FC2ブログ

2018.11.13

category: feel

戸惑うファインダー・・・さ迷うレンズ

Love Swan
ついさっき窓辺にて。
PM4:50の頃。

                       この時期、彼らは、朝を、

                       そして、夕暮れを連れてくる。

                       田んぼへ向かう、川へ帰る。

                       彼らの暮らしは、明確でシンプルで、そして規則正しい。

                       自宅頭上の空は、そんな彼らの飛行経路だ。

                       大好きな子たちに会えることを、こうして

                       約束されているということは、なんて幸せなことだろう

                       日々、そう思いながら窓辺に立ち、私は今日も、

                       彼らに聞こえるはずもない

                       「おはよう」と「おつかれさま」を空に向かって繰り返す。

                       こうしてカメラを向けることもあるし、

                       ただ癒されながら空を見上げているだけのこともある。

                       大好きだから会いたい・・・その気持ちの構図は、至ってシンプルだ。

                       基本的には・・・・・

Swan20181113.jpg
日曜の君。

                       でも、時々、こうしてカメラを向けながら、

                       ふと、彼らのストレス?恐怖?を思う。

                       だって、こんな筒状の得体の知れない物を

                       得体の知れない人間に向けられて

                       100%天真爛漫でいられるはずなんてないもの・・・。

                       心の中で(ごめんね・・・怖いかな?)謝りながらも

                       シャッターを切ることを止められない。

                       何故なら、好きだから・・・これもまた本当の気持ち。

Swan koto

                       夫に写真を撮ってもらい始めの頃、

                       よく言われたことがある。

                       「なんで、こんな体(てい)で撮りたいの?
                       しかも、SNSに上げるとかって・・・
                       自慢したいの?普通自分を出さないだろ?」

                       (自慢?自慢できるような見た目でもないのに・・・?
                       そんなつもりじゃないよ?だったら・・・だったらなんでだろう・・・)

                       心の中で繰り返す言葉は、唇から外へ出てゆくことは

                       ついになかったけれど、今思えば、物語の中の住人のような人に、

                       写真の中だけでもなってみたかったのかもしれない。

                       こんなことを書きながら、気恥ずかしくてたまらないのだけれど(笑)

                       でも、この大好きな子との偶然のシンクロポーズ。

                       これは写真がかけてくれた魔法に違いなくて。

                       戸惑いながら、さ迷いながら、きっとこれからも

                       私は、撮り続けてゆくのだと思う。









ご覧いただきありがとうございます                          

2018.11.12

category: feel

気持ちの距離、心の距離、或いは、魂の距離

昨日の空
昨日の風車
水面にカモたち。

                      例えばね・・・?

Swan20181108a.jpg
Love Swan

                      (そろそろ飛び立とう)とか。
                         
                      (向こうの方角へ行こう)とか。

Swan20181111c.jpg

                       そして、

                       (今日は、あの田んぼで食事をしよう)とか、

                       それら、数々の意思の疎通を、白鳥たち始め

                       生き物は、言葉を用いずにしていて、

                       そして、通じ合えているわけでしょう?

                       すごいよね?

                       私は、運転席の夫に向ってそう言う。


momi20181111b.jpg

                       なのに、

                       私とあなたもそうだし、私たち人間は、

                       こんなにもたくさんの言葉を使いこなしてもなお

                       伝わらない、伝えられない、通じ合えない、

                       そんな時もあるのにね?

                       そう思わない?

                       続けざまに夫に、そう聞く。

Swan20181109a.jpg

                      「そうだね」

                      夫が、そう言って、意味ありげに、くすりと笑った。

                         

                         


ご覧いただきありがとうございます                         

2018.11.05

category: feel

静かに深まる・・・静かに深める

最上川
白糸の滝ドライブインより。
撮影日:2018/11/5

                           
                         いつの間にか深まる秋。

mogami20181105b.jpg

                         周りのノイズに惑わされることなく、

                         いつでも静かに。

                         こんなにも素晴らしいのに、

                         誰の眼から見ても、その美しさは明らかなのに、

                         誰からの賞賛も求めるわけでもなく、

                         ただただ静かに、深まってゆく。

mogami20181105c.jpg

                         例えば、愛も幸せも

                         そんなふうであれたらと

                         今さらのように、そう思った。

                           




ご覧いただきありがとうございます

2018.11.02

category: feel

心の水面

オードリーヘップバーン
My Rose
*オードリー・ヘップバーン*

                         
                      胸の中にある水面がようやく静かになったと

                      感じられるようになったのは、今年に入ってからのことだ。

                      日々、大なり小なり、様々なことがあるわけだから

                      その都度、泡立ったり、さざ波が立ったりするのは

                      仕方のないことなのだけれど、

                      そういう避けようのない理由からのことではなくて

                      自分には必要のないことで、心の水面を揺らすことが

                      0とまではいかないまでも、以前とは比べて確実に少なくなったのだ。

                      それは、あの写真の世界に心を置きっぱなしにすることを

                      しなくなったから・・・と思われる。

                      良くも悪くも、どの道揺れる・・・あの世界に於いては。

                      それはそうと、それと比例するように、今年は読書量がとても増えた。

                      読書日記をつけているのだけれど、今年はもう60冊目。

                      これが多い方なのか少ない方なのかは、わからないけれど。

                      写真の本は『オードリー・ヘップバーンの言葉』

                      彼女の遺した数々の美しい言葉と、それにまつわる物語。

                      中でも好きなのは、この言葉。

                      『愛は行動なの。言葉だけではだめなの。
                      言葉だけですんだことなど一度だってなかったわ。』

                      この彼女の言葉にも似た思いで、

                      伝えたいことは、伝えたいひとに直接に・・・。

                      会いたい人には、会いにゆこう・・・。

                      そのことを再び確認し、実感したのもまた

                      今年に入ってからのことだ。






ご覧いただきありがとうございます                           

2018.10.20

category: feel

天国からのエール

Today's
Love Swan

                       映画を観た。

                       原作も数ヶ月前に読み終わって

                       これからも折に触れ読み直したいと思う

                       私自身の本棚カテゴリーに迷うことなく加えた本だ。

                       その原作の映画を、今日私は観たのだった。

                       スクリーンに彼女の姿が映し出された途端

                       思わず涙がこぼれた。

                       台詞であるのに台詞のように思わせない

                       彼女は正に『武田先生』そのものだった。

                       今は亡き、樹木希林さん。

                       茶道の先生を演じられた樹木さん。

                       原作でもずいぶん感動したのだけれど

                       そこに役者さんの声の温度が加わることによって

                       また物語の質感のようなものが違ってくるような気がする。

                       お茶の会に来たお弟子さんに

                       「お寒い中よくお運び下さいました」と労をねぎらい

                       師という立場にあっても

                       「私のような拙い者に今日までよくついてきてくださいました」

                       と謙虚な姿勢を忘れず、

                       「教えることで教わることもたくさんあるのですよ」と

                       やさしく諭す。

                       なんて美しく、尊いことだろう。

                       幾つになっても忘れてはならない何かを教わった。

                       本当に観て良かった。


                                           原作、及び映画
                                           *日日是好日*
                                            著:森下典子                       

                        

                       

ご覧いただきありがとうございます                           

                           
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

夫はカメラにはほぼ興味が無く、SNSもやっていません。 SNSやらないは、ある意味健やかだな・・・と正直思ったりします(笑)

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad