2017.02.16

category: feel

その想いの気配が薫る場所

Angel and kasumi


                           響き合う・・・・・?

                           待って・・・・・

                           『響き合う』だなんて・・・・・。

                           言葉が響き合う・・・?

                           或いは、想いが響き合う・・・・・・

                           或いはいっそ、魂が響き合う・・・。

                           ひとり心の中で連想する。

                           愛読中の本の帯に

                           書かれてあったその単語に

                           まるで今頃になって気づいたみたいに。

                           そして私は、図らずも

                           連れていかれてしまう・・・

                           愛の果て・・・のような場所へ。

 




ご覧いただきありがとうございます  

2017.02.15

category: feel

そのファインダーの向こうに見えるもの

gerbera and kasumi
 
    
                           今日は部屋に

                           柔らかな光が差し込んでいる。

                           その光には、微かではあるけれど

                           春の粒が紛れ込んでいる。

                           じきに始まるのだ・・・・

                           愛しいあの季節が。

                           写真を撮ろう・・・・・

                           手紙の代わりに・・・。

                           ファインダーを見つめよう。

                           あのやさしい瞳を思い浮かべながら・・・。

                           確かに・・・・・

                           写真には、私の想いが宿る。

                           写真は、私を物語る。

                           例えば私が、わざわざ言葉にしなくても。

                           だから・・・

                           写真を撮ろう。











いつもご覧いただきありがとうございます
              

2017.02.13

category: feel

或いは・・・そう思ういくつかのこと

Pink Rose1

                           貴方に出逢えたのは・・・

                           この私・・・そう思っていた。

                           貴方を好きになれたのも

                           私自身・・・そうも思っていた。

                           いつまでも貴方にときめくのも

                           私が私であるから・・・

                           時には、そうも思っていた。

                           例えば、すべて自分自身で

                           選び取ったことみたいに・・・。

                           けれど・・・・・

Pink Rose2

                           貴方には・・・

                           出逢わせてもらえたのかもしれなかった。

                           好きにならせてもらえたのかもしれなかった。

                           いつまでも、ときめく心の泉を絶やさぬように

                           清らかな水を常に注いでもらっているのは

                           私の方かもしれなかった。

                           或いは、すべてそうなのかもしれなかった。

                           そう思うと・・・そのことに気づくと

                           私は、貴方に出逢うことができた

                           この私であることが・・・

                           私は、私自身のこの人生が

                           今まで以上に、たまらなく愛しくなる。

                          








いつもありがとうございます                          

にほんブログ村

2017.02.11

category: feel

妖精ささやく丘

2015 Ry1
いつかの春と
いつかの娘。
*Location:Yamagata/Syonai*




                          色彩を忘れた

                          モノトーンの世界。

                          外では相も変わらず

                          濃い冬が居座り続けている。

                          それでも・・・・・

2015 Ry2

                          この心は・・・

2015 Ry3

                          いつしか・・・

2015 Ry4

                          春に抱かれ

                          あのやさしい声に包まれる

                          夢を見る。

                          例えば

                          誰かに・・・

2015 Ry5

                          「夢見る頃など、もうとうに過ぎたはず」 

                          そう言われたとしても。                        










いつもありがとうございます                          

にほんブログ村

2017.02.10

category: feel

花のかけら・・・花想い

White Rose
やさしくされると切なくなる
冷たくされると泣きたくなる・・・
誰より好きなのに。
『誰より好きなのに』
*古内東子*



                            ふと、その歌が心の中に浮かんだ

                            今日の日の午後

                            美しい花びらが、まるで

                            この手のひらの中に舞い降りたみたいに

                            なんだかとても女性らしい気持ちになった。

                            大好きな小説の主人公が言ったように

                            本当に・・・
                               『年齢なんて記号にすぎない』

                            だから

                            女性らしい気持ちを・・・

                            秘めた柔らかな想いを・・・

                            これからも忘れずにいよう・・・。

                            

                                                   薔薇・・・マクロ撮影
                                                      *SONY NEX3*                                             

                        


いつもありがとうございます

にほんブログ村
プロフィール

琴美

Author:琴美
私の写真と言葉で綴る
私と私の世界の物語。

ミムラ姉さんのこと

プロフ画像のミムラ姉さんのお人形は 息子に買ってもらったもの。

心の声をちょっとだけ

今朝はまた雪がうっすらと積もっていました。 ここからは、名残りの雪との我慢比べです(笑)

薔薇時計

Blue Rose

カテゴリ

ふわふわふわり・・花・・咲いた

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

Koto-Forest

Instagram

Rui_Forest

インコのルイの成長記録アカウントです

Instagram

ランキングに参加しています。

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

koto's memorys

月別アーカイブ

Welcome❤

ハミング

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.