FC2ブログ

2018.10.18

category: Swan

君舞いの空

Love Swan
                          ニ階の寝室の窓から、今朝の空。

                          (また夜通し飛んできたの?)

                          想像するだけでじんわり・・・笑。

Swan20181018c.jpg

                          こちらのチームは

                          部屋の真上近くを飛んでくれたから

                          大きく写せた。

                          足をピーンと真っすぐ揃えて

                          青空に白が映えてきれい。

Swan20181018a.jpg
 
                        美しいVの字飛行。 

                        空気の抵抗を下げて飛ぶ省エネ飛行。

                        先頭を飛ぶ子は負荷が大きく疲労も強いので

                        交代しながら飛んでいるのだとか。
                                           (ネット調べ)

                        もう、本当に頭が下がって、感動以外のなにものでもない(泣笑)

                        私も、ちゃんとちゃんと自分を生きなくちゃ。

                        今朝も素敵な空景をありがとう。

                                                        



ご覧いただきありがとうございます

2018.10.14

category: Swan

その空は恋の色

Love Swan

                       家にいても聞こえてくる彼らの鳴き声。

                       鳴き声がする度、ブラインド越しに

                       空を見上げ、そわそわそわそわ。

                       (もう!!行ってみよう)

                       矢も楯もたまらず、母なる川へ。

夕景

                      (今日は秋晴れ、夕空もさぞかしきれいだろう)

                      そう思ったとおり、見上げれば美しの空の色。

                      ピンク、紫、オレンジ色・・・

                      自然の織り成す色は、本当にお見事。

                      きれいで癒されて、幸せな気持ちになる。

Swan20181013b.jpg

                     子供二人とも自立して家を出て、

                     娘夫婦は転勤族だし、息子もおそらく地元には戻らないだろう。

                     だから、住む場所をここにこだわる必要はないのでは・・・?

                     これからもっと年齢が重なってゆけば、雪の積もらない

                     住みやすい場所で暮らすのもいいのかも・・・

                     最近そう思うことがよくあるけれど、

                     こうして白鳥たちが飛来してくるたびに、

                     (やっぱりここがいい、この子たちがやってくるここがいい)

                     そう思い直す。

                     でも、例えば、この街が白鳥飛来地でなかったとしても

                     実際そう簡単には、ここを離れることはできないのだろうけれど・・・。

                     とにもかくにも白鳥が好き。

                     偉いな、こうして毎年やってくるのだもの。

                     今日も頭上には飛びゆく彼らの姿。

                     今年も来年の春までいっしょにいられる・・・本当にうれしい。


                                               撮影日:2018/10/13

                        




ご覧いただきありがとうございます                        

2018.10.09

category: Swan

夜空に歌う声

Love Swan
                       
                       今夜、テレビ大好きな夫は出張中だ。

                       テレビを見たくない私は、これ幸いと

                       お気に入りの録画番組をBGM代わりに、

                       ぼんやりネットの中をさ迷い歩いていた。

                       時計の針は21時を回り始めている。

                       (そろそろお風呂に入って上に行って本でも読もう・・・)

                       そう思ったその時、

                       コウ、コウ、コウ・・・不意に耳に届くあの声は・・・

                       そう、間違いない彼らの声だ。

                       思わず外に飛び出し、夜空を見上げるけれど

                       あの真白な姿は確認できない。

                       でも確かにあの鳴き声は聞こえる。

                       来たんだ・・・涙(笑)

                       だって、あの遠いシベリアからだよ?

                       日数にしてその飛行距離一ヶ月だとか?

                       所々で休憩しながらだとか?

                       星の位置が地図の代わりで、

                       意思を持ってこの街のこの川を目指してくるのよ・・・?

                       感激感動しないわけにはいかないでしょう・・・・?

                       私は私に、今さらのように言い聞かせる。

                       来てくれたんだ・・・いらっしゃい、ようこそ。

                       いや、お帰りなさい。だね・・・?

                       ここはあなた達の第二の故郷だもの・・・

                       私は夜空に向って心の中、そうつぶやく。

  


本日、二度目の更新になりました。
ご覧いただきありがとうございます                     

2018.10.04

category: Swan

空にときめく

Love Swan
撮影:2018/1

                         (来たんだ・・・?今年も。)

                         うれしくて・・・愛おしくて・・・思わず涙。

                         『今朝、白鳥の第一陣六羽の飛来が確認されました』

                         夕方のニュースを読み上げるキャスターがそう告げ

                         川の中州で羽根を休める白鳥の姿が映し出される。

Swan20181002b.jpg

                         自らの野性的使命を何ら疑うこともせず

                         長い長い旅路を、こうして彼らはやってくる。

                         当然だけれど、何も持たずに、何ひとつ所有もせずに。

                         どうかこの秋も冬もできる限り

                         穏やかな日々が続きますよう・・・。

Swan20181002c.jpg

                         終わることなき反省の心と・・・
                         (自然を敬い大切にしなくては。)

                         祈りと願いと愛を込めて・・・。

                         またこうして会えてうれしい。

                         もう・・・本当にうれしい。

                            

                            

ご覧いただきありがとうございます                            

2018.09.19

category: Swan

君と君をめぐる朝

撮影日:2018/9/19
 
                       時計の針が6時半を回ったばかりの頃、

                       朝からカメラを持っていそいそと出かけたのは

                       夫がお弁当のいらない早出だったから。

                       あとは、朝日を浴びるコスモスが

                       さぞやきれいに写真に写ってくれるだろう・・・

                       そんなことを思ったから。

                       でも、そんな目論見はあっけなく外れて

                       今朝は何度シャッターを切っても

                       イメージどおりに撮れやしない。

                       そんな時はあきらめ肝心、

                       気持ちを切り替えて、上流側へ行ってみる。

kamo20180919.jpg

                      『二兎追うものは一兎をも得ず』

                       (ああ、そうか・・・このためにコスモスが
                         上手く撮れなかったのかも・・・)

                      自分の技術力の無さを棚上げして都合よく解釈(笑)

                      でも本当に、こんなシーン滅多に撮れないのだ。

                      カモさんは、だいたいにおいて慎重で、臆病で、

                      少しでも人の気配がすると飛び去ってしまうし、

                      何といってもこの丘上がり、少なくとも私は初めて見た。

                      それに・・・

Swan20180919a.jpg

                       お久しぶりのきなりちゃん。
                       (やさしい生成り色のイメージで勝手に命名・・・笑)

                       元気そうで良かった。

                       二度の増水、高温の日々、これでもかと次々やってきた台風。

                       過酷だった夏を、君はここで乗り越えた。

                       本当に偉かったね・・・。

Swan20180919b.jpg

                      9月ももう半ば・・・

                      10月にもなれば君の仲間の第一陣が

                      この場所に降り立つはず。

Swan20180919c.jpg
 
                       仲間たちは、君を思い出してくれるだろうか・・・

Swan20180919e.jpg

                       君は、うまくその輪の中に入れるだろうか・・・

                       お母さんはそれが気がかりです(母鳥気取り・・・笑)

Swan20180919d.jpg
 
                       でも、すべて自然の摂理・・・

                       自然の行く末・・・そう、あるがまま。 

                       私も謙虚な気持ちを忘れずに

                       君をここで静かに見守っていこう。                       

                          

                          



ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                         
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

今日はずいぶん暖かい日でした。薔薇たちの土替えをさくさくっとすませました。 (本当は少しゼーゼー気味でしたが・・笑)

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad