2017.07.30

category: 日々

海と空と溶け合う・・・

SEA and Koto20170730
Photo by Sho


                          最高気温33度。

                          暑いけれど

                          夏色の空の青が清々しい。

Sea 20170730
Photo by Kotomi

                          この場所は、海水浴場ではないので

                          この時期にあっても、ひと影もまばらで静か。

SEA and Koto20170730a
Photo by Sho

                          たくさんの人でにぎわう海岸も、夏らしく

                          心楽しい気持ちになれていいけれど

                          海と空に思いを馳せるなら

                          こんな静かな海岸がいい。

                          

                           

                             



 
今日の撮れたて海を記したくて・・・
本日二度目の更新です。
いつもありがとうございます                            

にほんブログ村

2017.07.30

category: feel

空と空を繋ぐ想い


My Rose
*あおい*


                              また逢いたい・・・

                              そのときめく想い・・・。

                              また逢えますように・・・

                              そう願い続ける想い・・・。

                              その願いと想いが

                              その離れている空と空を

                              きっと繋いでくれる。

   








   *薔薇たちのこと*
秋に再び美しく咲いてもらうために
開いた花と蕾を摘み取りました。
無駄なエネルギーを消費させない
そのことが大切なのだそうです。
薔薇育ては奥が深いです。


いつもありがとうございます                           

にほんブログ村

2017.07.27

category: 日々

暮らしの匂い

Coffe Time1

                          毎朝飲むコーヒー。

                          夏の間は、わざと濃いめに、

                          多めに入れて、ホットで飲んで、

                          その後は、氷を入れてスタンバイしておき

                          家事の合間の水分補給に・・・。

                          そんな午前、ルイを撮ってあげたくて

                          首からぶら下げていたカメラのファインダーを

                          何気なく覗いた時に見えたのは、

                          普段の私のこんな暮らしのひとこまだった。

                          当たり前で、さり気なさ過ぎて、

                          いつもなら気にも留めない、暮らしのワンシーン。

                          そうなんだ・・・暮らすことは、生きること・・・

                          自分の物語を作ること。

                          こんなひとこま、ひとこまが、今日も静かに積み重なって、

                          明日からの私を形作ってゆく・・・。

                          

  




いつもありがとうございます                        

にほんブログ村

2017.07.26

category: *****

鏡との距離・・・写真との距離

koto b
Photo by Sho

                        (もう、いいかげん、いい大人なんだよね・・・)

                         そう思う。

                        当たり前だけど、何を今さらとも言えるのだけど。

                        例えば、私、私自身のこと・・・

                        当然、自分の年齢を自覚しながらも

                        どこか、いつまでも年齢不詳な人物を演じたがる。

                        それは、もちろん、実生活でではなくて、

                        写真の中での話しだけれど。

                        だからある日、こんな感じのエプロンワンピースを着てみたりする。

                        そして、鏡を覗き込んだ時点で、自分的には似合ってると思って、

                        けっこう嬉々として着てたりするのだけれど・・・

Koto a

                        調子に乗って、色違いで作ってみたり・・・笑。

                        でも、プライベート用に目線をカメラに向けて

                        表情ごと撮ってもらった、写真の中の私の

                        妙な違和感と不自然さ(笑)

                        (いったい誰の洋服着ているの?)とつっこみたくなる・・・笑。

koto c

                        写真は、『真実を写す』と書くけれど、

                        本当に、今の私のありのままを教えてくれる。

                        この写真の中の私は、本当にナチュラル。
                        (自分で言ってしまうけれど・・・笑)

                        シンプルで、気負いのないスタイルが

                        今の私には似合っている・・・そう思う。

                        真の意味で、大人になることを、

                        大人でい続けることを、恐れずにいよう。

                       そう思うと、これからの私のことも、すごく楽しみになる。







いつもご覧いただき
ありがとうございます。
とても励みになっています

にほんブログ村

2017.07.25

category: 日々

お菓子棚のノスタルジー

あじさいゼリー

                         先日の日曜日、久しぶりに行った

                         地元の老舗的スーパーで見つけたお菓子。

                         祖母の茶箪笥に常備されているような

                         昭和の匂いする素朴なお菓子。

                         懐かしくて思わず買い物かごに入れた私を

                         夫は、クスクス笑っていたけれど、

                         そんな夫に、

                         「あなただって懐かしいでしょうに」

                         そうも言いたっかたけれど、

                         敢えて言わず、いっしょにクスクス笑い。

                         家に帰って、さっそくひとつ開けて食べてみたら

                         やっぱり懐かしくて、そして甘くて

                         ひとつだけ食べたら十分満足。

                         昔ながらのお菓子は、食べ過ぎなくていいみたい(笑)

wedding bouquet


                         こちらは、お菓子に華を添えてくれた

                         去年、母の日に娘にもらった紫陽花・・・

                              『ウエディングブーケ』

                         今年も咲いてくれて、とってもうれしい。

                         





いつもありがとうござます                         

にほんブログ村

2017.07.24

category: 日々

曖昧な輪郭


My Rose
*あおい*

                              雨は、相も変わらず、今日も降り続いている。

                              それでも庭の花たちは、カンカン照りの

                              日差しよりは心地良いらしく

                              雨粒に濡れた葉っぱは、艶やかで生き生きとし

                              雨を楽しんでいるようにさえ見える。

                              それにしても・・・

                              こうして、雨に降り込められると、

                              夏の季節の輪郭は、途端に曖昧になる。

                              気温は下降し、海水浴も、プール遊びも

                              夏扉の向こう側へ追いやられてしまう。

                              そう・・・夏には違いないけれど、夏ではないような

                              そんな感覚・・・。

                              無論、私は、もう既に海水浴もプール遊びも

                              しなくなって数十年も経つのだけれど・・・。

                              夏は、いつも長いようで短い。

                              まるで、一気に燃え上がっては、儚く冷める恋みたいに・・・。

                              残念ながら?私には、そんな恋の経験など無いけれど・・・。

                              私なら・・・恋も、愛も、静かで穏やかなのが好き。

                              ・・・・・話が逸れてしまった・・・・笑。

                              とにかく今日も、雨は、降り続いている・・・。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.22

category: 日々

夏色の雨


Photo by Kotomi 

                           青葉雨・・・

                           翠雨・・・

                           緑雨・・・

koto iimori
Photo by Sho

                           瑞雨・・・

                           穀雨・・・

                           甘雨・・・

momi20170722c.jpg

                           この場所は、夏色の雨に包まれている。

Koto iimori2
Photo by Sho

                           夏の季節の、暑い最中に降る雨は、

                           ひとときの涼を連れてきてくれ、ほっとする・・・

momi20170722b.jpg
Photo by Kotomi

                            なんて・・・

                           この記事を書いてる最中に外から聞こえてくるのは

                           けっこう大音量な雨音と、思わず

                           肩をすくませてしまうほどの雷鳴と

                           そして、稲光・・・。

                           挙句にスマートホンには

                           『洪水警報発表中』の通知が・・・。

                           嘘でしょう・・・今夜はロマンな気持ちになって

                           小林麻美さんの『雨音はショパンの調べ』を

                           聴こうとしてたのに・・・笑。

                           どうか柔らかな雨音に変わりますよう・・・。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.21

category: feel

ガラス越しの世界

Aoi and Iori20170721
My Roses
あおいといおり・・・姉妹薔薇
ベージュ色のいおりが
あおいの枝変わり。


                             関わることで得られるもの・・・

                             関わり続けることですり減ってゆくもの・・・

                             心密かに、両天秤にかける・・・

                             何度も立ち止まり、何度も思いあぐねる・・・

                             何度も立ち止まっては、その指が動かなくなってしまうのは

                             あの場所に三年も居ながら、あの場所に私が

                             一向に馴染めていない証拠だ。

                             浅き思いを広め続けることより、

                             心の成熟を、より望むのなら

                             見つめるべきは、あの場所ではないのだ。

                             きっと・・・・・。







いつもありがとうございます                             

にほんブログ村

2017.07.20

category: ルイ

瞳に照り映える空は、いつもブルー


今日のルイ・・・膝の上。
ストライプのワンピースは手作り。



                           美しいものしか映さない・・・

                           その輝きに満ちた、透明な瞳なら。

                           楽しくて、きれいな音しか聞こえていない・・・

                           君の鳴く声は、いつも朗らかで無邪気だから。

                           例えば、多少の憂いがあったとしても。

                           その生きる姿は、醸し出す気配は、

                           君の住む、心の世界の映し鏡。

                           私も、できる限りそうであれたら・・・

                           君を見ていると、いつもそう思うんだ。






いつもありがとうございます                           

にほんブログ村

2017.07.19

category: feel

星の川


My Rose
*ノヴァーリス*

                           この想いが、いったい

                           どこに属するものなのか・・・

                           あの瞬間に

                           何か特別な意味があったのか・・・

                           今も、これからも、知ることなどできないだろう・・・。

                           だから・・・だからこそ、ただ何も考えず、

                           思う存分、想い続けていたらいい・・・。

                           その想いを、大切に抱きしめたままでいたらいい・・・。

                           どのみち、そこに横たわる川は

                           越えてゆくことなどできないのだから。

                           そう、例えば・・・・・

                           あの星の川越しに見つめ合う恋人たちみたいに。








いつもありがとうございます                               

にほんブログ村

2017.07.17

category: 日々

恋の灯りともす場所

light tower
Photo by Sho
Location:鶴岡市鼠ヶ関
鼠ヶ関灯台・・・『恋する灯台』


                           時々、雨の混じる空・・・曇り空。

                           今日の日、海の日・・・向かった先は、

                           『恋する灯台』と呼ばれているあの場所。


koto tower2
Photo by Sho

                            そう・・・恋も、ロマンスも、生きてくことも

                            温かで、ロマンチックな灯りに

                            導かれゆくものでありますよう・・・。

                            この海にそっと祈る、今日の日、海の日。


              




                                       *恋する灯台プロジェクト*
                                     一般社団法人日本ロマンチスト協会と
                                     日本財団が共同で実施するプロジェクト。
                                     ロマンスの聖地にふさわしい灯台を
                                     『恋する灯台』として、灯台のある地域を
                                     『恋する灯台のまち』として認定するもの。
                                         *HPより一部抜粋いたしました*

                           

                           



いつもありがとうございます                          

にほんブログ村

2017.07.16

category: feel

重なりの日々

koto ayame2
Photo by Sho

                          まだ親に守られて生きていた子供の頃は

                          自分がいずれこの年齢になることなんて、

                          考えることも、もちろん想像してみることさえしなかった。

                          年頃の学生だったあの頃は、

                          30代、40代の年齢になったら

                          もう女性として楽しいことなんて

                          何ひとつないのだろうと、勝手にそう思っていた。

                          (ごめんなさい・・・笑)

                          けれど・・・・・・

koto ayame1

                          今年、そのラインを越えた年齢になって

                          日々、自分と向き合って生きてみると、

                          今は、今で、今だからこそ、楽しいし

                          今のこの自分だからこそ、好きだと思える私がいる。

                          いろいろ不具合なことも、あの頃に戻って

                          やり直したいことも、もちろんあるわけだけれど(笑)

                          日々を、大切に、シンプルに、

                          その時、その時の私と向き合い、受け入れて

                          なるべくありのままでこれからも過ごしてゆけたらいい。

                          

                         




いつもありがとうございます                          

にほんブログ村

2017.07.13

category: feel

静謐の花


My Rose
*ミステリューズ*

                           
                            手を取り合って生きる人・・・

                            心、重ね合って生きる人・・・

                            わかってる・・・わかっているつもり・・・。

                            敢えて、言葉など浮遊させなくても・・・。

                            或いは、静かに咲き続ける花みたいに・・・。

                            だから、例えば・・・

                            その愛なら美しく・・・。








いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.11

category: 琴庭

夢見る窓辺

1Piere
My Rose
*ピエール・ド・ロンサール*

                           
                          私がいつも過ごしているリビングの出窓の

                          下を這うのは、ピエール・ド・ロンサール。

                          この薔薇を嫌いな人は、おそらくいないのでは・・・?

                          そう思うほど、とても人気のある薔薇。

                          香りがほとんどないのは残念だけれど

                          私も大好き。

                          大切に大切に育てて、いつかこの窓辺を

                          ぐるりと囲めるほど大きくなってくれたら・・・

                          そして、この窓から外を眺めることができたら、

                          お姫さま気分で、どんなに素敵だろう・・・。

                          なんてことを、夢に見ている。


2Piere

                           残念ながら、この私は、

                           お姫さま年齢?からは、もう、とうの昔に

                           卒業しているわけなのだけれど(笑)





                                            *ピエール・ド・ロンサール*
                                               この名前は、
                                             フランス・ルネサンス期を代表する
                                             詩人、ピエール・ド・ロンサールに
                                            ちなんでつけられたものだそう。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.09

category: 日々

夏の匂い


Today's sea
Photo by Sho

                          重たげな湿度をはらむ風・・・

                          温む海水・・・素足にまとわりつく砂の粒。

                          海岸沿いに吸い寄せられる人々・・・・・

                          

sea20170709.jpg
Photo by Kotomi

                          今年もまた夏がやってきたのだ。

                          梅雨明け宣言は、まだしていないにしても。                          


kotomari3.jpg
Photo by Sho

                          大人になってから、夏は

                          最も苦手な季節になったけれど

                          夏が醸し出す気配と空気感は好き。

                          あとは、夏の夕暮れの匂いも・・・。

                          そう・・・私たちは、ただただ、

                          こうして季節を繰り返す。
                          
   





いつもありがとうございます                        

にほんブログ村

2017.07.07

category: feel

あの星たちに寄せる想い

七夕の杜2
Photo by Sho


                           夜空にあまねく星々。

                           幾筋ものまばゆい光り・・・

                           けれど、その星は唯一無二なのだ。

                           誰にも似ていない、ただひとつの光。

                           この地上とて同じこと・・・。

                           会いたいと思うのは・・・

                           逢いたいと願うのは・・・

                           だからこそ、生きてゆくことは

                           時に切なく、

                           故に、美しくもあるのかもしれない。


                                                     *七夕に寄せて*







いつもありがとうございます                           

にほんブログ村

2017.07.06

category: feel

あの川の・・・水に揺らめく想い

七夕の杜1
Photo by Sho

                       
                        その、愛への想いを、

                        美しきものとするならば

                        俗物的な思いは、一切

                        捨て去るよう・・・。

                     
                            その時、

                            確かに、

                            天から、

                            その声が聞こえた。


                                               
                                                *今宵・・・七夕前夜・・・
                                                   月ささやく夜*






いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.05

category: feel

その気配薫る時間(とき)



                        例えば、貴方なら、グリーンノート。

                        爽やかで、いつまでも瑞々しい香り。

                        例えば、目覚めて間もなくの朝に、

                        黄昏間近の夕の頃に、不意に薫る時がある。

                        そこにいるはずもない人の香りが。

                        気配の・・・その人の周りに漂う空気の匂い・・・

                        それは、私の元へ確かに届くのだ。

                        物理的な距離と、心の距離との間に

                        もしかしたら、イコールは成り立たないのかもしれない。









いつもありがとうございます

にほんブログ村

2017.07.03

category: feel

文月の扉

Koto and hydragea20170702
Location:Iimoriyama Park
Photo by Sho

                      『呼びとめたいような時間が過ぎてゆく』

                      大好きな小説の中の一節。

                      本当にそのとおりだ・・・

Todays hydragea20170702

                      世の中、思い通りにいかないことや

                      事が順調に運ばないことも、ままあるけれど

                      いつでも時間だけは、するすると順調に流れてゆく。

Hydrangea20160702b.jpg

                      時間は、呼び止めることも、

                      押し留めることもできないけれど、

                      その代わり、ほんの少し、それに似たことは

                      写真にならできてしまうかもしれない。

Hydrangea20170702c.jpg

                      あの時の、あの場所の、

                      あの気配の中の、

                      あの花々・・・。

                      あの花をファインダー越しに見つめた時の、

                      私の心の有り様(ありよう)・・・・・

Hydrangea20170702d.jpg

                      写真には、それが映る。

                      例えば、それは眼には見えないことであっても・・・。

                      そう・・・文月の扉は、開いた。



                                                  『』の中の言葉。
                                                    田辺聖子著
                                                *恋にあっぷあっぷ*より。
                                            







いつもありがとうございます

にほんブログ村
プロフィール

琴美

Author:琴美
何気ない日々と心の中に降りてくる
宝石のような言葉を大切に綴りたい。

ミムラ姉さんのこと

息子が買ってくれました。

心の声をちょっとだけ

春の歌と言えば・・・♪I will follow you翼の生えたブーツであなたと同じ青春走ってゆきたいの♪ 聖子さんの歌に真実の*follow you*の意味が見える気がします。

水に揺らめく想い花

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

Koto_petite_foret

Instagram

Rui_Forest

インコのルイの成長記録アカウントです

Instagram

ランキングに参加しています。

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

koto's memorys

月別アーカイブ

Welcome❤

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad