FC2ブログ

2018.12.15

category: 琴庭

小さな庭の記憶と記録

My Rose
*ピエール・ド・ロンサール*

                       窓の外に、ちらつく雪。

                       空の色は、薄いグレイ。

                       冬の季節に、すっかり取り込まれて

                       過ぎ去った季節の記憶は、もう既に

                       薄らいでしまったようだけれど

                       こうして撮った写真を見返すと、

                       愛おしさと喜びと、幸せな気持ちが

                       ふつふつと蘇ってくる。

aice20181215.jpg

                       ピエール。
                          
                       白のアイスバーグ。

                       あの6月の初夏の日々。

                       こんなにも艶やかな葉を、たっぷりと茂らせて

                       こんなにも美しい花を、幾つも咲かせてくれた。

Angera20181215.jpg

                       アンジェラは、天使という意味だけれど

                       その繊細な名前からは、想像もできぬほど

                       丈夫で強くて、成長力も素晴らしく

                       その伸びっぷりには、驚かされるばかり。

iori20180605.jpg

                       エレガントないおりは、お気に入りの薔薇。

                       その向こうに見える濃いピンクのは

                       いおりの姉、あおい。

                       ふたりは、いつでも隣り合わせに。

riberura20181215.jpg

                        今年迎えたリベルラ。

                        品のある薄紫色と、フリルのような花びらが

                        とても好き。

                        本当にみんな、よくぞここまで育ってくれて

                        健やかによく咲いてくれた。

                        今から来年も、とても楽しみ。






ご覧いただきありがとうございます                          

2018.12.04

category: 琴庭

薔薇が君で・・・君が薔薇で

Today's My Rose
*アミ・ロマンティカ*

                         朝8時回り、薄曇りの空の下

                         薔薇たちを見回りながら

                         君を、待つ。

Swan20181204a.jpg

                       ずっと好きだったし、ずっとこんなふうに、彼らは

                       頭上の空を、世代を交代しながら通っていたのだろうけれど、

                       子育てに夢中で、必死で、眼の前の子供たちに目が釘付けで・・・

                       そんなあの頃は、自分だけの目線で

                       空を見上げることは、ほぼ無いに等しかったなと、今思う。

                       「ほら?白鳥さん飛んでるよ?」と子供たちに言うことはあっても。

                       あの頃は、自分の大好きなものは、

                       すべて心の引き出しに仕舞っていたのかもしれない。

                       「もういいかい?」「まあだだよ」

                       「もういいかい?」「もういいよ」 

                       そう、もういいよ・・・

                       今は、仕舞っていたものを遠慮なく全部出し(笑)
 
misute20181204.jpg
*ミステリューズ*  
                       今は、迎えた薔薇も、ほぼ枯れることなく

                       育ってくれている。

                       子育ての最中は、比較的丈夫だと言われる花も

                       次々枯らしてしまって、私はガーデニングには

                       向かないのだと、諦め落ち込んだものだけれど。

Swan20181204b.jpg
 
                       人には、それぞれに、その時に見合ったものの

                       時期があるのかもしれない。

                       だから、こうして今は、

                       (家の上を飛んでゆくなんてすごいな、うれしいな)と

                       たった今頃気がついたように、日々、喜びを噛みしめるばかり。

erenu20181204.jpg
*エレーヌ・ジュグラリス*
                       大好きなもの、大切なもの、大好きな人たち。

                       与えて頂けたもの、見つけたもの。

                       大切に、慈しんで、愛しんで・・・これからも。







ご覧いただきありがとうございます                                             

2018.12.01

category: 琴庭

冬の役割・・・冬の意味

My Rose
*アミ・ロマンティカ*

                          初秋が過ぎて、秋が深まっても、

                          今年は、いつまでも暖かくて

                          薔薇たちも、まだ咲かせる気満々。

Rainy Blue20181201
*レイニーブルー*
                       
                          でも、今日からは12月。

                          そろそろ冬も、少しずつ、

                          本気モードになり始めるでしょう。

                          花咲かすエネルギーを、

                          その身の中に、再び静かに蓄えて、

                          新しく来るであろう初夏のあの日差しの中で

                          美しく咲き誇る姿を、また見せて、魅せてね。

eve20181201.jpg
*イブ・ピアッチェ*
                          冬は、休息の季節。

                          また自らの中に力を蓄えるための。

                          それが、冬の役割・・・冬の意味。







ご覧いただきありがとうございます                          

2018.09.01

category: 琴庭

エレガントな雨上がり

yohan and aud20180901
Today's my Roses
*オードリー・ヘップバーン*
*ヨハン・シュトラウス

                         
                      容赦なく降り続く雨に、

                      鉢植えの薔薇たちが根腐れしてしまうのではないかと

                      心配でたまらなかったけれど

                      今朝の薔薇たちは、こんなに元気。

Aoi and Iori20180901
*あおい いおり姉妹*

                       ひどい雨だったね・・・?

                       お水飲み過ぎて、疲れてない?大丈夫?

                       私のそんな心配なんてどこ吹く風。

elenu20180901.jpg
*エレーヌ・ジュグラリス*

                       葉についた雫をキラキラ輝かせて

                       風に柔らかく揺れるその姿は

                       優雅なお姫さまそのもの。






ご覧いただきありがとうございます                          

2018.08.24

category: 琴庭

淑やかな気配


                        こんな降り方を

                        『篠突く雨』というのだろうか・・・?

                        細やかに降る雨を

                        ブラインド越しに見ていたら

                        美しく咲く姉妹と眼が合った。

                        姉のあおいと・・・

Iori20180824.jpg

                         妹のいおり。

                         日本で生まれた日本の薔薇。

                         幾つもの台風

                         突然の大雨

                         熱すぎる風・・・

                         波乱万丈だった今年の夏も

                         もうすぐ終わり。

                         そんな高温多湿の日本の夏は薔薇にとって

                         過酷極まりないのだと見聞きするのだけれど

                         それでも辛抱強く乗り越えたこの姉妹には

                         大和撫子の芯の強さを見る思い。

 


                          

ご覧いただきありがとうございます                           
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

野鳥小鳥の餌やりも食料の少なくなる冬だけは少しお手伝いしてもいいようです。バードフィーターなる餌入れもいろいろ販売されているよう。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad