FC2ブログ

2020.07.11

category: 日々

慕わしい翼

Rain...rain...Rain
今僕の窓の向こうに見えるもの
Today's Rui


                       強い雨が降ったり、風が強く吹き続けたりすると

                       決まってあの子たちのことが気になります。

                       それは、鳥たちのこと。

                       たとえば、それは、タヌキやキツネのことではなくて。

                       この荒れた自然の中、夜のことならなおさら、

                       あの子たちは、どこで、雨や風をやり過ごしているのだろう。

                       たいていが木の枝の上だろうし、葉っぱが屋根代わりだろうし

                       仲間と身を寄せ合っているのだろうけれど・・・。

                       明けて翌日、何事もなかったように、いつものように

                       にぎやかに囀り飛んでくると、ほっとします。

                       「僕らは逞しき野生なのですよ?心配ご無用」

                       ごもっとも・・・これは失礼しました。

                       にわか鳥母さんは、心配性でしたね(笑)

tubasanotoki.jpg

                       さて、また素敵な本を見つけました。
      
                       東逸子さんの『翼の時間(とき)』

                       絵本なのですが、文字数は極めて少ないです。

                       お父さんに連れられて図書館へ行った少年・・・

                       その後・・・夢かうつつか幻か・・・

                       神秘的で幻想的な世界が広がります。

                       絵から得られるイマジネーションは

                       受け取り手である読者それぞれに委ねられています。

tubasanotoki2.jpg
                   
                       私はというと、
                       
                       (物語の中に入り込むことを絵にしたら
                       こういうことなのかも)と思ったり

                       (内側に広がる自分の世界は
                       こんなふうに自由に創造できるのだ)と思ったりしました。

Rui2.jpg

                       もう一冊は

                       アリソン・アトリー『グレイ・ラビットのおはなし』

                       最近、こんな本ばかり読んでいます。

                       それはたとえば、人間さま(?)の恋や人生を語ったものではなく。

                       もちろん恋のお話も素敵なのですが・・・ね・・・笑。

chokocosumo.jpg

                       ついでにもう一枚。
                       
                       昨日『ちょっとだけ・・・』に記した

                       チョコレートコスモスです。

                       それを名は語る・・・チョコのような香りが本当にするんですよ。

  




                     

ご覧いただきありがとうございます                       

2020.07.07

category: 日々

天の川ブルー

orihime tea

                      七月七日

                      今日は『七夕』ですね。

                      先週末、用事があって入ったお店にて

                      『織姫』と名のついたお茶と目が合いました。

                      見れば、地元にあるフレーバーティー専門店

                      『プティポアン』さんのものでした。

                      七月七日に二日前

                      この引き合わされたような偶然に感謝し

                      ご覧のように迷わずお連れしました。

                      織姫さまを(笑)

orihime2.jpg

                      青の色にライチの香り

                      お味は緑茶・・・

                      神秘の気配に包まれます。

                      さて・・・

orihime3.jpg

                      織姫さま・・・彦星さま

                      今宵、ふたりは逢えるでしょうか・・・?

                      地上では雨が降っており、空は雲に覆われています。

                      でも、ここから見える景色がたとえ曇っていても

                      きっと天空では、ふたりを祝福するかのように

                      星々が煌めき、銀河は輝きに満ちていることでしょう。

                      それに、なんと言っても、ふたりを見守リ繋ぐ

                      はくちょう座のデネブがいます。
                      (夏の大三角形)

                      笹の葉さらさら・・・今年の私は天の川ブルーに願い事。











ご覧いただきありがとうございます                      

2020.07.06

category: 日々

月の夜の散歩道

Love Swan
2020/1

                      時知らせる満月の夜、22時を回る頃、

                      夫とふたりで月まで散歩に出かけました。

                      あいにく、雲の多い夜ではありましたが

                      雲の切れ間に間に降りてくる月明かりで

                      道は十二分に照らされていました。

                      はて?月へは何で行ったのか?

                      もしや、あの子たちと同じ翼をはためかせて?

                      いいえ、まさか、私どもは哀しき人間

                      あいにく翼は持ち合わせておりません。

                      もちろんこの心の奥の奥には、

                      見えぬ翼を所有してはいるのですが・・・。

sogan.jpg

                      なんのことはない

                      夫と代わりばんこに双眼鏡で月を見たのでした。

                      見る度に

                      「おーーー」だの「わーーー」だの

                      思わず感嘆の声が漏れました(笑)

                      クレーターもはっきり見えて、

                      月は静かな迫力に満ちていました。

                      一方で『月は見ない方がいい』という言葉も目にします。
                      (詳細な理由は省きます)
                        
                      またその一方で、

                      『月光を浴びると女性は綺麗になる』という言葉も。

                      どちらにせよ、

                      月には測り知れない神秘的な力が備わっているようです。

                      「ずっと見てるとクラクラしてくるわー」

                      「やばい・・・まだ見てたいけどこのままじゃとりつかれたように
                      沈むまで延々と見ていそうな気がする」

                      昨夜双眼鏡から我が身を引き剥がしたそれぞれの理由です(笑)

                        







ご覧いただきありがとうございます                        

2020.06.25

category: 日々

縫うこと・・・着ること・・・気づくこと

My closet

                       今年は、シャツばかり縫っています。

                       ワンピースとスカートも二枚ずつ縫ったけれど

                       ほとんど着ることがありません。

                       ワンピースもスカートも好きなのだけれど

                       花の世話のある日常では

                       ふわふわしたワンピースやスカートは

                       とても動きづらいのです。

                       それに加えて、このご時世です。

                       着る機会がありません。

                       私にとって、少なくともワンピースは、

                       『お出かけ着』だったんだなと気づきました。

                       ふらっと、どこへでも気楽に

                       出かけられていた頃は、気づきませんでした。

                       ほとんど無意識に着ていました。

                       その点、シャツは便利です。

                       もし急に出かけることになったら

                       ボトムをスカートに穿き替えればいいだけです。

                       でも、シャツを縫って、

                       そのシャツを着る毎日を過ごすことで、

                       シャツの心地良さに気づきました。

                       シンプル、適度な緊張感、流行を追いかけない

                       それに、ひとつの型紙にアレンジを加えることで

                       オリジナルを楽しむこともできます。

Rui20200625.jpg

                       そう言えば、ルイちゃんは毎日同じ色の服(羽毛)です。

                       当たり前ですが(笑)

                       でも、こんなにもかわいく綺麗なのです。

                       (なんで僕は毎日同じ色の羽毛なんだ)と

                       思う概念すらありません。

                       おそらくですが(笑)

                       人間の私は、何かと忙しなく、悩ましいです・・・笑。







ご覧いただきありがとうございます

2020.06.07

category: 日々

部屋に浮かぶ月


                       お月さま充電中

                       ん?

                       なんのこっちゃ?

                       なのことはない・・・

moonlight2.jpg

                    先日、Amazonさんちをウロウロしてましたら

                    「琴美さん、あなた、こんなの好きでしょう?」

                    と、ご紹介された月球ランプです。

                    (そんなことが、しばしばありますよね・・・笑)

                    「いえ、今回はやめときますわ」

                    となることの方が多いですが

                    今回ばかりは、速攻ポチッとしてしまいました(笑)

                    だって月ですよ?

                    大好きな月・・・ロマンティックです(笑)

                    『一番きれいな月球図面より3Dプリント造形技術を利用して
                    月球模様を写してから3Dプリンタで印刷します』だそう。

                    商品説明より。

                    折しも昨夜は、6月の満月『ストロベリームーン』

                    夜空に、そして、部屋の中に、ふたつの満月。

                    幸せな夜となりました。

                      







ご覧いただきありがとうございます                       
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.