2016.02.25

category: 日々

空を覆う冬の余韻

Winter Sky20160225

              昨日からの冷え込みは

              今朝は外の世界一面に、再び雪の世界を連れてきた。

              「また積もったね?」「うん」

              おはようを言うより先に、夫とそんな言葉を交わしながら

              ちょっとため息混じりの呼吸をしてしまう・・・・・。

              だけど・・・時おり降り注ぐ光は、もう紛れもなく春の装いをしている。

              大丈夫・・・・ここからは名残る雪・・・雪空が送り出す冬の余韻・・・。

              (何につけても余韻は大切なんだから・・・)

              寒さに震える体にそんなことを言い聞かせてみる。








いつもありがとうござます

にほんブログ村

2016.02.21

category: 日々

桜の薫り・・・うぐいすの囁き

sakura and uguisu

                 春にいちばん近いようでいちばん遠い月・・・

                 そんな二月も、あと一週間程で終わろうとしているけれど

                 二月の声を聞いた途端に

                 そわそわしてしまう理由が私にはある。

                 地元の老舗のスーパーが

                 桜餅とうぐいす餅を店頭に並べ始めるからだ。

                 桜餅は、もち米を潰し過ぎることなく程良い食感で

                 うぐいす餅は、きな粉の香りが鼻をくすぐる感じがたまらない。

                 どこのお菓子屋さんのよりも抜群においしくて

                 昔からここのスーパーのが私はいちばん好きで楽しみだった。

                 今年も、もういくつ食べただろう・・・・・。

                 家族のいない平日の三時にこっそり・・・

                 お昼御飯後の楽しみにこっそり・・・笑。

                 今日は、夫と仲良く半分ずつ味わった。

                 外はまだ冬の寒さで、時々雪がちらつくけれど

                 スーパーの定位置に桜とうぐいすが並び始めると

                 そろそろ来る春の気配が私の鼻をくすぐり始めるのだ。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2016.02.20

category: feel

引き出しの中の色

saineria blue 20160220

                 白・・・生成り・・・ベージュ。

                 それらの色こそが私の色だと・・・

                 私に最も似合う色だと、長いこと思っていた。

                 もちろん今でも好きな色ではあるに違いないのだけれど・・・。

                 それでも、無意識のうちに手に取る色の中に

                 ブルーという色があるのだ・・・・

                 ワンピースを縫おうと思う時・・・スカートを縫おうと思う時・・・

                 持ち物の中にもまるで差し色のように青の色が紛れ込んでいる。

                 白がいちばん好きなはずだったのに・・・・・。

                 まるで他の誰かに知らぬうちに勝手に投げ込まれた色を見るように

                 ある日突然はっと気づき、自分でも驚いてしまうのだ。

                 冴え冴えとした青・・・冷静な青・・・穏やかな海の色のような青。

                 それらの色は私の中に、今まさに生まれたのではなくて

                 長い間私と言う引き出しの中にしまいこまれていただけの

                 ずっと昔から私が持っていたものなのかもしれない・・・。

                 そう言えば・・・結婚披露宴のお色直し用に着た濃いパープルのドレス・・・

                 あのドレスは白のウエディングドレスよりも似合うと

                 褒めていただいた色だったことを今思い出した。

                 

                 




いつもありがとうございます                 

にほんブログ村

2016.02.17

category: feel

後ずさりながら近づくもの・・・

kasumisou 20160217

                    週明け・・・予報通り雪が降った。

                    気温もぐんと下がり、その気温差には身をすくめるばかり。

                    例えばそう・・・ひとり、想いを巡らせてみる・・・・。

                    夏はいつも気安い友達のように近づき

                    秋はじわじわと染み込むように大人のマナーで近づき

                    冬はある日忘れていた寒さを思い出させるように

                    長らく会っていなかった古くからの友人のように近づく・・・・・。

                    そして春は・・・春はいつでも奥ゆかしい・・・・・

                    近づいてみせても、手を伸ばして捕まえようとすると

                    ふっと遠慮がちに後ずさってしまう・・・・・

                    そう・・・春はいつでも奥ゆかしいのだ・・・。

                    大和の女性のような梅も、繊細な桜も

                    だからこそ、その春に似合うのかもしれない。

                    私はと言えば・・・春に伸ばした手を

                    また手袋の中にきゅっとしまいながら

                    春にすることをひとつずつ自分の中に思い描いている・・・。

   







いつもありがとうございます                  

にほんブログ村

2016.02.15

category: 日々

静かな愛の日

バレンタインランチ

                昨日はバレンタインデー・・・世の中の心ときめくイベントを

                他人事のように思うようになってしまった私ですが

                それでもせっかくのバレンタインデー

                夫にはチョコレートを贈る代わりに

                普段なら足が滅多に向くことのない西洋割烹のお店へ

                ふたりだけでランチに出かけてきました。

                静かな雰囲気の中、お料理が説明つきで運ばれてきます。

                人参のスープ・・・野菜サラダ・・・豚肉のマスタード煮・・・デザート・・・コーヒー。

                どれもとてもおいしく優雅な気持ちでいただくことができました。

                お隣の席には年配のご夫婦らしきおふたり・・・。

                ふと奥様の声が私の耳に届きました・・・・・

                「おいしい?普段お世話になっているから、ささやかですが私からのプレゼント」

                あ・・・同じお考えだった・・・・

                積み重ねてきた日々・・・いろいろありながらも紡いできた絆。

                静かな愛の日に心穏やかになれた日にもなりました。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2016.02.12

category: 日々

柔らかな光

living 20160212

                  リビングに差し込む光が、ずいぶんと

                  柔らかくなっていることに気づきました。

                  暖冬と言われた今季

                  雪の少なさに不安を感じながら

                  それでも冬らしい寒さを感じながら

                  春を待つ心は今年の冬が例えいつもと違う顔を

                  見せていても、この胸に同じように芽生えるものです。

                  ブラインド越しに降る光にこれからの春の日々を

                  イメージしながら柔らかな心で静かに春を待ちたいと思います。

                  

                  



  
いつもありがとうございます                

にほんブログ村

2016.02.10

category: feel

妖精の唄声

wing 20160210a
Feather・・・By our little bird *Ruy*

                     
                     この心の中の森に響き渡るのは

                     涼やかで愛らしい唄声・・・・・。

                     微塵の汚れも含まぬその声は

                     およそ人のものではなく・・・・・

                     ただひと目逢いたいと、ただそう願い

                     声のする方へ懸命に目を凝らしてみても

                     決して姿を現しはしない・・・・・・

wing 20160210b

                     今日も今日とて、ただひたすらに

                     その歌声に聴きほれて過ごせば

                     ふと目を転じた花びらの上に

                     君が落としたなごりのひとひら・・・・・。

                     

                     
 


いつもありがとうございます                    

にほんブログ村

2016.02.09

category: 日々

春色リハーサル

purimura 20160209b
プリムラマラコイデス
*From my garden*


                    とりどりの色を、少しの間なくしていた園芸店にも

                    覗く度にまた少しずつ色が戻ってきていてうれしい。

                    無意識のうちに手を伸ばしてしまうのはやはり

                    春のイメージを一心に背負ったあの花の色と同じ色・・・・・。

                    薄くたおやかなイメージのやさしい桃の色・・・。

                    すくっと伸びた可憐なその姿が、冬をまだ引きずった私の中に

                    目覚めかけの春を連れてくる。

purimura 20160209

                    まだ時おり翳る冬の光を浴びながらも

                    その花びらは確かな春へとそっと導いてくれる。

                    

         

                    

               

  いつもありがとうございます                  

にほんブログ村

2016.02.07

category: feel

雪姫からの招待状

snow forest201602071
どんな景色も夫といっしょに見る・・・・
そんな、日々の何気ない幸せが私の宝物。



                      瞬く間に駆け抜けそうな2月・・・・・

                      雪深い森の奥から

                      ささやくように聞こえた声・・・・・・

                      それは雪姫からの招待状。

                      (この雪が溶けゆく前にここへ・・・・・)

snow forest 20160207 two

                      しんとした空気の中

                      人ではない何かの気配に包まれる・・・・・

                      空から止めどなく舞い降りてくる雪を

                      ただただ吸い込まれるような気持ちで

                      見上げていたら・・・・・

snow forest 20160207 three

                      その空色は、いつしかやさしい青に変わりました。








いつもありがとうございます

にほんブログ村

2016.02.05

category: feel

やがて世界は春色に包まれる・・・

blue daisy 20160205
ブルーデイジー
ほんのり光を浴びてかわいいです。
*From my garden*

 

                     冬が来る前は、ほんの少し身構える。

                     積もるであろう雪・・・・・

                     色を失うダークな景色・・・・・

                     雪雲に遮られ薄っすらとしか届かない遠い光・・・・・

                     この心まで凍りつかないように

                     あらかじめ頭のスクリーンにそれらのシーンを映しだしながら

                     覚悟じみた真似事をするのだ。

                     多少大げさだと分かっていても・・・・・。

                     けれど、そんな冬の日々を半ば苦行のように過ごし

                     いくつかの夜を超える度に、自分を取り巻く景色は

                     いつの間にか春を迎える準備を始め

                     天から届けられる光は時間を伸ばし始め

                     その光の中には春の粒が確かに紛れ込んでいる・・・・・

                     そう・・・春はいつも唐突にやってくる。

                     さあ・・・だから私も少しずつ始めよう・・・・・・

                     この世界を楽しむ準備を。

                     今年はいくつの花園を巡ることができるだろう・・・。

                     

 






いつもありがとうございます                    

にほんブログ村

2016.02.03

category: 日々

寄り添う命

Ruy 20160203
僕の名前はルイです。
2015年4月生まれです。


                    娘のリイがインコを飼い始めました。

                    先週土曜日にいっしょに見に行ったものの

                    小さくても預かる命の責任の重さにおののいたのか

                    「やっぱりもう少し考える」と見るだけで帰宅。

                    そして明けて日曜日・・・・・

                    やはりかわいくて忘れられなかったのか

                    彼女ひとりでペットショップへ行きこの子を連れ帰っていました。

                    こんな小さな体でも呼吸し主張し自分の人生を生きている・・・・・

                    うちの子になったのもきっと何かの縁。

                    永遠ではない限りある命を共に生きている・・・・・

                    そこには人と動物の立場を超えたそれぞれの生きる意味がある。

                    縁があった者同士、寄り添って楽しく日々を生きていこう・・・・・

                    そんなふうに思いました。

                    それにしても・・・・・・・

                    娘がお勤めの間は私が見ていますが、これってひょっとして・・・・・

                    将来、孫を預かるであろうシーンに似ているような気も・・・笑。

                    なにはともあれかわいいです。







いつもありがとうございます

にほんブログ村

2016.02.01

category: feel

如月・・・春までの距離感

花かんざし2月1日
まるで和紙のような質感の花かんざし。
控えめで清楚な大和撫子が
本当にそっと髪に飾っているような
楚々としたイメージのお花です。
*From my garden*

                     
                        如月・・・2月・・・始まり・・・始まり。

                        いつの間にか日暮れも遅くなり

                        日差しの中にも僅かな春の気配が感じられ

                        春にいっそう近づいたような気持ちにもなる2月。

                        それと同時に寒さは、いっそう深まり

                        頬を突き刺すような風の冷たさに思わず震え上がり

                        冬をより色濃く感じるような月でもあるような気がします。

                        春に一番近くて・・・・・

                        実は春に一番遠い月・・・如月。

                        春を心待ちにしながらこの月も心静かにこの場所で・・・

                        今月も『Fuwary.Slow』をどうぞよろしくお願いします。









いつも応援して下さりありがとうございます             

にほんブログ村
プロフィール

琴美

Author:琴美
何気ない日々と心の中に降りてくる
宝石のような言葉を大切に綴りたい。

ミムラ姉さんのこと

息子が買ってくれました。

心の声をちょっとだけ

寒い一日でした。 窓越しに薔薇の蕾を眺めながら この気温ではもう咲けないかもしれないと思いました。

Merry

ふわふわ雪降るクリスマス

Blue Rose

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

Koto-Forest

Instagram

Rui_Forest

インコのルイの成長記録アカウントです

Instagram

ランキングに参加しています。

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

koto's memorys

月別アーカイブ

Welcome❤

キラキラ

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad