FC2ブログ

2019.02.23

category: Swan

君待ち・・・月空

Moon and Swan
This morning the sky moon and swan

                           
                         背中に当たる、陽の光が

                         ずいぶん暖かい。

                         (もう春だ。
                         また少し、冬が戻ってくる日はあっても)

                         そう思いながら、いつもの道を歩く。

Swan20190223a.jpg

                         とても楽しい冬だった。

                         自分の気持ちに正直に、

                         ただただ大好きなものを、

                         夢中になって追い続け、写真に収めた。

                         まるで、宝物を、隠し集める

                         子供の頃に戻ったみたいに。

                         風邪もひかなかった。

                         いつもなら、少なくとも一度、

                         まるで約束したみたいに、ひくのに・・・

                         それは今年の冬が、雪も少なく、

                         極端に寒い日が、少なかったからにしても。

Swan20190223b.jpg

                        大きな隊列。

                        自分が戻るべき方角を、見据える、眼と目と眼。

                        (帰るんだね・・・)そう、思ったとたん、涙がこぼれる。

                        (朝っぱらから泣きながら散歩する人ってどうなの?)

                        自分につっこみを入れながら、空を見上げる。

kinari1.jpg

                        「僕、私、がいるじゃん」

                        あ・・・きなりちゃん。

                        そうだ、君がいた。

                        君は、ずっとここに居るものね。

                        「ところで、パンとか持ってない?」

                        「ごめんね?今日は持ってないんだ」

kinari2.jpg

                        私が、手ぶらなのを確認したとたん

                        泳いで、向こうへ行ってしまった(笑)

                        こんなあっさりした関係が、いいね?(笑)

                        センチな気持ちを、少し引きずりながら、

                        午後からは、神様の元、神社へ、お参りに・・・

ume20190223.jpg

                        わ・・・咲いてる。

                        梅の花。

                        かわいい春告げの花に、心ときめく。

                        季節は、こうして、確実に移ろってゆく。
             
                        帰る道すがら、平野を見やったら・・・

swan20190223c.jpg

                        あ・・・いる。

                        いっせいに帰らないでくれてありがとう。

                        (お願いよ?できることなら
                        フェードアウトな感じにしてほしい)

                        これは、もちろん、私の勝手な言い草・・・笑。

                          




ご覧いただきありがとうございます

2019.02.19

category: Swan

雨水の空・・・旅立ちの気配

This moring
Love Swan

                       今日から雨水。

                       雪が雨へと変わり、氷が解けだすころ。

                       白鳥たちは、そろそろ、故郷へ帰る心づもりと

                       長い旅路への覚悟の気持ちを、整えていることだろう。

Swan20190219b.jpg

                       そんなことを思いながら

                       空を見上げ続けていたら、

                       たまらなく寂しく、切なくなって、

                       泣きたくなってしまった私の中に、

                       今日、繰り返し浮かんだ歌は・・・

Swa20190219c.jpg

                       Thank you for your kindness
                       Thank you for your tenderness
                       Thank you for your smile
                       Thank you for your love
                       Thank you for your everything
                             いつものようにさり気なく
                             さよならのかわりに・・・さよならのかわりに

                       山口百恵さんの『さよならのむこう側』だった。

                       楽しい冬を、本当にありがとう。

                       でも、あと少し、もう少しだけ、いっしょにいれるね。







ご覧いただきありがとうございます

2019.02.16

category: Swan

君までの距離

*今朝空*

                      高価な宝石は、ひとつも持っていない。

                      一流と言われるブランド物には、もはや興味が無い。

                      社会的に、何かを成し遂げたこともないし、

                      ここで、ただ静かに、ひっそりと生きている(つもり)

                      そう・・・・・

                      私には、自慢できるものは、何もない。

                      無論、私個人ということに於いてだけれど。

                      でも・・・

Swan20190216b.jpg
今朝、自宅上空にて。

                       君までの距離、徒歩数歩。

Swan20190216a.jpg


                       君までの距離、徒歩230歩。

                       これだけは、自慢・・・?

                       いえ、決して、そうではなくて・・・

                       むしろ、内緒にしたい宝物。







ご覧いただきありがとうございます

2019.02.13

category: Swan

君と分け合うもの

Today...
Love Swan

                      早い子は、10月の半ばから、

                      そして、ゆっくりな子たちは、3月の中頃まで

                      1年の中の5ヶ月を・・・

                      『つや姫』『はえぬき』『雪若丸』

                      彼らの日々の命を、つないだもの。

                      来る日も、来る日も、平野に向って

                      田んぼの落ち穂を、拾い続けた。

                      君の体の半分は、間違いなく、ここのお米で、できている。

                      私が一番好きなのは、『つや姫』で、

                      今までいちばん食べたのは『はえぬき』で

                      昨年デビューした『雪若丸』も

                      なかなかどうして、おいしくて。

                      こうして、私の体のほとんども、ここのお米でできている。

                      知らないうちに、君と分け合って、

                      気づかぬうちに、君と私は、

                      きっと、同じものでできている。

Swan20190213b.jpg

                      見てくれた。

SWan20190213c.jpg

                      この子も見てくれた。

                      すぐ近く・・・警戒している素振りも見せず

                      私は、とってもうれしいけれど、

                      (人間を信じ過ぎたらだめよ?いろんな人がいるからね?)

                      それもまた、本音。

Swan20190213d.jpg

                       ナイスポーズ。

                       ♪今 君は素敵だよ~♪

                       胸の内で、思わず、口ずさむ(笑)

Swan20190213e.jpg

                       チーム幼鳥さん。

                       シベリアに戻っても、ここのこと忘れないでよ?

                       そうして、またここに来てね?

                       旅立ちまで、あと少し、それまでの日々も、

                       思い出、分け合えたらいいな・・・。


                                        ♪~♪の歌
                                      『YES-YES-YES』
                                        小田和正san





ご覧いただきありがとうございます

2019.02.11

category: Swan

言葉使わずして語ること

Today...
Love Swan

                         
                        今、ここに生きるということも、

                        身を置いた場所で輝くということも、

                        そして、この場所が、

                        どれほど美しい自然に、恵まれているのかということも

                        すべて教え諭してくれたのは、君だった。

SWa20190211b.jpg

                        何年ここに暮らしても気づかなかった、

                        或いは、気づかぬふりをし続け、

                        ここではない他の場所に、説明のできる理由など

                        何ひとつ無く、憧れ続けたこの私に・・・。









ご覧いただきありがとうございます
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

そろそろと庭の薔薇たちも動き出しています。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad