FC2ブログ

2018.11.11

category: 日々

秋と初冬のハーモニー

撮影日:2018/11/10

                        立冬の日も過ぎて、ようやく今

                        咲き始め、コスモス。

Swan20181111a.jpg
撮影日:2018/11/11
                            
                        今日もずいぶん暖かな日だったね?

                        田んぼでお食事中・・・今日の君。

momizi20181111.jpg

                        紅葉は、静かに美しく。

Swan20181111b.jpg

                         スワンファミリー

                         仲睦まじく。

koto20181111.jpg
Photo by my husband
                          
                         ついでに、久しぶりに、私も、仲間に入れて(笑)

                         それぞれの秋、それぞれの冬の

                         まだ、ほんの始まりの今日の日に、

                         共に、ここに、こうして在ることに

                         喜び分かち合えた気がした

                         秋と初冬と、私と君のハーモニー。







ご覧いただきありがとうございます                            

2018.11.07

category: 日々

冬の気配はやさしく

My Rose

                         立冬。

                         それなのに今日はずいぶん暖かく

                         光りも柔らかで、風もほんの少しだけ。

                         今年の冬の始まりは、とてもやさしい。

                         そのやさしい光に誘われるように、

                         部屋の窓を開けたら風に乗ってふわりと

                         入ってきたのは、間違いなく私の薔薇の匂い。

                         外に出てみたら咲いていたのは、イブ・ピアッチェ。

                         この薔薇は、本当に良い香り。

                         カットして寝室に飾ったら、ただの一本なのに

                         部屋中に香りが満ちて、とても幸せな気分に。

morning20191107.jpg

                         深まる秋から冬へ、ここからの季節は

                         なぜかお菓子が作りたくなる。

                         食べてくれる子供たちはそれぞれ独立、自立し、

                         アルコールも甘いものもいけるクチ?の夫は

                         今週末まで出張だというのに、

                         けっこうな量を焼いてしまった。

                         その結果の今日の朝ごはん(笑)

                            



ご覧いただきありがとうございます

2018.10.31

category: 日々

彼女の想いに似た質感

20181031strawberryice
Today's my Rose
*ストロベリーアイス*

                             
                      土曜日から降り始めた雨は

                      今日になってもまだ降り続いている。

                      雨は、水。

                      水は、潤い。

                      水は、どの生きものにとっても

                      生きるのに必要不可欠な大切なもの。

                      でも、こうも続かれると

                      うんざりしてしまうのもまた確かなこと。

                      今日はまだ時折、雲の切れ間から日の光りが降ってくるにしても・・・。

                      ある本によると、梅雨は、夏の始まる前だけではなく

                      秋にもあるのだそう。

                      そう言えば『秋の長雨』とはよく聞く言葉。

                      雨に閉じ込められた部屋の中から

                      見るともなしに外を見ていたら
                        
                      大好きな物語の一小節を思い出した。

                      『雨は、もう四日も降りつづいている。
                      目がさめて寝室がうす暗く、水音がきこえるとぐったりしてしまう。
                      雨は好きじゃない。昼間こうして部屋のなかで本を読んでいても
                      膝の裏に触れるソファの質感が水を含んでいるし
                      頁をめくるたびに湿った紙の匂いがする。
                      図書館の本はとくにそうだ。ギンズブルグの乾いた文体さえも』

                      一部諳んじているほどにもう何度も読み、とても愛している物語だ。

                      その物語の主人公の彼女に似た気持ちにもなれるのなら

                      雨続きもまたいいものなのかもしれない。


                                                『』内の本。
                                         江國香織著*冷静と情熱のあいだ*





ご覧いただきありがとうございます                        

2018.10.30

category: 日々

窓の外に君の・・・

My Rose
*シュシュ*
今シーズン最後の花。

                         (嫌な降り方だ)

                         小さな明かりの灯る寝室、

                         窓の外に聞こえる雨音に次第に心がざわついてゆく。

                         この降り方は、8月のあの日の、狂気じみたあの降り方に、

                         川の水を否応なしに溢れさせたあの雨に

                         とてもよく似ている・・・そう思ったのは、

                         おそらく私だけではないはず。

                         同じ雨音の夜に沈むこの街の中で。

                         不意に、彼らの姿が頭をよぎる。

                         降りしきる雨の中、あの川にいるはずの彼らの姿が・・・。

                         昨夜から読み始めたクレア・キップスの

                         『ある小さなスズメの記録』の中の

                         『私は野生の鳥は基本的に野にあるべきだと思っている』

                         その一文に深く頷きながらも、気がかりでたまらないのだ。

                         明けて朝、上がった雨とバトンタッチしたかのように

                         彼らの鳴き声が聞こえる。

                         「僕らを見くびらないで。僕らは長い旅路を
                         照る日も激しい風雨の中もひたすらこの翼を
                         動かし続けてここにこうしてやってきたんだ」

                         窓の向こう、力強くはためく翼がそう物語っている。

Rui20181030.jpg
Today's Rui  
                         こちらは愛すべき我が家の小鳥。

                         ルイは雨を知らない、吹く風に乗る翼を知らない。

                         それでも、

                         それぞれの生き様、それぞれの役割

                         どちらも尊く、どちらも大事。                          

                            

                            

                            

                            

ご覧いただきありがとうございます                            

2018.10.29

category: 日々

冬の合図

撮影日:2018/10/28
                             
                        週末を待っていたかのように降り始めた雨は

                        今朝になっても降り続いている。

                        雨ばかりか風も強く、時折雷まで鳴る始末。

                        この街は元々、風の強い場所だから

                        今さら驚くことでもないのだけれど・・・。

                        それは、仙台から越してきたママ友が
 
                        「台風なの?」そう言ってびっくりしたほどだ。

                        吹く風と降る雨は、先日までの秋晴れの暖かさが

                        嘘であったみたいに、気温をどんどん下げ始めている。

                        堪え切れずヒーターをつけた部屋の中は

                        もう一挙に冬の匂いだ。

                        (いよいよ冬が来るのだ)

                        私はそう思い、静かに覚悟を決める。

                        だってここは、ここからが長いのだもの。

                        暖かいより、暑いより、寒い方が断然長い。

                        でも・・・

Swan20181028.jpg
Love Swan
昨日のこと。
                        
                      この地を越冬場所に選んだ彼らは
                  
                      この場所の厳しい冬を難なく乗り越えるだろう。

                      同じ日本でも、もう少し暖かな西の方や、

                      太平洋側もあるというのに。

                      (あの子たちがいるから寒い冬も楽しい、平気)

                      私はその姿に、こうしていつだって励まされるのだ。

                          



ご覧いただきありがとうございます                          
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

夫はカメラにはほぼ興味が無く、SNSもやっていません。 SNSやらないは、ある意味健やかだな・・・と正直思ったりします(笑)

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad