2018.07.16

category: 日々

例えば一瞬、物語の中

My Rose
今朝のクリスティアーナ

                          
                        時々人生が物語じみる。

                        それは一瞬のことではあるけれども

                        確かにドラマのワンシーンじみるのだ。

                        いつものルーティンワーク、二階で洗濯物を

                        干している私の耳に届いた、お隣のピアノの音。

                        日常は大奥様ひとりで暮らしているそのお宅から

                        ピアノの音が聞こえてくる時は、お孫さんたち、

                        お嬢さんやそのお子さんたちが帰省してきているのだ。

                        クラシック、ジブリ・・・それまでもいろいろな曲を

                        窓越しに聴かせてもらったけれど、

                        今朝は思わず洗濯物を干す手を止めて

                        窓越しに移動し、聴き入ってしまった。

                        それは、大好きなひとの、大好きな曲。

                        『愛を止めないで そこから逃げないで』

                        頬杖つきながら、胸潤む・・・

                        やはり人生は、時々こうして物語じみるのだ。


                                           
                                           Now,I'm listening to K Oda's Song
                                                *愛を止めないで*
                                              From 『あの日 あの時』

                          




ご覧いただきありがとうございます

2018.07.09

category: 日々

紫陽花の森

Hydrangea20180708a.jpg
撮影日:2018/7/8

      
                         見上げるこの空、曇り色。

                         今にも降り出しそうな空の色。

                         紫陽花咲く森の中

                         足を踏み入れた途端

                         静かな気配に包まれる。

Hydrangea20180708d.jpg

                         紫陽花という花は不思議な花。

                         そこにたくさん咲いていても

                         決してにぎやかな雰囲気を醸し出しはせず

                         辺りは、静寂の色を深めるばかり。

koto hy20180708a
Photo by my husband

                         もうひとつ・・・

                         紫陽花は、私にとっては母偲ぶ花。

                         決まって彼女を思い出す。

                         紫陽花がとても好きだった。

                         だからほんの、ほんの少しだけ、

                         紫陽花を見ると悲しくなる。

                         でも、花にまつわって思い出してもらえることは

                         女性にとって幸せなことかも・・・そうも思う。

Hydrangea20190708b.jpg

                          薄いグレー色の空から

                          ついに雨粒が落ちてきた時、

                          (紫陽花は雨も似合うから・・・)

                          と、いつもなら思うのだけれど

                          この度は、素直にそう思えない私がいる。

Hydrangea20180708c.jpg

                          同じ雨・・・同じ日本の空の下・・・。

                          どうか一日も早く、

                          通常の生活に戻られますように・・・。

                          心よりお見舞い申し上げます。








ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                             

2018.07.01

category: 日々

海の上のプリンセス

1diamond princess

                          寄港した豪華客船

                          『ダイヤモンド・プリンセス』

                          風格漂う堂々とした佇まいに

                          ただただ見惚れるばかり。

daiamond koto2
Photo by my husband
                          飛行機でビューンと

                          ひとっ飛びする旅もいいけれど

                          あちらこちらの港に寄りながらの

                          船旅も素敵だろうな・・・。

koto daiamondo2

                          しばし、脳内旅行・・・笑。

Diamondo.jpg

                        対岸に渡って別角度から撮影。

                        たくさんの客室。

                        いったい何人の人の人生を乗せて、

                        物語を紡ぎながら海上をゆくのだろう・・・。

                        今日は空色も味方して、

                        ただでさえ素敵なものが尚のこと

                        映え輝く風景になった。








ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村

2018.06.26

category: 日々

フットワークとかごバッグ

カゴバッグ

                        空気も日差しも、どんどん夏色になってきて

                        そんな夏の気配に気を急かされるように

                        棚の上から降ろしてきたかごバッグ。

                        写真を撮るのも、海でも、山でも、

                        ごく日常のあらゆるシーンでも、持ち物は

                        両手が自由になるリュックサックの方が

                        本当は都合良いのだけれど、

                        この時期は、やはりかごバッグがいい。

                        フットワークはやや重めになるけれど、

                        その分、夏の軽やかさが味方してくれるから平気。









ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村

2018.06.22

category: 日々

月の浮かぶ夜に・・・

Blue Moonwed

                       唐突だけれど、家事には果てがない。

                       買い物やら、食事の支度やら、掃除やら、

                       洗濯やら、各種振り込み作業やら、

                       そう、言うまでもなくそんな事だ。

                       でもそれらの事は、私は決して嫌いではなく、

                       むしろ自分には合っている、

                       そう思ってやってきたのだけれど、

                       洗濯物を干しながら、食器を洗いながら、

                       (これって、一生続くんだな・・・)

                       最近の私は時々、そんなことを考えてしまうのだ。

                       子供が家にいた時は、そんなことは思い浮かべもしなかった。

                       こんなことは、子供が二人とも家を出て行ってからだ。

                       私の家事が、どれほどの無償の愛の賜物だったか

                       私はここにきて、思い知らされていることになる。

                       もちろん、夫に対する愛情が無いわけではないのだけれども・・・。

                       何しろ、愛の質が違うのだ。

                       そんなことを止めどなく考えつつ、食器を洗い終え、

                       二階の寝室に行ったら、窓の向こうの夜空に浮かぶ

                       涼しげなお月さまと、目が合った。

                       お向かいの屋根を艶やかな光で照らしてる。

                       (ああ・・・きれい。物語の中、絵本の中みたい)

                       心の中、呟く。

                       そう、こうして月明かりを見ている私もまた、

                       この物語の住人だ。

                        (そう、この人生は悪くない。まるで絵本の中のような、
                         メルヘンでロマンチックな物語じゃないの?)

                       センチメンタルに傾きかけていた気持ちは、

                       こうして次第に、月浮かぶ夜空の中に溶けてゆく・・・


                                                 Photo:My Rose
                                                 *Blue Moon*

        




  

                
お読みいただきありがとうございます

にほんブログ村                      
プロフィール

琴美

Author:琴美
何気ない日々と心の中に降りてくる
宝石のような言葉を大切に綴りたい。

心の声をちょっとだけ

今日は30℃下回っています。 十分暑いのだけれど30℃切るとずいぶん涼しく感じます。

水に揺らめく想い花

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

Koto_Petite_Foret

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad