FC2ブログ

2020.03.15

category: お出かけ

清らの呼吸満ちる場所

Today...
Photo husband

                        
                            一歩、一歩、また一歩。

                            吸って、吐いて、吐いては、吸う。

                            呼吸は、繰り返すごとに体中が浄化され

                            歩は、進めるごとに、足先から

                            私の中の余分なものが抜け落ちていく。

                            光りの祝福、温もり溢れる木々の気配

                            受け止めたのは無言のエール。

                            2446段の石段登りつめ

                            今日は、今年初めての

                            羽黒の山の登山参り。








ご覧いただきありがとうございます                                                        

2020.01.08

category: お出かけ

青と白と美しさの誘惑


                       車窓から見える景色が

                       あまりにも綺麗で美しくて

                       途中で車を止めてもらい

                       しばし見入った後

                       撮った写真は月山湖。

gasan20200108edit.jpg

                      それは、内陸住みの娘夫婦宅に向かう道中

                      去る2019年12月29日のこと。










ご覧いただきありがとうございます

2019.11.17

category: お出かけ

内側の秋

This morning

                        朝の空に月。

jet.jpg

                        見上げた空には飛行機。

                        今日は機械の翼。

momiziPark20191117a.jpg
山形市
*もみじ公園*
                       
                        きれいにお手入れされた庭園の中の

momi20191117a.jpg

                        もみじ。

momi20191117d.jpg

                        モミジ。

momi20191117b.jpg

                       紅葉。

                       葉の灯す

                       葉の明かり。

momi20191117c.jpg

                      昨日から宿泊しながら遊びに来ていた

                      娘夫婦の住まいからは、少し行くと

                      街があって、かわいいお店やカフェもあって。

                      こんなふうに、時々の街は、とても楽しい。

                      





ご覧いただきありがとうございます                      

2019.11.12

category: お出かけ

母の源を知る旅

naruko20191111.jpg
撮影日2019/11/10
*鳴子峡*

                        先日の鳴子峡散策は

                        母なる川『最上川』を知る旅にもなりました。

momi20191111a.jpg

                        行きの車内で夫に
 
                        「最上川の源流って見れるのかな?
                        どこだろうね?」と言ったところ

                        「源流というか日本海側と
                        太平洋側の分かれ目の所は見れるよ」

                        と言います。

                        日本海側と太平洋側の分かれ目?

                        なんだろう・・・?と思いましたが

                        戻りの途中で寄ってもらって

                        知ることができました。

mogami20191111a.jpg

                        こちらの石の部分を中心として

                        流れは二股に分かれています。

minamoto20191111b.jpg

                        経路図です。

minamoto20191111.jpg

                       向って右側の水は

                       幾つかの川を経て太平洋へ。

                       そして左側の水は

                       最上川を始めとする川を経て

                       最終日本海へ注がれてゆくのだそう。

                       水の旅、自然の神秘、母なる川の源。

                       勝手知ったるはずの地元のことでも

                       未だ知らないことや見ていないものが

                       たくさんあるのだなと思いました。






ご覧いただきありがとうございます

2019.11.10

category: お出かけ

秋を味わう

Today...

                      はらはらと風と共に

                      舞い降りる葉を見上げ・・・

naruko20191110a.jpg

                      もう終わりかけていたけれど

                      とてもきれいでした。

                      宮城県は『鳴子峡』

naruko20191110c.jpg

                      少し肌寒くもあったけれど、青空に恵まれ

                      心地良い紅葉狩りになりました。

                      遊歩道歩きは、けっこうな運動量で

                      戻りの坂道は、息が切れました(笑)

momi20191110a.jpg

                      オレンジ色。

koto20191110.jpg
Photo husband

                      間に私。

                      あんなに暑かったのに、

                      もうニット帽の季節とは・・・

                      いつも言ってしまうけれど

                      まったく、もう、早いなぁ。

momi20191110b.jpg

                      緑色が混ざったのもきれい。

naruko20191110d.jpg

                      引きで、お山を。

                      自然は厳しい。

                      でもやはり美しい。

                      繰り返す自然の営みに、

                      今年も静かに感謝感動。






ご覧いただきありがとうございます
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

久しぶりに青い空が見えています。今夜は星空にも会えるかなぁ。

カテゴリ

ランキングに参加しています。

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

インスタグラム*琴森*ルイ森*のこと。

こちらからご訪問下さっていた方々へ。 いつもありがとうございます。 @Koto-forest @Rui-forestです。

月別アーカイブ

お陰さまで7年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.