2017.02.20

category: ルイ

君の瞳のスクリーンに映るもの



                         なんでもない普通の日

                         私はここから、この部屋で、小鳥である君と

                         一羽とひとりで夕暮れを見ている。

                         確かに君は、言葉を持たぬ

                         小さな鳥なのだけれど

                         中身である魂は、私達人間と

                         少しも変わらぬものを持っているのでは・・・?

                         ある日、ふと、そう思ったりもする。

                         そう、君は今生、たまたま鳥に生まれてきただけのことで・・・

Rui2.jpg

                         だって、この小さな瞳は

                         驚くほどにたくさんのことを語るのだ。

                         寂しい・・・楽しい・・・機嫌が悪いよ・・・

                         かまわないで・・・ねえ、遊ぼうよ。

                         君の気持がその瞳のスクリーンに

                         次々映しだされるのを決して見逃すまいと

                         私はこうして、今日も君を見ている。

                         この部屋で、いつものように

                         君と夕暮れを待ちながら。

Rui1.jpg

                         何はともあれ・・・ルイ?

                         長く、薄暗く、寒い冬もじきに終わりを告げるはず。

                         春は、私の上にも、そして、君の上にも

                         いずれ舞い降りる。

                         愉快で、うれしくて、幸せで

                         そしてロマンチックな人生にしよう・・・

                         お互いにそんな生涯であるように

                         日々を大切に育てよう。

                         ね・・・?ルイ?

                         この春からも。

                       

                         





いつもお立ち寄りいただきありがとうございます                         

2017.01.18

category: ルイ

その時、天使の歌う声が聞こえた

Rui 20170118b

                          君を見ていると、心穏やかになる。

                          自分が自分であることを

                          疑いもせず

                          或いは、他の何者かになることを

                          おそらく望むこともせず

                          日々をシンプルに生きる君の存在は

                          安らかさと生きることへの慈愛に満ちている。

                          その黒々としたピュアな瞳には

                          この世の美しいものしか映っておらず

                          そのかわいらしい嘴は

                          陽気で幸せな歌しか奏でない。

Rui 20170118a

                          この世界には、間違いなく

                          天使も、そして、妖精もいるのだ。

                          この眼にその姿は見えなくても。

                          そう信じられるのは、或いは、信じたいと願うのは

                          君のその美しい魂が

                          常に私に、寄り添ってくれているからかもしれない。

   








いつもありがとうございます                       

にほんブログ村

2017.01.05

category: ルイ

日常・・・君と私の場合


最近はピンチハンガーに
止まるのがお気に入り。

                   


                         今日からまた日常。

                         この子と私・・・一羽とひとりの。

                         家族が長い休みで家にいる時は

                         もちろんうれしくて楽しいのだけれど

                         四六時中、ご飯のことを考えなくてはならないから

                         少し疲れてしまうのもまた事実(笑)

                         それにしても小鳥の鳴く声には

                         なぜこんなにも癒されるのだろう。

                         今、私のそばのルイの鳴く声・・・。

                         リラクゼーション音楽のCDを、いくつか持っているけれど

                         その中にも必ず小鳥たちのさえずりが入っている。

                         体を休めて、心のメンテナンスをして

                         新たなる活動に備えよう。

  







      


いつもありがとうございます                 

にほんブログ村

2016.12.29

category: ルイ

眼差し



                        ルイは、言葉を話さない。

                        インコは、人の言葉を真似るけれど

                        無論、そんな意味ではなくて。

                        言葉を持たない動物なのだから

                        話せなくて当然なのだけれど。

Rui20161229b.jpg

                        けれど、この小さな瞳には

                        驚くほどの感情の色が表れるのだ。

                        ひとりでお留守番させて帰ってくると

                        (どこ行ってたの?寂しかったよ)

                        そんな目をするし、怒っている時は

                        そんな瞳の色になる。

                        言葉に出さなくても通じる気持ち・・・

                        言葉にできなくても伝わる想い・・・

                        だから、大切な人たちの瞳から

                        目を逸らさずにいなくては。

                        ルイがそのピュアな瞳で

                        改めてそのことに気づかせてくれた。

                        

 







いつもご覧いただきありがとうございます                       

にほんブログ村

2016.12.21

category: ルイ

君の時間・・・私の時間


Our little bird
*Rui*


                        今年もあと10日・・・・・

                        もうやるべきことはなかったかと

                        ついつい焦りにも似た気持ちで過ごしてしまう。

                        日変わり・・・月変わり・・・季節変わり・・・年変わり・・・

                        そして、生きた年が積み重なる。

                        日々繰り返す、地球の営み・・・もしかしたら、それだけの・・・

                        その事実の、この上なくシンプルなこと。

                        私達は、時の流れの早さにいつも驚き

                        時には感傷的にすらなったりもするけれど・・・。

Rui20161221a.jpg

                        ただただ陽気に歌いたくなる朝が来て

                        少し寂しい気持ちがする夜が来る・・・。

                        この子の時間は、そんなふうにとてもシンプルだ。

                        たぶんではあるけれど。

                        なんて健やかなのだろう・・・・・

                        どうしたって、区切りと改まることが必要な私達。

                        流れてゆく時の中、日々を愛しむように

                        とにかく大切に生きていこう。

                        

                        
                        


                        

                        


   応援クリックありがとうございます                     

にほんブログ村
プロフィール

琴美

Author:琴美
私の写真と言葉で綴る
私と私の世界の物語。

ミムラ姉さんのこと

プロフ画像のミムラ姉さんのお人形は 息子に買ってもらったもの。

心の声をちょっとだけ

インコのルイがちょっとだけおしゃべりするようになりました。 なんか惜しい感じのおしゃべりなのですが(笑)

薔薇時計

Blue Rose

カテゴリ

ふわふわふわり・・花・・咲いた

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

Koto-Forest

Instagram

Rui_Forest

インコのルイの成長記録アカウントです

Instagram

ランキングに参加しています。

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

koto's memorys

月別アーカイブ

Welcome❤

ハミング

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad