FC2ブログ

2017.09.30

category: 家族のこと

祖父とオルガン

At Forest
いつか森で。
Photo by Sho

 
                     ♪あたまを雲の上に出し 四方の山を見おろして
                               ・・・富士は日本一の山♪

                      
                     小学生の頃、祖母に買ってもらったオルガンで

                     よく弾いていたのは『富士山』だった。

                     音楽の時間で習った歌だ。

                     オルガンは、茶の間に隣接した廊下にあり、

                     学校から帰った私がその曲を弾くと

                     なぜか必ず祖父が泣くのだった。

                     私は祖父以前に、男の人も泣くのだという事実に直面し驚き

                     そう自分に知らしめた張本人が

                     我が祖父であることに少なからず狼狽した。

                     もちろん、私のオルガン演奏がそんな涙を誘うほど

                     上手だったわけではなく、けれど、なぜ泣くのかと、

                     祖父に涙の意味を訊ねることは、とうとう最後までできなかった。

                     祖父の職業は、漁師だった。

                     いつも片足を引きずって歩き、船着き場までは徒歩で移動していた。

                     祖父の不自由な片足の原因は幼い頃に罹った

                     熱病のせいだったと、祖母に聞かされたのは、祖父亡き後だ。

                     その不自由な片足が原因で徴兵をまぬがれたのだとも。

                     祖父は、もうずいぶん、ずいぶん前に亡くなったけれど、

                     今のこの世の中のことを知ったら、一体どう思うのだろう・・?

                     そして私になんて言うのだろう・・・?そう思う時がある。

                     悲しみも苦しみも生きる内・・・

                     けれど、愛しき者たちが理不尽な思いに

                     苛まされることなんて、きっと望んではいないはずだ。









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.29

category: feel

虚ろな檻


Our little bird
Dear Rui

                     
                     (あの場所なら子供たちが喜ぶだろう)

                     そう思ったのは、自分たちが幼かった頃の

                     記憶に基づいてのことだったのだろう。

                     当時、娘は二歳で、息子は一歳に満たない赤ちゃんだった。

                     娘は初めて間近に見る大きなゾウを食い入るように眺め、

                     ベビーカーに乗った息子は、よちよち歩く

                     かわいいペンギンたちといっしょに記念写真を撮った。

                     猿、キリン、フラミンゴ・・・

                     ほんの小さな赤ちゃんだった息子はともかく、

                     それらの動物たちをキラキラした眼差しで追いかけ、

                     楽しそうにしている娘を目の前に、私は幸せな気持ちで満たされていた。

                     そんな私の気持ちに薄い影を落としたのは

                     百獣の王と呼ばれる彼、ライオンの檻の前だった。

                     金色の縦髪・・・鋭い牙・・・その堂々とした姿には

                     不似合いな、彼の虚ろな瞳・・・自分を見る人間たちを目の前に

                     身じろぎもせず、遥か遠くを見ているかのような物憂げな瞳・・・。

                     「このひとは、サバンナを自由に駆け回っている方が幸せなんじゃないの?」
                     「今さら放されたって自分で餌取れないだろ?」

                     小さな子供たちの頭上、そんな会話を夫と交わしたのだった。

                     (そうかもしれないけど・・・)

                     切なげな気持ちになってしまう動物園には、あれ以来行っていない。

                     まったく大人になるということは、自由なようで不自由で

                     なんて複雑極まりないことだろう。

                     そして私は飽きずに、また同じ質問を繰り返しているのだ。

                     「ルイは翼を持っているでしょう?大空を自由に
                     飛んだ方が幸せなのかな?」

                     「飼い鳥が今さら外へ飛び出したって自力で生きてゆけないだろ?」

                     そうだよね・・・そうに違いないのだけれど・・・・・

                     
                     

  






いつも最後までお読みいただき
ありがとうございます。
とても励みになります                    

にほんブログ村

2017.09.28

category: feel

人魚の面影

koto sea0927
Photo by Sho

                      
                    勤め始めて間もなくの夏、

                    今は亡き、祖母と母、女三人だけで海に行ったことがあった。

                    「暑いね?海に行かない?」

                    先にそう言い出したのは母で、続けて彼女は祖母に

                    「私の水着まだある?」とまで言ったのだった。

                    驚くことに、物持ちのいい祖母は、母の若かりし頃のそれを

                    まだ持っていて、すぐにそれを出してきて、母に渡したのだった。

                    海に着いた途端、嬉々として海水に浸かる母・・・

                    見る見るうちに沖の方まで行き、

                    波打ち際で足だけ浸かる私に、うれしそうに手を振るけれど

                    「あんなに遠くまで行ったよ?大丈夫なの?」
                    「大丈夫でしょ?あんなに泳げるんだもの」

                    なんだか不安になり、そう訊ねる私に

                    日傘の下の祖母は、まるで泳ぎの得意な我が子が

                    自慢でならないように、そう微笑みながら答えるのだった。

                    そんなに楽しそうに・・・まるで子供みたい。

                    そんなにゆらゆらと・・・人魚みたい・・・・・人魚・・・・・

                    思えば、母の、私の実父との恋も、結婚も

                    決して幸せなものではなかった。

                    私が十歳の時、結局離婚してしまったし・・・。

                    そして、女性としての幸せをあまり堪能しないまま

                    彼女の人生は、泡のように・・・・。

                    ほんとにあなたってば・・・まるで人魚みたい。

                    そう・・・私の見つめる先の海には、喜びも、幸せも、

                    そして、こんな切ない面影も宿っている。

                       







 いつもありがとうございます                      

にほんブログ村

2017.09.27

category: feel

時空を超える場所


My Rose
*シュシュ*
撮影日:20170927


                      夕闇に包まれた小さな森・・・

                      その森を、森と隣り合わせになった

                      その場所からぼれ落ちる灯りが、薄く照らしている。

                      この場所はいつでもそうだ。車から降りて、

                      そこへ向かって歩いているうちに
 
                      気分は次第に非現実的になるのだ。

                      それは無論、夕暮れ時だからということではなく、

                      朝でも、そして昼でも同じことなのだ。

                      非現実的な気分には、およそ似つかわしくない

                      自動扉に迎え入れられると、

                      同じく非現実的な場所の住民であろうと思われる人たちが

                      立ったり座ったりしながら、めいめいのスタイルで、

                      自分の行き先である世界に浸っている。

                      あのひとは中世のヨーロッパかもしれない・・・

                      あのひとはイタリアのフィレンツェに・・・

                      そして、私はこれからどこへゆこう・・・

                      わけもなく不安に駆られる現実なんて、

                      せめて今だけでも放り投げてしまおう・・・。

                      そう、まるで図書館は、ここにいながらにして

                      時空や場所をやすやすと超え、ここではないどこかへ

                      連れて行ってくれる場所への入り口のようだ。









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.26

category: feel

朝を彩る・・・夕暮れに薫る・・・

Angel and Roses
My Roses…花びら
ナエマ
クリスティアーナ
ラ・フランス

                          朝に、夕に感じる気配のようなもの。

                          朝は彩るように柔らかく、

                          夕暮れには包まれるように濃く

                          それは感じる。

                          朝には、
                          (おはよう。今日も元気でいてね?)

                          夕には、
                          (お疲れさま。夜はゆっくり休んでね?)  

                          半ば祈りにもに似た想いで、

                          私は、そう心の中、今日もつぶやく。  

                          純度の高い想いや気持ちは

                          こうして届くのだと思う。

                          例えば、どこにいたとしても。









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.25

category: 日々

海辺でダンス

Little Birds1
Photo by Kotomi

                             
                        海辺にいたかわいい小鳥たち。

                        波が引く度に、波打ち際まで近づいて

                        砂の上にいる何かをついばんでいるよう。

Little Birds2

                        その姿が、かわいくて、かわいくて

                        我が家にも小鳥がいるので

                        他人ならぬ、他鳥にも思えなくて

                        そっと近づいて写真に収める。

                        私が一歩近づく度に、皆いっせいに

                        ちょこまかと逃げ行く姿がたまらなくかわいくて

                        ファインダーを覗きながら、ついついクスクスと

                        声に出して笑ってしまう。

                             

                            
Little Birds3

                      (この子たちを見て?こうして一生懸命生きてるよ?)

                      心の中、ひとりごちるうちに、不意に泣きたくなる。

                      (さっきまで笑っていた烏が、もう泣いた・・・)

                      そう・・・自然は、人間だけのものじゃない。

                      自然は、人間のためだけにあるのじゃない。

                      

                             





いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.24

category: feel

その想い・・・映り合う


Photo by kotomi

                           
                           空は海を・・・

                           海は空を・・・

                           愛している。

                           例えば、その想いのままに、

                           瞬時に抱きしめ合うことができなくても・・・。

                           だからせめて、この想いを

                           お互いのその姿に

                           こうして映し合って・・・生きてゆく。









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.23

category: *****

愛満ちる場所


Photo by Sho
Today's Sea

               
                          世界は、相も変わらず混沌とし、

                          ますます混迷を極めている。

                          耳から・・・眼から・・・

                          それらのことが入ってくる、その度に

                          胸が塞ぎ、自分の胸の中から

                          何かが潰れる音さえ聞こえてくる。

                          けれど・・・

koto20170923b.jpg

                          この国なら、大丈夫。

                          何の根拠もない確信とその願いが、

                          傷つき続ける同じ胸の中に

                          ふつふつと、静かに満ちてくる。

koto20170923c.jpg

                          なぜならこの場所は、こんなにも

                          愛に溢れているのだ。

                          誰かを想い続ける愛に。

                          それぞれの胸の中で、深まり続けてゆく愛に。

                          その愛は、いずれ満ちては溢れ、

                          この気配に溶け込んで、きっと輝く光になる・・・

                          そう信じたい・・・信じてゆきたい。

                          

 




いつもありがとうございます                         

にほんブログ村

2017.09.22

category: feel

二番目に好きな人

ラ・フランス
My Rose
*ラ・フランス*

                       「一番好きな人とは結婚できないのよ?」

                       今は亡き母が私に言ったのだ。

                       それは今の夫と出会うずっと前のことで、

                       恋に憧れ、まるで恋に恋しているような夢見心地な娘の私に、

                       その夢の中から無理矢理引き戻すように、

                       彼女は、あっさりとそう言ってのけたのだった。

                       祖父母・・・母から見れば両親の反対を押し切り

                       私を19歳で産んだ彼女は、私が年頃を迎えると

                       母親と言うよりも、親友のようになっていて

                       片思いの恋のことも、憧れの人のことも

                       学校であった嫌なことも全部話せる存在だった。

                       その彼女が言ったのだ。

                       『一番好きな人とは結婚できないのよ?』

                       「なぜ・・・?いっしょに生きていきたい人は一番好きな人でしょう?」

                       腑に落ちず、質問を繰り返す私に彼女はこうも言ったのだ。

                       「結婚できないと言うより、結婚しない方がいいとも言うのかな?
                       だって、結婚は生活なんだよ?すべてをさらけ出せる?その人の前で?」

                       それでもあの頃、解せなかった母の言葉の意味が

                       今はようやく少しだけわかったような気がする。

                       もう既にきょうだいのような、或いは友人と化した夫が

                       今日、出張先から数日ぶりに帰ってくる。

                       ドキドキはしない・・・もちろん(笑)

                       ただそこには、ひたすら安堵の気持ちがあるだけだ。

                       きっと彼は私にとってそこそこ好きな、

                       気のおけない相手だからなのだろう・・・

                       もちろん、良い意味で・・・笑。

  








いつもありがとうございます                        

にほんブログ村

2017.09.21

category: feel

私に似ている彼女・・・彼女に似ている私


My Rose
*ノヴァーリス*

                           もう何度も読んだのに、

                           台詞のひとつひとつ諳んじてさえいるのに、

                           その物語を手放せないのは、

                           彼女が少し私に似ているから。

                           私が彼女に、どこか似ているから。








いつもありがとうございます                           

にほんブログ村

2017.09.20

category: 日々

幸せな日に・・・

Happy Birthday 2017
Dear My lovely son

                           宝物の君へ。

                           母の私の中では

                           なぜかいつまでも君は

                           小さな頃の面影残る子供のまま・・・

                           でも、今日でもう22歳だね。

                           ほんと、早いなぁ・・・笑。

                           おめでとう!

                           再び始まる今日からの君の一年が

                           幸せで輝きに満ちたものでありますように。

Piano and
Dear Mr...
                           
                           お誕生日、おめでとうございます。

                           年齢を重ねるごとに

                           自分の中で深くなり続ける

                           その歌は、私の宝物です。

                           お身体を大切になさって

                           ますますのご活躍をお祈りしております。

                           素敵な一年となりますように・・・。

                           








息子は予定日より6日も早く
この日に生まれてきてくれました。
そう、大好きな方と同じ日に。
生まれた瞬間から孝行息子・・・笑。
いっしょにお祝いすることができる
不思議な巡り合わせに
今日再び心からの感謝を・・・。                           

 
いつもありがとうございます                          

にほんブログ村

2017.09.19

category: feel

ファインダー越しに見えるもの

Rany Blue20170919
My Rose
*レイニーブルー*
つい今しがた撮ったもの。

                             心を込めて・・・

                             やさしい気持ちで・・・

                             愛を込めて・・・

                             そんな思いを忘れずに

                             撮る・・・撮り続ける。

koto cosumo201709
Photo by Sho
*いつかの私*

                             取り繕わず、

                             私は私のままで立つ・・・カメラの前に。

                             そうすればきっと

                             写真がこの想いを伝えてくれる。

                             例えば、あえて言葉にはしなくても・・・。

                             例えば、すぐそばにいなくても・・・。

                             

                             




いつもありがとうございます                             

にほんブログ村

2017.09.16

category: 日々

秋紡ぐ花


Location:秋田国際ダリア園
Photo by Sho


                            こんにちは。

                            秋色紡ぐお姫様たち・・・ダリア。

pinkdari20170916b.jpg
Photo by Kotomi

                            今年もまた

                            会えた喜び。

kotodari1.jpg
Photo by Sho

                            手を触れる喜び。

dari20170916.jpg
Photo by Kotomi

                            秋色の光・・・

                            秋色の風・・・

                            秋と織り成す花。

pinkdari20170916a.jpg
Photo by Kotomi


                            シンプルな喜びに

                            心満たされた日。

                            
  




いつもありがとうございます                         

にほんブログ村

2017.09.14

category: 日々

だから貴女に逢いたくて・・・

Back cosumo20170914
撮影日:20170914

                             儚げなのも・・・

pinkcosmo20170914b.jpg

                             ほんの少し憂いてるのも・・・

Whitecosumo20170914a.jpg

                            どこかうれしそうなのも・・・

Twocosumo.jpg

                            ラブリーなのも・・・

                            キュートなのも・・・

                            すべて私にまかせて?

Pinkcosumo20170914.jpg

                            そう・・・

                            風に揺れても

                            照る日も

                            曇る日も

                            雨の雫に花びらうつむいても様になる・・・

                            秋桜・・・貴女は名女優だと思う。

                            

  




いつもありがとうございます                         

にほんブログ村

2017.09.12

category: feel

吹く風に揺れ・・・もの想い

White cosumosu20170912

                             君が好き・・・

                             あなたが好き・・・

                             君が大切・・・

                             あなたが大切・・・

cosumosu20170912.jpg

                             不穏な風に

                             足元すくわれぬよう

pink cosumosu20170912

                             自分の中の、

                             その確かな想いだけに

                             寄り添って生きてゆく。

                             









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.11

category: feel

紅のひと・・・


曼珠沙華
撮影日:20170911

                            もちろん・・・

                            言葉は持たない。

                            だから、声を使い呼びはしない。

                            なのに・・・

manzyu2.jpg

                            その存在感は

                            他の花たちを差しおいて

                            遠くからでも際立っている。

manzyu3.jpg


                            妖しく

                            美しく

                            咲くひと・・・今年も・・・。





                            


いつもありがとうございます                            

にほんブログ村

2017.09.10

category: *****

波奏でる愛の音


Photo by Sho
撮影日:20170910

    
                             嘘のない自然が

                             今、こうして

                             眼の前にあるのなら・・・

Kotosunaet1.jpg
Photo by Sho

                           
                             ひととき

                             この美しい自然に

                             身も心も委ねよう・・・・・

                             ほら・・・波奏でる、愛の音が聞こえる。

                             

                             

                             





いつもありがとうございます

にほんブログ村                             

2017.09.09

category: 日々

その船で巡りゆく想い


『しらせ』入港
Location:酒田港
Photo by Kotomi

                        
                         ザクザクとした氷の中を進みゆく船・・・

                         空の青・・・

                         雪の白・・・

                         風の音・・・

                         地球が奏でる音しかしない場所。

koto sirase20180909b
Photo by Sho

                         この船が醸し出すその氷の世界。

                         触れて・・・

                         感覚を研ぎ澄ませ・・・

                         見果てぬその世界を思った。

                         



2017.09.08

category: 琴庭

心に宿る・・・

Aoi and Iori20170908
My Paradise
*あおい・いおり*
撮影日:20710908

                               
                               あの日・・・

                               あの数分の間、私は、

                               遠方に暮らす息子の身を案じ・・・

                               そして、ただただ、

                               大好きな貴方に

                               再び会えることを、想い、

                               願ったのだった。














今日も来て下さりありがとうございます

にほんブログ村

2017.09.07

category: 琴庭

雨の日はミステリアス

Rany Blue20170907
My Rose
*レイニーブルー*


                           すべてを知ろうとなんて思わないで・・・

                           それは必ずしも

                           幸せなことではないから。

Mysterieuse.jpg
My Rose
*ミステリューズ*

                           
                           静かに落ちてくる雨粒の中

                           彼女たちが私に

                           そうささやいた。

 




今日も来て下さって
ありがとうございます                          

2017.09.06

category: 琴庭

妖精たちの調べ


My Rose
*薫乃*

                            光と戯れ・・・

                            風に揺れ・・・

                            時に雨の雫を乗せて咲く花々。

                            その邪気も汚れもない姿は・・・

Aoi20180906.jpg
今朝の*あおい*

                            咲くことでその心に寄り添い、
              
                            その薫りを振り撒くことで

                            心を静かに癒してくれ、

                            柔らかな風に揺れることで

                            やさしさに満ちた愛の歌を奏でる。

                            

                            

                            

2017.09.05

category: 日々

月のお茶をひとしずく・・・

moon flower

                         私は、お酒の類がまったく飲めない。

                         だからと言うわけではないのだけれど、

                         毎日飲むお茶は、ちょっと贅沢に、

                         お気に入りのお店のを飲んでいる。

                         そのお店から今朝、注文していたお茶が届いた。

                         名前は『月に咲く』・・・なんて素敵な・・・

                         ジャケ買いならぬ、ネーミング買い(笑)

                         もちろん、お味にも興味津々だったからでもあるのだけれど。

                         名前の由来は、月に咲く花とも伝えられる、

                         キンモクセイの花が紅茶にブレンドされているからのよう。

                         静かにお茶を飲んでいると、心が落ち着く。

                         お茶を飲んで、ざわついた心を静かに整える・・・

                         日本語の『一息入れる』ことの大切な意味を

                         心底知ったのは、こうして大人になってからだ。


                                              
                                       お茶『月に咲く』
                                        *ルピシア*より。
                                       アイスクリームに使用のスプーンは
                                       今回の注文のおまけ、
                                       なんと、アイス専用のもの。
                                       こちらも贅沢・・・笑。



2017.09.04

category: feel

月夜の花びら


My Rose
*あおいといおり*
姉妹薔薇・・・上記があおい
今朝撮影。


                            リビングのブラインド越しに

                            冴えるように輝く月が見える。

                            その光に誘われるように

                            つい今しがた外へ出てみれば

                            愛しの薔薇たちが、月の光に包まれながら

                            柔らかな夜風に心地良さげに揺れていた。

Iori20170904.jpg
妹の*いおり*

                            ピンク、ベージュ、紫色。

                            月の光の下、薄闇の中でも

                            ほのかに浮かび上がるその色に

                            不意に涙が出そうになった。

                            ただただ咲いて、ただただ夜風に揺れる花。

                            複雑極まりないように思う、人の生きるということも

                            見方をするりと変えれば、

                            もしかしたら、シンプルなものなのかもしれない・・・

                            そんなふうに思えてくる。

                            好きか、嫌いか。

                            愛しているか、愛していなのか。

                            愛しいのか、愛しくないのか。

                            会いたいのか、会いたくないのか。

                            大切なのか、大切ではないのか。
                           
                            うれしいのか、そうでないのか。

                            咲きたいから咲く。

                            咲けないから咲かない。

                            言葉を持たぬ者たちが、月輝く空の下

                            密やかに伝える長月の夜。







                            

                           

いつもありがとうございます                                                       

にほんブログ村

2017.09.03

category: 日々

夢見る秋桜


Photo by Kotomi
Location*月山*

                            風に揺れる貴女を見ていると・・・

Kotomi cosumosu20180903a
Photo by Sho

                            私はたちまち、ただの女の子になる。

kotomi cosumosu20180903b

                            ほのかな秋の匂いを抱きながら

                            吹き始めた風に、

                            いっしょに貴女と

                            身も心も委ね預けながら・・・

Kotomi Cosumosu20180903c

                            柔らかで

                            やさしい

Cosumosu201809031.jpg

                            夢を見た・・・・・。

 




いつもありがとうございます                           

にほんブログ村

2017.09.01

category: feel

長月に揺れる・・・

Blue Cosumosu
撮影日:20170901
SONY NEX*WB/電球モード

                           
                             言葉にはできぬ想いを・・・

Cosumosu20180901.jpg

                             言葉にしてはならぬ想いも・・・

Cosumosu20180901a.jpg

                             ただ静かに分け合おう・・・

                             ただひたすらに、この胸の中で。

                             







いつもありがとうございます

にほんブログ村
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

大切に大切に味わうようにじっくり読みます。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

koto's memorys

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad