FC2ブログ

2018.09.18

category: 日々

秋桜と揺れる・・・2018

撮影日:2018/9/18
                        過酷極まりなかった夏を乗り越えて

                        川沿いのコスモスが咲いた。

                        うれしくて楽しくて

                        何度もシャッターを切る。

                        数あるお花の中でコスモスは私の中で

                        間違いなくフォトジェニッククイーンだ。

                        それにしても、とりあえず、

                        そんなカメラ女子?目線はさて置き・・・

Cosu20190918a.jpg

                        風に揺れているコスモスを見ていると

                        いつでも決まって『女の子じみた気持ち』

                        になるのはなぜだろう・・・?

                        ほんの小さな女の子だった時に描いた

                        お花の絵がコスモスのような

                        シンプルな形のお花だったから?

                        それを無意識に思い出すから?

                        それもあるのだろうけれど、でもやはり・・・

cosumo20180918d.jpg

                        『丘の斜面にはコスモスが揺れてる
                         眼を閉じてあなたの腕の中』とか・・・

                        『愛されるたびに臆病になるのよ』
                        あなたをなくせば空っぽな世界ね』とか・・・

Cosumo20180918c.jpg

                        『愛しているのよ かすかなつぶやき
                        聞こえないふりしてるあなたの指を噛んだ』とか・・・

Cosumo20180918e.jpg

                        『切なさも紅を差してゆくわ
                        ガラスの林檎たち』とか・・・。

                        きっと大好きなあの歌を

                        思い出すからに違いない・・・そう思っている。

                        今年もコスモスを思う存分追いかけて

                        思う存分女の子じみた気持ちになろう(笑)

                                            

                                                  『』内の歌
                                             ガラスの林檎:松田聖子

 




ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                 

2018.09.04

category: 日々

秋の入口・・・花の巻き


                        実はさっきまで呑気に食べていたのだけれど(笑)

                        五粒ぐらい?かな?(笑)

                        (あ・・・せっかくだから写真撮ろう)と

                        急に思い立ち、思い出し・・・笑。

                        娘婿殿の実家、岩手から、今朝届いたのは葡萄。

                        紫のはキャンベルでグリーンのはナイアガラだそう。

                        秋は果物がとってもおいしい。

                        こんな立派な葡萄は自分用には買わないから

                        頂けてとてもうれしい。

                        夫には「食べてるからねー」と

                        写真付きでメールを送り、とっととひとりでお味見。

                        岩手は岩手・・・この週の岩手。

                        何だか二重にも三重にもとってもうれしい。

                        私ってけっこう単純(笑)





ご覧いただきありがとうございます

2018.09.03

category: 日々

夏のかけら

撮影日:2018/9/2

                           夏のざわめき

                           夏笑う声

                           夏の匂い

                           夏にはしゃいだ声

                           少しずつ空と海に溶けゆく夏の色。

sea20180902b.jpg
WB電球モードにて撮影

                           人も・・・

bird20180903b.jpg

                           鳥たちも・・・

bird20180903a.jpg

Kotosea20180903.jpg
Photo by my husband

                          そして、この私も・・・

                          夏のかけらを拾い集めて。







ご覧いただきありがとうございます

2018.09.02

category: 日々

朝の月・・・薔薇と王妃と泣き笑い



                        今朝8時過ぎの空。

                        青の空に浮かぶ白の月。

                        夜空に浮かぶ月とは

                        また違った表情を浮かべるこの月も

                        たまらなく好き。

ChouChou20180902.jpg
Today's my Rose

                        同じ時間頃のこの薔薇はシュシュ。

                        この美しい姿を見るたびに

                        穏やかな天気が続いてくれることを

                        ただ願ってしまうのだけれど

                        またまたひたひたと、台風の足音が聞こえてくる・・・(ため息)

mari20180902.jpg

                        さて、今日の本題はこちらでした。

                        この表紙だけで判断し、

                        食わず嫌いならぬ読まず嫌いをして

                        危うくうっかりスルーしそうだったけれど

                        読んで良かった。

                        出会えて良かった。

                        今まで何冊も王妃に関する本は読んだけれど

                        中には私の読解力では、難しすぎて

                        途中で放り投げた本もありましたっけ・・・。

                        でもこちらは、最初から最後まで

                        息継ぎさえ忘れる勢いで読み終えました。

                        私が読んだ本の中で、こんなにも

                        『泣き笑い』した物語は他に無いように思う。

                        悲しいのに、やるせないのに、悔しいのに、苦しいのに、

                        なぜか笑ってしまうのだった。

                        『読んでいる』と言うより、王妃が時空を越えてやってきて

                        眼の前で話してくれる・・・そんな感じ。

                        本棚の中にまたかけがえのない友人が増えました。

                        王妃を『友人』なんて軽々しく

                        呼んではいけないことはさて置いて。


                                               
                                               
思いがけないモーニングムーンの出現と
愛らしい咲き姿に撮らずにはいられなかった
庭の薔薇により、タイトルが重複しました。
ご覧いただきありがとうございます                        

2018.08.30

category: 日々

暴れん坊の涙

Today's my Rose
窓越しのフェリシア


                          空を走る稲光と雷鳴に

                          思わず身をすくめる。

                          ついさっきから激しく降り始めた雨に、

                          (またなの?あなたときたら間髪入れず・・・
                          全く、ほんとに、穏やかじゃないのね?)

                          ついついクレームをつけたくなる。

                          幾つもの台風、集中的に降る強い雨、

                          信じたくないほどの高温、

                          この夏は、本当に暴れん坊だった。

                          スマホやパソコンで、雨雲レーダー及び

                          河川ライブカメラをチェックすることが

                          もうすっかり癖にもなった。

                          せめて心を柔らかく撫でてくれるような

                          もう少し淑やかな降り方をしてほしいものだけれど・・・。

rui20180830.jpg
Today's Rui

                          「去りゆく夏の涙かしらね?」

                          私はルイに言う。

                          「それにしても君は、雷の轟きが
                          ダイレクトに伝わるそんな窓際で怖くはないの?」

                          続けて聞く。

                          野生本来の本能が雷によって目覚めるのかしら・・・?

                          まさかね・・・笑。







 

ご覧いただきありがとうございます                            
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

大切に大切に味わうようにじっくり読みます。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

koto's memorys

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad