FC2ブログ

2019.07.31

category: feel

空から降る旋律

Sky
17時半を回った頃。
 

                       
                       いつもの、

                       見慣れた窓から見上げた

                       空・・・そら・・・ソラ。

                       なんの変哲もない極めて普通の

                       空とそら。

                       でも、それなのに

                       心が震えてしかたないのは

                       これが、今日の、今の、

                       空だから。






ご覧いただきありがとうございます

2019.07.30

category: feel

繋ぐ翼・・・紡ぎゆく想い

Love Swan


                       もしも、
 
                       私に、

                       翼があったなら・・・

SWAN20190730b.jpg

                      追いかけてゆきたい。

                      そう思った

SWAN20190730e.jpg

                     あの日も

                     あの日も・・・

SWAN20190730f.jpg

                    そして

                    この日も。

SWAN20190730d.jpg
肩を並べて・・・
Love Swan

                   でも、例えば、

                   願うその場所に

                   その時には、居れないにしても、

SWAN20190730c.jpg
真白に輝く・・・
Love Swan

                   心は常にそこにいて

                   共に在るのだと

                   願った日

                   祈った日

                   そして、信じた日。










ご覧いただきありがとうございます

2019.07.29

category: ルイ

心の距離感


                     チュルチュル チュル・・・

                     花たちの様子を見に庭に出たら、

                     部屋の中からルイちゃんの声が聞こえました。

                     それはまるで、ささやくようなやさしいひとりごとです。

                     (ルイちゃんがそこにいる)

                     瞬間的にそう思い、とたんに幸せな気持ちに包まれました。

                     ついさっきまで一緒の部屋にいたのだし、

                     ルイがその部屋にいるのは当たり前のことのはずなのに。

                     でも、そういうことって、ままあります。

                     遠くにいるからこそ感度が上がって、

                     例えば、その存在を感じに、心が自ら

                     それを取りに行くみたいに。

                     おそらくそれは、無意識のままに。

                     (心と心の距離は、物理的な物差しなど
                     到底通用するはずがない・・・そのわけがない)

                     私が、それを感じるのは、こんな瞬間の時です。

                       




ご覧いただきありがとうございます                       

2019.07.28

category: お出かけ

和みの中の洗練


                    田んぼの緑、その向こうに見える山々

                    それに加え、今日はこの青い空と白い雲。

                    目に美しく、心解放され、癒される

                    そんな恵まれたロケーションの中に佇むホテル。

                    『鶴岡市SHONAI HOTEL SUIDEN TERRASSE』

                    今日はその場所へ、ランチをお目当てにプチトリップ。

                    今日で二度目の訪問です。

                    この場所、自然に包まれたロケーションとは逆に

                    建物の中は、シンプルでとても洗練されています。

suidenterasu0728b.jpg

                    誰でも、好きなだけ本を読めるライブラリもあって、

                    けっこうマニアック・・・

                    いえ、いえ、とても魅力的なラインナップです。

                    ご近所なら、私など通って読破したいくらい(笑)

suidenterasu0728c.jpg

                    居心地良くて、快適な気温で、醸し出す気配は静かだし

                    ここ、やっぱり好きだなぁ・・・。

                    ランチもお手頃価格で、とてもおいしいです。

                      

                      

                      

                      

                      

ご覧いただきありがとうございます                      

2019.07.27

category: 本のこと

大すきをアップデート


                      江國香織著『冷静と情熱のあいだ』

                      私の中では既に殿堂入りしている大好きな本です。

                      この先、どの本を手放したとしても、

                      この本だけは一生そばにおくであろう

                      それほどまでに大切な物語です。

                      読み込んで、ハードも文庫も、

                      すでにカバーは外れてしまいました。

                      (もしもこの本がバラバラになってしまったらどうしよう・・・
                       予備にもう一冊買って置くべきでは・・・?)

                      時々そんなことが頭をよぎります。
                      (どんだけ好きなの?・・・笑)

                      そんな『冷静・・・』にまつわる想いは、

                      こちらにひとまず置き、今日はもう読まない本を

                      引き取ってもらいにオフのお店へ行きました。

                      そうしたら・・・

reiseito0727a.jpg

                      ありました。

                      もちろんカバー付き、ぴかぴかの

                      『冷静と情熱のあいだ』です。

                      しかも、申し訳ないほどの優しいお値段でした。

                      でも良かった・・・これで保険ができました。

                      もちろん古い友のような先の二冊も絶対手放しません。

                      どのページも好きなのだけれど、

                      いちばん心に染み込んでいる一節を・・・

                             ♪  ♪  ♪

                      『阿形順正は、私のすべてだった。
                      あの瞳も、あの声も、ふいに孤独の陰がさすあの笑顔も。
                      もしもどこかで順正が死んだら、
                      私にはきっとそれがわかると思う。
                      どんなに遠く離れていても。
                      二度と会うことはなくても。』
                                     江國香織著『冷静と情熱のあいだ』より。


                   

                        

                       

ご覧いただきありがとうございます                        

2019.07.26

category: 日々

星空と繋がる

My Roses
2019June

                       この家に越してきて、もう20数年にもなりますが

                       寝室には未だにエアコンがついていません。

                       夏のうち、寝つけないほどの暑い夜は数日しかなく

                       ありがたいことに、夜になる頃には

                       東向きの窓、南向きの窓から、それぞれ

                       ほどよく冷まされた自然の風が、さらさらと入ってくるのです。

                       それでも何となく暑い時は、電気を落とし

                       真っ暗にして、カーテンを開け放ちます。

                       昨夜もそんな日でした。

                       ふと、レースカーテンの向こう側を見上げたら

                       星空が薄く目に入りました。

                       普段、宇宙を意識することはあまりないけれど

                       昨夜はなぜか、果てなき尊い宇宙、

                       夜通し輝き続ける星たちに、この夜を

                       見守られているような気持ちになりました。

                       (不穏な日もあろう、だが夜はすべて
                        いったんそばに放り、安心してお眠り)

                       そんな星の声を聞いたような気がして気を良くし、

                       安らぐような気持ちで眠ったら、大好きなひとの夢を見ました。

                       きっと、宇宙からの贈り物に違いない・・・

                       目覚めたこの朝、私は秘かにそう思ったのでした。

                           







ご覧いただきありがとうございます                           

2019.07.25

category: feel

余韻の余白

My Rose
*旋律*

                    『一度出会ったら、人は人をうしなわない。
                    たとえばあのひとと一緒にいることはできなくても
                    あのひとがここにいたらと想像することはできる。
                    あのひとがいたら何と言うか、
                    あのひとがいたらどうするか。
                    それだけで私はずいぶんたすけられてきた。
                    それだけで私は勇気がわいて、
                    ひとりでそれをすることができた。』

                                    江國香織著『神様のボート』より。


                             ♪  ♪  ♪

                        
                     (本当にそのとおりだわ。ほんとに。)

                     そのページを開いたまま、

                     私は、胸の中、何度も何度も繰り返す。

                     (一度出会ったら・・・出会ったらうしなわない)・・・のだ。

                     でも、やっぱり、どうしても、

                     また会いたいと願ってしまう。

                     (だって、まだこんなにあるのだもの・・・)

                     いつの間にか胸の中で作り上げた、

                     余韻の宇宙の中で

                     私は、ゆらゆらひらひらと手を動かす。

                        

                        


 ご覧いただきありがとうございます                        

2019.07.24

category: 琴庭

姉妹の約束

Aoi Iori0724
This morning's my Roses
 
                         あおいといおりの姉妹薔薇が

                         仲良く満開の時を迎えています。

                         春の一番花は

                         寒の戻りがきつかったせいもあったのか

                         なかなかうまく咲くことができず、

                         ふたり(?)の足並みも揃いませんでした。

                         それで、ここにきてのこの二番花です。

                         薔薇が苦手とされている

                         この蒸し暑さの中、実に見事です。

Aoi0724.jpg
Aoi
                         もしかしたら

                         (二回目は、ふたりいっしょに咲くのよ?)

                         ひそかに約束していたのでしょうか。

Iori0724.jpg
Iori
                        それとも、以心伝心・・・

                        あえて約束などせずとも、

                        どちらも『その時』を解っていたのでしょうか。

                        美しさや、可憐さだけではない、

                        その『心意気』をも、魅せてもらったような気がしています。










ご覧いただきありがとうございます

2019.07.23

category: feel

躍動する命

Today's Rui


                      この小さな部屋

                      小さな世界で、人に守られながら生きる君も

Swan20190723.jpg

                      厳しい大自然

                      戦いながら、野に生きる君も、

                      それぞれの役割

                      それぞれの生き方

                      どちらも大切。

                      そして、どちらも愛おしく。

Swan20190723b.jpg

                      それにしても、毎回のことながら、

                      このカメラワークの素晴らしさときたら・・・

                      躍動感にあふれた生きものたちの生命のきらめきが

                      まるで、今まさに眼の前で

                      繰り広げられているがごとく伝わってきます。

                      動物たちに気づかれないように

                      無人カメラをしかけたりしている舞台裏のシーンは

                      以前に観たことがありますが、

                      それにしても・・・です。

                      とにもかくにも素晴らし過ぎます。

Ruiswan20190723.jpg

                      ルイちゃんと白鳥さん

                      画面越しのシンクロポーズ(?)

                      それにしても、イケズなルイちゃんです。

                      こちらは録画していたもので、

                      ルイちゃんを白鳥さんのシーンと撮りたくて

                      何度も巻き戻して撮りました。
 
                      そんな私の都合がわかってか、それとも偶然か

                      シャッター押す瞬間、はける、はける(笑)

                      やっとこさ撮ったチーム鳥です(笑)

Rui20190723b.jpg

                      おまけ・・・今朝のルイさま。

                      まだ朝ご飯の途中なのに(出せ出せアピール)されました。

                      あまりにも必死のていなので

                      コーヒーの途中でしたが、出して差し上げました。

                      翼ある鳥ですもの、そりゃあ羽ばたきたいですよね

                      わかるわ・・・わかりますとも。

                      でも、ご飯中はなるべく遠慮してほしいなぁ・・・笑。



                                           番組
                                       NHK『ワイルドライフ』
                                       *森の国ドイツの大自然
                                       生きものたちの四季*
                                                              





ご覧いただきありがとうございます                                                

2019.07.22

category: 日々

マダムのお返り・・・おとめのこころ

My Rose
*マダム アルフレッド・キャリエール*

            
                         
                         土曜日くらいから

                         (もうすぐ咲きそうだなあ)

                         と思いつつ見ていましたが

                         今朝起きてみたら、もう咲いていました。

                         もう少し後では?と思っていたので

                         ちょっとびっくりしてしまいました。

madamu0722b.jpg

                         マダム アルフレッド・キャリエール。

                         春に一度咲いてからの7月

                         夏の返り咲きです。

                         1879年、作出国はフランス。

                         ツル薔薇です。

madamu0722c.jpg

                         マダムの魅力のひとつは

                         なんと言ってもこの色。

                         このピンク色のニュアンスたるや・・・

                         とてもスイートです。

                         でも、このやさしいお顔に似ず、たくましく、

                         ぐんぐん、ぐんぐん枝葉を伸ばすので

                         (これからどうしよう・・・)

                         と、内心、多少、うろたえております(笑)

                         さて・・・

otome0722a.jpg

                         先日の記事の『乙女ごころ』は

                         思いがけない場所で、

                         そのリンクを見せてくれました。

                         娘お婿のご実家からお中元を頂いたので

                         そのお返しの品を見に

                         地元の観光名所に行ったら

                         お土産やさんの棚に『おとめのこころ』が並んでいました。

                         これはもちろん買わないわけにはいきません。

おとめのこころ

                         やっぱりね・・・

                         おとめのこころは、ハートの形をしていました。

                         ハートの心は、いつまでも、幾つになっても

                         素知らぬ顔して、隠し持っていたいものです。








ご覧いただきありがとうございます

2019.07.20

category: 日々

乙女(?)なときめき

撮影日:2019/07/20

                       
                     バイパスの気温計は26度を表示していました。

                     でも、何しろ湿度が高いので、

                     体感温度はそれ以上です。

                     そんな蒸されるような暑さの中でも、

                     ファインダー越しに見える

                     お花やグリーンの世界は、清々しく爽やかでした。

                     (やっぱりカメラが好き。写真は楽しい)

                     そう思った今日の日の午後

gleen0720a.jpg

                     ひととき、カメラと植物と遊んでもらった後

                     本を返しに、本を借りに、図書館へ行きました。

                     「お願いします」

                     いつものようにカウンターへ本を置きました。

                     「予約の本も届いてますね?」

                     司書の男性が言うので

                     「はい、そうです」

                     置いた本から目を離し、目線を僅かに上げたら

                     その方のネームプレートが目に飛び込んできました。

                              『小田』

                     きゃ・・・きゅん。

                     思わず、瞬間的にときめいてしまいました。

                     (はい?その方はあの小田さんではありませんよ?)
                     (乙女か!単純か!)

                     心の中で、ひとりツッコミです。

                     でも、でも、こんな小さなことで『ときめける』なんて

                     私の中の『乙女』もまだ健在だわ。

                     そう確信したのもまた事実です(笑)







ご覧いただきありがとうございます                        

2019.07.20

category: 日々

梅子と梅美の日常


                        梅子さんと梅美さんは

                        氷砂糖の海にぷかぷか浮かんで

                        静かに、静かに待っています。

                        いつの日か、氷砂糖の海と

                        ひとつに溶け合うその時を

                        こうして、ただ静かに待っているのです。

                                   

                        なんて・・・

                        道の駅で出会った梅です。

                        スーパーよりも驚くほど優しいお値段を付けられて

                        青いの、オレンジの、小さいの、大きいの、

                        所狭しと並べられていました。

                        見過ごすことができず、これで

                        梅シロップを作ろうと思いました。

                        もう何年ぶりでしょう。

                        スーパーに寄って氷砂糖を求めました。

                        それは、梅ちゃんたちよりもお高くて

                        ちょっと苦笑いしてしまいました。

                        うまくできるかな・・・?できたらいいな。

                        私はお酒が飲めないので

                        炭酸水で割って、梅ソーダにして飲みたいと思っています。

                        楽しみ、楽しみ。









ご覧いただきありがとうございます

2019.07.19

category: feel

静かに香る・・・

Rose
*旋律*
雨降りなので
カットして部屋の中へ。
                          
                      
    
                      香りは、物理的なもののみ持つものではなく、
                     
                      気配にも心にもあるもの・・・

                      そう思っています。

                      何もない場所で、突然、不意に、香った気がし、

                      その香りに思わず振り向いてしまうのは、

                      その気配の成せる技でしょう。

                      年齢は重なっていっても、願わくば

                      良い匂いのするひとでありたい・・・と思います。

                      もちろん、香水とか、使っている石鹸とか、

                      そういった物理的なものという意味ではなくて。

                      寝室にくゆらせるのは、アロマオイルのラベンダーです。

                      以前は、リビングでも使っていましたが

                      インコのルイちゃんには、毒になるのだそうで

                      以来、寝室のみで使っています。

                      ラベンダーの香りは、空間を浄化してくれます。

                      一日の終わりに、そのラベンダーの残り香に

                      包まれて眠る・・・とても安らかです。


 
                                             Now,listening to...
                                              *Yes-No*
                                               小田和正san                          

                          




                          

ご覧いただきありがとうございます                          

2019.07.18

category: feel

美しい余韻

This morning's my Rose
*旋律*

                       私の行先きは、家族しか知らない

                       ほんの二週間前のあの日の。
 
                       もはや、思い出綴り、

                       記録の置き場所と化としている写真の世界の

                       あの場所にも記さなかったのは、

                       ほんとうに大切なことは、この心の中に、密やかに

                       閉じ込めておくべきなのかもしれない・・・

                       そう思ったからだ。

                       口をつぐむ程に深まるもの・・・

                       余韻の色合いが濃くなるもの・・・

                       深める。

                       熟成させる。

                       育む。

                       繋げる・・・次へと・・・

                       繋がること・・・信じる・・・

                       それは・・・

                       静かに自分の中で。

senritu0718b.jpg

                       Dear...

                       美しく、優しいメロディーを

                       今日は、ここで、

                       この心で、

                       聴いています。


                                           Now,listening to..
                                             *MELODY*
                                            *オフコース*
                                               



ご覧いただきありがとうございます                          

2019.07.17

category: 日々

気になる木になる実

Blue berry

                      (お花も良いけれど、
                      何か実のなるものが欲しい)

                      そう思っているものに、ブルーベリーがあります。

                      でも、なかなか連れ帰ることができずにいます。

                      (いったいどこに置くんだ?)
                      (これからもじわじわと薔薇は増えるだろうし)

                      と、自問自答の日々です。

                      先日行った、仙台のガーデンショップでも

                      いろいろな種類のブルーベリーが置いてありました。

                      しかも、時は、割引セール!!

                      それでも、やはり連れ帰ることができませんでした。

                      (だからぁ どこ置くのよ?)心の声です。

                      薔薇に至っては

                      (場所なんて、何とかなるさ~)と思うのに(笑)

                      その夜、夢を見ました。

                      なんと腕から、ブルーベリーが生える夢です。

                      腕にブルーベリーが、びっちりとなっているのです。

                      それは、恐怖以外のなにものでもありませんでした(笑)

                      私はいったい、どれだけブルーベリーが欲しいのでしょう(笑)

Blue berryb

                       写真のブルーベリーは

                       地元農家さんが栽培されたもので

                       近所のスーパーで買いました。

                       ほら・・・

                       ブルーベリーは見た目もかわいいのです。

                       いつかは、きっとブルーベリー・・・

                       小さな庭の薔薇の隙間にはブルーベリーがいる

                       そんな気がしています。

                         
 






ご覧いただきありがとうございます                        

2019.07.16

category: feel

歌の中、写真の中、或いは物語の中

Photo husband

                      ♪人の姿を借りて
                       来たのよ Big Big Town♪

                              ♪ ♪ ♪

                      夫が先日撮ってくれた

                      この海岸シリーズの写真を見ていて

                      ふと浮かんだ、中山美穂さんの歌の一節。

                      それと同時にアンデルセンの物語

                      『人魚姫』も思い出しました。

                      恋した王子に逢いたくて足と引き換えに

                      自らの声を魔女に差し出した人魚の物語。

                      もしも、写真の中の海が、空が

                      明るい色をしていたなら、もしかしたら、人魚姫に

                      想いを馳せることはなかったかもしれません。

                      もしも、私が、彼女の立場ならどうしただろう・・・

                      その恋は叶わず、最後は泡となって消えゆくのに・・・。
  
                                            ♪~♪Song
                                             中山美穂
                                       *人魚姫~Mermaid~*

senritu0716.jpg
                      
                       さて、

                       先日、この場所に記した薔薇

                       『旋律』です。

                       少し花びらの縁が傷んでいますが

                       かわいく咲いてくれました。

                       名前の由来は

                       『花の表情がまるでメロディー(旋律)を
                       奏でるようにリズミカルに重なり咲くところから命名』 
  
                       だそう。

                       *名は体を表す*

                       そのとおり、とても素敵な和薔薇です。
                                                                  
                         




ご覧いただきありがとうございます

2019.07.15

category: 日々

海とワンピース

Photo by husband

                         
                      海と遊ぶ夏。

                      もう水着を着て泳ぐ勇気はないので(笑)

                      私は、海風が心地よく裾揺らすワンピースで。

umineko20190714.jpg

                      この曇り空は、昨日のもので、

Sea20190714.jpg

                      今日は『海の日』にふさわしく

                      空は水色、晴れています。

                      どなたさまも短い夏を

                      思う存分楽しまれますよう。

                      幸せな思い出に彩られた

                      令和最初の夏になりますように。







                         
ご覧いただきありがとうございます                       

2019.07.14

category: feel

やがてその旋律に包まれる

Dear my littie bird
*Rui*


                   『・・・前略・・・旅にでるためにはどうしても
                   いったん家を``捨てる、、必要がある。
                   ひき返すものかと、と自分で自分を鼓舞するとき
                   子供のころに見た絵本のなかの、つめたそうな青い空と
                   丘の下方の町のあかりが私のなかに蘇り
                   失うものを持っていなかったあのころの
                   不穏な身軽さと野蛮な勇気も蘇る』
   
                                    江國香織著*旅ドロップ*
                                     『①心が強くなる歌』より。

                   
                   この一文を読んだ瞬間、私は激しく同意してしまった。

                   旅に出る時、私も少なからず、こんな気持ちになるからだ。

                   私の旅は、長い時で三日、最も少なくて

                   朝出かけて、夕方には帰るというものだけれども。

                   これから出かけるという心弾みの一方で、

                   ルイの顔を見ながら、花たちに水をやりながら

                   私は、切ないような、いっそ泣き出してしまいたいような

                   なんとも複雑な、心許ない気持ちになる。

                   (置いてゆくのに、まるで置いていかれるみたいだわ)

                   そうも思って。

                   止まり木に掴まって私の顔をじっと見るルイの

                   黒々としたつぶらな瞳。

                   その瞳を、私は、高速バスの中で、

                   夫が運転する車の中で、

                   繰り返し、繰り返し、思い出すことになる。

                   そんな私の気持ちを知る由も無く、

                   バスは、車は、目的地へとひた走る。

                   それでも、住まう街から、一歩、また一歩遠ざかる毎に

                   私の覚悟じみた気持ちも、少しずつ固まってゆく。

                   もし、今、ルイに、或いは、薔薇たちに

                   何か事が起こったとしても、手出しのできない、

                   簡単には引き返せない場所まで、私は来てしまったのだ。

                   ひととき、心の片隅に追いやって、

                   今の私は、今、この瞬間を楽しもう。

                   こうして旅は、いつも、大切なものを際立たせてくれる。

                   いつもそばに在るものの。

                   そして、遠くに在ってもなお、大切なものの。

senritu20714.jpg

                   さて、こちらが昨日仙台のガーデンショップより

                   連れ帰った薔薇、手前の蕾が『旋律』です。

                   ひとつ咲いていたのですが、傷みが激しくてカットしてしまいました。

                   どうせなら綺麗な咲き姿を撮ってあげたくて。

                   かわいく咲いてきたら、またこちらに記したいと思います。









ご覧いただきありがとうございます                   

2019.07.13

category: お出かけ

庭呼ぶドライブ

Location:Garden Garden
仙台市愛子
             
                     ♪こんな夜は涙見せずに
                      また会えると言ってほしい♪

                     行きの車で聴いていたラジオ番組が

                     『サザン特集』をやっていました。

                     私は思わず、原由子さんの綺麗でかわいい

                     コーラスの歌声にうっとり聴き惚れてしまいました。

                     桑田さんではなくて。

                     桑田さん ごめんなさい・・・笑。

                     そんな感じで、二週続けて行った仙台です。

                     なんて幸せ。

                     仙台大好き。

                     おまけに今日は、運転手つきです(夫)

                     ありがとう。

                     大型のガーデンショップ

                     『Garden Garden』に連れて行ってもらったのでした。

                     お陰でネットでしか買えないと思っていた薔薇に出会えました。

                     確かにネットショッピングは便利ですが

                     生きているものは、それが植物であれ

                     やはりこの目で確かめて迎えるのが幸せです。

                     ずっと恋い焦がれていた薔薇でした(大げさです・・・笑)

                     その名も『旋律』

                     日暮れ近くに戻ったので、今日は写真が撮れませんでした。

                     どうかすくすく育ってくれますように。



                                         ♪~♪Song
                                        *真夏の果実*
                                       サザンオールスターズ





ご覧いただきありがとうございます                       

2019.07.12

category: feel

文体のこと

This morning's Rose
*ザ・ミル・オン・ザ・フロス*

                      いつの頃からだったでしょう・・・

                      このブログは、コメント欄も閉めっぱなしだし

                      半ば私の『ひとり語り』のようなものだから、

                      文体は

                      『だ である』の常体でいこうと思いました。

                      事実今も、時々は、そうしているし。

                      でも、『です ます』の敬体で言葉を綴ると

                      まるで誰かに手紙を書いているような気持ちになります。

                      手紙・・・なんてやさしく、温もりのある響きだろう・・・

                      そう思ったのは、しばらくの間手紙から遠ざかっていたのに

                      また手紙に近づき始めたその日からのことです。

                      これからも自分の気持ちに寄り添って、

                      その時々で、自由に綴ってゆきたいと思います。

                      さて・・・昨日記した江國香織さんの新刊ですが

                      思ったとおり、裏切ることなくおもしろい。

                      最高です。

                      読み終えたくない。

                      でも、先に進みたい。

                      ふたつの気持ちの間で揺れながら読むのもいつものことです(笑)

                         

   



                      

 ご覧いただきありがとうございます                        

2019.07.11

category: 本のこと

私の中に眠れし力


                       「あなたがひとり旅できるなんて」とか

                       「本当にひとりで?大丈夫なの?」とか

                       ともだちが、ママ友が、従姉妹が

                       私のことをそう言う。

                       (わたしはいったいどんなイメージなんだ?)

                       貰った言葉に、心の中秘かにそう呟きながら

                       「全然大丈夫だよ」と笑いながらそう返す。

                       まあね・・・?そんな言葉を返しながらも

                       実は私も私をそう思う。

                       「あなたがひとり旅できるなんてね?
                       でも、やればできるのね?」と。

                       いや、でも、決して無理して

                       そうしているわけでもなくて・・・。

                       これはきっと想いの力?

                       もしくは、恋の力ではないの?

                       たぶんね・・・いえ、きっとだわ。

                       そんなことを、思い、想い返しながら

                       今日届いた大、大好きな江國香織さんの新刊

                       『旅ドロップ』

                       これから読むのが、とても楽しみ、楽しみ。









ご覧いただきありがとうございます            

2019.07.10

category: 琴庭

ぴょん子の避暑地・・・薔薇のベッド

This morning's my garden

                         おはようございます。

                         そちらでおくつろぎでしたか?

                         その薔薇はストロベリーアイスです。

                         薔薇をベッドにお選びになるとは

                         お客さまは相当お目が高いですね。

kaeru20190710b.jpg

                         今日も日差しが照りつけそうです。

                         どうぞそちらで、日暮れまで

                         ごゆっくりお休みくださいね。

tonbo.jpg

                         とんぼさんはこちらにいらっしゃいましたか。

                         そちらの薔薇はイブピアッチェと申します。

                         とても良い香りがするのですよ。

gaura20190710.jpg

                        蝶のようなガウラが

                        風に可憐にふわふわ揺れて。

カーネーションマクロ

                        娘から贈ってもらったカーネーションが

                        かわいく咲いて。

                        (地球のために何かを・・・)

                        そう思っても、私には

                        大きなことはできやしない。

                        でも、こんなふうに、使う薬を最小限にして

                        小さな小さな生態系を守ることなら

                        私にもできる・・・

                        そんなことを思った朝。









ご覧いただきありがとうございます

2019.07.09

category: feel

その気配に触れる手

2019June
*ジュビリー セレブレーション*
From my garden

                         きゅん・・・

                         きゅん・・・

                         きゅん。

                         その気配は、不意に

                         この胸に届きます。

                         その度に私は、祈り、願ってしまうのです。

                         これがすべて私の気のせい、

                         或いは、思い違いではありませんように・・・と。









ご覧いただきありがとうございます

2019.07.09

category: 琴庭

フラワージュエリー

This morning's my garden

                        先日よりさらに色づいた紫陽花

                        *ウエディングブーケ*

                        綺麗。

Azisai20190709b.jpg

                       かわいい。

                       見惚れて

                       そして、癒されて。

                       そんな花たちは・・・

Azisai20190709c.jpg

                       私の中で輝く

                       どんな宝石よりも高価な

                       フラワージュエリー。







ご覧いただきありがとうございます

2019.07.08

category: feel

和空に浮かぶ月


                        待宵月(まちよいづき)

                        立待月(たちまちづき)

                        居待月(いまちづき)

                        寝待月(ねまちづき)

                        更待月(ふけまちづき)

                        月には、和名があります。

                        上に記した他にも

                        素敵な和名が幾つかありますが

                        『待つ』月を集めてみました。

                        こうして見ると『待つ』ということが

                        とても奥ゆかしく淑やかなイメージに思えてきます。

                        そんな私の頭上、東の空に浮かんだこの月は

                        本日午後1時半を、ほんの少し回った頃。








月が綺麗で撮らずにいられなくて
本日二度目の記事になりました。
ご覧いただきありがとうございます

2019.07.08

category: Swan

リアル天の川

Love Swan

                       「やっと逢えたね?」と

                       彦星スワン。

river20190708.jpg

                       そんな彼の眼の前に横たわる川

                       向こう岸、その目線の先には・・・

Swan20190708b.jpg

                      しとやかに佇む織姫スワン。

                      「あら貴方?いったい何を言ってるの?
                      やっと逢えたね?ですって?
                      昨日もその前の日もずっといっしょにいたじゃないの」
                        
swan20190708c.jpg
 
                      ちゃぽん。。。

swan20190708d.jpg
 
                     すいすい泳いですんなり渡って
                       
                     織姫スワン あっという間に
                      
                     彦星スワンの元へご到着。 

                     「まったく君にはロマンがないなあ
                     僕の七夕ごっこに付き合ってくれても
                     いいじゃないか」 

                       

                         

                      ・・・・・・なんて七夕余韻を引きずりつつの

                     私の脳内劇場でした(笑)   

                     Thanks Swan

swan20190708e.jpg
 
                     おまけ。。。

                     織姫スワン、頭隠しておちり隠さず(笑)               


                                    Location:鶴岡市









ご覧いただきありがとうございます

2019.07.07

category: feel

心に潤む天の川

Location:鶴岡市 荘内神社
撮影日:2019/07/06

                            
                           風と揺れる想い

Azisai20190706b.jpg

                           水に揺らめく想い

azisai20190706a.jpg

                           あの日から積み重ねた

                           一年分のこの想い・・・

                           そしてまた、ここから積み重ねる

                           一年分のこの想い。

                           今宵、愛しいあのひとに

                           どうか、どうか逢えますよう・・・

                           笹の葉が、さらりと揺れて・・・天の川。





ご覧いただきありがとうございます

2019.07.05

category: お出かけ

お礼巡り

仙台城跡
伊達政宗騎馬像
撮影日:2019/07/05


                        殿

                        お久しぶりでございます。

                        この度も、こちらに

                        こうして参ることができたこと

                        とても嬉しく存じます。

zuihouden20190705.jpg

                      この体の奥深くにある魂は、この世に於いて

                      果たすべき約束、或いは、使命がある限り

                      幾度も幾度も繰り返すものであると

                      私は信じておりますが、

                      今ここ、この今現在の意識のうちにある人生は

                      やはり一度きり・・・

                      悔い無きように、精一杯生きたいと

                      昨日から、そして今日と、心も新たに思いました。

zuihouaazisai.jpg

                      神々しい気配の中で咲く紫陽花が

                      美しく、静謐で、そして清らかで

                      真に浄化された心持ちになりました。

                      ですが、その一方で

                      欲深くあってはならないと思いながらも

                      また次を、そしてまた次をと、

                      やはり思い祈らずにはいられませんでした。

                      またこの繋がりで、また再び、

                      こちらにこうして参ることができる日を

                      心より願い、 お待ち申し上げております。

                  

                          





ご覧いただきありがとうございます                          

2019.07.03

category: 琴庭

女神の庭

sukabiosa
Today's my garden

                       まず最初に、本日のタイトル

                       『女神の庭』ですが、私の庭ってことでは

                       決してなく・・・笑。

                       そんな曲があるのです。

                       広橋真紀子さんのアルバム

                       『エイジレス・ビューティー』の中の一曲で

                       小鳥のさえずり・・・女神の歌声のようなハーモニー

                       ピアノ・・・バイオリン・・・

                       それらの音で奏でられたとっても癒される曲です。

                       こちらのアルバムは主に眠る前に聴いているのだけれど

                       未だに最後まで聴いたことはなくて

                       毎回寝落ちの状態になります。

                       女神の庭には程遠いけれど、妖精が住む・・・

                       いえ、せめて妖精さんが遊びに来るようなイメージの庭に

                       育ててゆけたらなあ・・・なんてことを思いつつ

                       写真の花は、スカビオサのアメジストピンク。

kariburakoa0703a.jpg

                       カリブラコア。

kariburakoa0703b.jpg

                       ますますかわいくて。

bonthe.jpg

                       ボンザマーガレット

                       ルージュピンク。

                       一度咲き終わって二度目の開花です。

gaura0703.jpg

                       ガウラ
 
                       白はベインズフェアリー。

                       ピンクはフェアリーズソング。

                       その手前、もう少しで咲きそうなのは

                       エキナセアのグリーンジュエル。

                       ところで、今朝Amazonさんをうろうろしていたら

                       谷川俊太郎さんのある本が目に止まりました。

                       タイトルは

                       『声が世界を抱きしめます
                       谷川俊太郎 詩 音楽を語る』

                       (わかる・・・声が抱きしめてくれること)

                       思わず深く頷いてしまいました。





ご覧いただきありがとうございます
                          

2019.07.02

category: 琴庭

ときめきの要因

Today's my garden

                          娘に買ってもらった紫陽花が

                          今年も美しく咲いてきました。

                          個名は『ウエディングブーケ』といいます。

                          この紫陽花を私に贈ってくれた翌年

                          あの子はお嫁にゆきました。

                          この年の母の日当時、彼(今のお婿)とは

                          まだ出会ってすらいなかったので

                          この予感したような紫陽花の名前は

                          とても不思議な感じがしました。

                          紫陽花を贈ったその翌年に結婚・・・

                          そう、あの子たちは、出会って一年以内の

                          スピード婚でした。

                          ちなみに、ふたりの間に、まだ赤ちゃんはいませんよ(笑)

                          こんな思いがけないときめきのリンク

                          ごくたまにではありますが、人生に訪れます。

                          神様の粋な計らいでしょうか・・・。

Moon20180702a.jpg

                          さて、今日は、もうひとつのときめきを・・・

                          こちらは、今月の星座図です。

                          七月七日は七夕ですが、

                          彦星の星、わし座のアルタイル

                          織姫の星、こと座のベガ

                          そして、天の川にまたがるように輝く

                          はくちょう座のデネブ

                          こちらは夏の大三角形を形作る星だそうです。

Moon20190702b.jpg

                          織姫と彦星は川を越えて

                          会いには行けないけれど

                          デネブ(はくちょう座)を介して

                          結ばれているのですね。

                          これはもう、ときめいて涙・・・です(笑)

Swan20190702a.jpg
Love Swan

                          それ、もしかしてわたしたちのこと?

                          そうですよ~

Swan20190702b.jpg

                          そう言えば・・・

                          大好きなあなたたちに会えるまで

                          あと3ヶ月か・・・もうすぐだね。

                          がんばろう。

                          もちろん、こちらもときめき・・・

                          こちらはリアルときめきです(笑)

                                                    




ご覧いただきありがとうございます                          
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.