FC2ブログ

2020.07.08

category: For little princess

リンクする笑顔

For baby

                     孫娘はよく笑います。

                     楽しくてうれしいから笑うのではなく
                   
                     『笑う』という行為そのものが

                     楽しくてしかたがないみたいに。

                     その笑顔に会えるのは写真越しではあるけれど

                     あの子の笑顔を見ると、私も瞬時に笑顔になってしまいます。

                     そう言えば、私の父方の祖母は、

                     げらげら笑い過ぎると、

                     「そんなに笑い過ぎると後で泣くことになるよ」

                     そんなことを言う人でした。

                     光りがあれば闇があり、善の裏には悪があり、

                     何にでも対照するものがあることは、私も

                     少し大人になった後で、理解することとなりましたが

                     『笑い過ぎると後で泣くことになる』

                     言葉を変えれば

                     『うれしいことがあると後で悲しいことがある』

                     そんな法則、あるわけがない。

                     「お祖母ちゃん?それは間違っているよ?」

                     今ならそう言ってあげれるのですが

                     当然、祖母はもう地上の人ではありません。

                     でも、一方で、祖母は言葉では語れぬほど苦労をしたのだろうから

                     そんな言葉が出るのも仕方がなかったのかも・・・とも思います。

                     なんたって笑顔はリンクするのです。

                     幸せもまた連なってゆくのです。

                     おばあちゃん?そこからちゃんと見てる?
                     貴女の玄孫が証明してくれたでしょ?

                     「○○ちゃん、たくさん笑って、楽しいこといっぱい見つけて
                     めいいっぱい幸せになるのですよ?」

                     新米おばあちゃんの私は、ただただそれだけを願っています。











ご覧いただきありがとうございます                     

2020.07.02

category: For little princess

お日さまぴかぴか・・・お月さまふわりん・・・お星さまキラキラ

Baby Princess
Photo by my daugnter

                       
                       お日さまがのぼって
                       お部屋が明るくなって

                       おっぱい飲んで、また眠って
                       眠って起きたら遊んで、またおっぱい。

                       お月さまがふわりと微笑んだら
                       夜のお空にキラキラするのはたくさんのお星さま。

                       大好きなおとうさんが帰ってきて
                       おとうさんとおふろに入ってまたおっぱい。

                       ちょっとだけ遊んだら、
                       キラキラのお星さまといっしょに夢の中。

                       赤ちゃんの一日は、とてもシンプルです。

                       一日一日をこうしてシンプルに積み重ねて

                       少しずつ大きくなるのだなと改めて思います。

                       明るさだけを取り込んでいるかのような孫娘の

                       その黒々とした瞳を見ていると

                       (苦労なんてしないでね?)

                       そう願います。

                       (苦労とか、悲しみとか、必ず味あわねければ
                       いけないものじゃないんだから)

                       反復するようにそう思います。

                       かつて、小さな我が子にもそう願ったように。

                       (生きるってね?幸せなこと、うれしいこと、
                       それから心地よいこと、それだけで十分なんだよ?)

                       祈りにも似た気持ちで繰り返します。

                       だって、ほんらい、そのためにうまれてきたのだもの。








ご覧いただきありがとうございます
                         

2020.05.29

category: For little princess

小さなお姫さまに・・・


                   子供たちには小学校に上がるまで手作りの服を着せました。

                   必要に迫られてというより、

                   私自身が楽しくて嬉しくてやっていたことでした。

                   なので、着てくれた子供たちには、

                   今でも感謝の思いが絶えません。

                   そこを始まりとして、今では自分の服を縫うことを

                   楽しみのひとつとできているのですから。

                   子供服縫いから卒業して20年ほど経ちました。

                   小さなかわいい服を縫うことはもうないかな・・・

                   と思っていたけれど、あの楽しい日々がまた巡ってきました。

                   娘の子・・・つまり孫に手作りする日がやってきたのです。

                   娘から、作ってほしいとリクエストがあったのでした。

                   うれしかったです。

                   無論ですが、縫ってはあげることになるので

                   私の手元には残せません。

                   なので、記録としてこの場所にも記すことにしました。

                   花びら形のは、スタイ(よだれかけ)です。

                   右側のは、かぼちゃ形のパンツ。

                   花柄の三点セットは、娘が購入し送ってきたリバティで縫った

                   スタイ、ベビーヘアバンド、娘の髪飾りのシュシュ。

                   親子お揃いを楽しみたいそう。

                   赤ちゃんの物はすぐにできるし、布も僅かですむので

                   ほんとに楽しい(笑)

                   

                   







ご覧いただきありがとうございます                   
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.