしい類だけど

                          そのうち使いたいと思っています。

                          西野カナさんの歌に
 
                          ♪会いたくて会いたくて震える♪

                          というのがあるけれど

                          会いたくて会いたくて数えてみました。

                          白鳥さんグッズを(笑)







ご覧いただきありがとうございます

2019.10.07

category: Swan

例えばあの日の夜にも似て

いつかの冬の日
Love Swan

                         
                      昨日の朝聞こえたあの子たちの鳴き声。

                      でも今日は聞こえない。

                      今日の到着組はいないのかも・・・

                      そう寂しく思っていたけれど、

                      日暮れを迎え、ニュースが伝えてきたのは

                      『白鳥飛来第一陣百羽ほど確認
                      第一陣でこれだけの数は観察以来初めてのこと』

                      そのこと。

                      画面に映し出される白の翼。

                      (来てたんだ)とたんにうれしくなる。

                      いつもの日課、夜の庭を見に外へ出たら

                      もの静かに浮かぶ月と目が合った。

                      (あの子たちがいる。この空の下に確かに。)

                      この気持ち・・・そう、この気持ち

                      どこかしらあの日の夜の気持ちにも似ている気がする

                      不意にそう思う。

                      大好きなひとのコンサートの夜。

                      その日のコンサートはもう終わったのだけど

                      今夜は同じ空の下にいることのできる幸せ。

                      同じ光量の月明かりを浴びているであろうときめき。

                      同じ夜空の下眠りにつける満ち足りた気持ち。

                      そう少し、何だか似ている。








ご覧いただきありがとうございます

2019.10.06

category: 日々

7ヶ月ぶりのモーニングコールとアスリート(?)な午後

1006breakfast
This morning
                           
                      2度寝の企み、うとうとしかけた耳に不意に届いたのは

                      7ヶ月ぶりのモーニングコール。

                      飛び起きて窓に駆け寄れば、

                      すぐ眼の前の空に羽ばたく優雅で力強い真白な翼。

                      会いたくて待ちわびたあの子たち・・・

                      白鳥の姿。

                      危険の伴うであろう長い旅路を

                      厭うことなく、ただ本能に従うままに

                      動かし続けた逞しく美しいその翼。

                      本当によくぞ無事で・・・

                      何度目にしてもこのシーンは

                      感激、感動以外のなにものでもなく。

                      いつもの定番の朝ごはんも

                      今日はいつもの倍以上おいしくて。

                      ただ、クロワッサン3個は食べません。

                      まだ起きてこない夫の分も入っています(笑) 

koto1006.jpg
Photo husband 
 
                       午後からは、今年二度目の羽黒山へ。

haguro1006a.jpg
 
                        心洗う清流。

haguro1006b.jpg
 
                         見上げる2446段。

                         今日は、あの真白な翼に

                         力をもらって一歩一歩

                         また一歩。

haguro1006c.jpg

                         なんとか今日も無事に到着

                         達成感。

                         (いつもお見守りいただきありがとうございます)

                         お礼をお伝えして、お参りして

haguro1006e.jpg
 
                         妖精さんの座っていそうな

                         切り株に心和んで

                         後にすれば・・・

Swam1006.jpg

                         わ・・・いた。

                         平野レストランでお食事中のあの子たち。

                         これから来年の春までよろしくね。

                         どうかどうかあの子たちが

                         この地で穏やかに過ごせますように。

                                                   

                           

                                                

                        

                           

ご覧いただきありがとうございます                           

2019.10.05

category: 日々

雨の最中(さなか)と雨上がり

Today's Rui

                         昨日の午後は雨の午後。

                         雨音聞きながら月に一度届くお便り読んで

                         時間の流れと共に強くなる雨に

                         不安な気持ちになりながら、

                         それでも眠って起きたなら

                         雨は止んでいて、どんより秋の曇り空。

ichigo.jpg
ビオラ
*いちごとチョコのムース*

                         
                         強めの風も吹いたけれど

                         花たちは全員無事でした。

waiya.jpg
*ワイヤープランツ*
                         
                         でもグリーンなこの子は

                         いつも雨の当たらぬ特等席に

                         ちんまり鎮座しているので

                         他のお花たちのサバイバル(?)を

                         たいてい高みの見物しています(笑)

Rui1005b.jpg

                         ルイちゃんは羽繕い。

Rui1005c.jpg

                         艶々の羽毛は

                         日々のお手入れの賜物です。

Rui1005d.jpg

                         今度はカメラに目線。

                         ところで、私、

                         写真を撮り続けて何年になるだろう・・・

                         ふとそんなことを思いました。

                         10年には届くかな・・・。

                         もちろん、無論、私は写真家ではないけれど

                         何気なく、さりげなく、勉強(研究)して

                         これからも私らしい写真を撮ってゆけたら・・・

                         そう思う。

                         それが何のためになるのか、そんな心苦しくなる

                         難しいことは、この際、一切考えずに置いておこう。

Rui1005e.jpg

                         ルイちゃん、くるり。

                         セキセイさんは尾っぽがシュッと長いのです。

                         なんてスタイリッシュ(笑)













ご覧いただきありがとうございます                         

2019.10.04

category: ルイ

未知の雫

Today's Rui


                         窓の向こう側の世界から音がする。

                         今日は何やら音がする。

                         しとしとがぽつぽつに変わって

                         今はザーザーって音がする。

                         この音の正体は

                         どうやら『雨』というらしい。

                         僕の飲んでいるお水と同じなんだって。

                         だったらきっと雨も冷たいんだね。

Rui1004.jpg
 
                         僕がこの生涯において

                         たぶん一度も触れることのない雨

                         知らない知らない雨の雫。

                         でも薔薇の葉っぱが 

                         雨といっしょにふるふるっと震えて

                         僕に音楽を聞かせてくれたよ。  










ご覧いただきありがとうございます                      

2019.10.03

category: 日々

思わずうふふ・・・

This morning


                     いつものように何の気になしに

                     洗濯物干して、ふと見たら

                     昨日私の着ていた

                     ローラアシュレイの生地で作った黄色の花柄シャツと

                     昨夜使ったバスタオルの中の

                     大好きなひとのジャケットの色が

                     わ・・・同じ色。

                     思いがけないリンクコーデ(?)に

                     思わずうふふ・・・小さな幸せ。

syatu1003b.jpg

                     チラ・・・。









ご覧いただきありがとうございます

2019.10.01

category: 琴庭

庭のデザート

Today...
                     
                     真夏の間は寂しかった苗屋さんの店先も

                     10月の声が聞こえてくるようになってから

                     少しずつかわいいビオラが並び始めるようになりました。

                     ビオラは秋から来春まで咲き続けてくれる

                     持久力のある頼もしいお花です。

                     でもこの場所の雪の降り積もる寒い冬を思うと

                     うまく冬越しさせてあげられるか心配で、

                     春になってから改めて迎えようかとも思うのだけれど

                     このお顔を見ると、やはり連れ帰らずにはいられなくて。

                     ビオラは名付けも心憎いのです(笑)

                     こちらは『いちごとチョコのムース』

                     一株で二色の花色が魅力的です。

Viora1001b.jpg

                     まだよくお顔が見えないけれど

                     こちらは『シフォンケーキのベリー添え』

                     どちらもカフェランチでのデザートのような

                     おいしそうな名前が付けられていて

                     心楽しくなります。

                     おしゃれな鉢はなんと半額でした。

                     ラッキー(笑)

                     ここからはたくさんのビオラとの出会いのシーズン

                     楽しみでもあり、恐怖でもあります(笑)

                        









ご覧のいただきありがとうございます                        
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.