FC2ブログ

2018.06.14

category: *****

光りの午後


                         午後になり、ようやく晴れて

                         その上にその光り降り注ぎ、

                         花たちもうれしそう。

                         アナベル。

20180614princess peach

                        そんなに手をかけなくても

                        毎年たっぷり咲いてくれる優秀な子。

                        修景ローズのプリンセスピーチ。

Catmint.jpg

                        何でも、猫ちゃんが好きな草花だそうで

                        キャットミント。

                        それで・・・

                        また今日も、ついつい足が向くあの子のところ。

                        バッグにはお約束、パンが一枚。

                        寄ってきたのであげていると、必ずおこぼれ狙いで

                        やってくるのは、カー子とカー吉(カラス)

                        たぶん彼らは

                        (なんであいつだけ、ひいきされるんだよ)

                        とか思ってるんだろうな・・・笑。

                        それもやはり、ごもっともなこと。

                        でも、キラキラした水面に浮かんでいる、ただそれだけで、

                        そこだけまるで別世界のような絵にしてしまうあの子、

                        彼らのことは、ついつい特別扱いしたくなってしまう。

                        

                        





ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                        

2018.01.21

category: *****

例えばそれを物語とするなら・・・

12018 calendar

                            一年分の物語。

                            移ろう季節と・・・

                            過ぎゆく時間と・・・

                            積み重なる思い出と・・・

                            紡ぎゆく想いの欠片と・・・。

                            ひとつ、ひとつ、またひとつ・・・

                            それらを写真で掬い取ったもの。

22018 calendar

                            そんな、ささやかな物語を

                            初めてこんな風に、形に変えて。                           

                            

                            

                                                        




ご覧いただきありがとうございます

にほんブログ村                            

2017.12.23

category: *****

静寂な森

koto forest20171223b
Photo by Sho

                           今日の日、静かな森に足を忍ばせる・・・

                           ひととき、冬色に包まれていた地面に、木々に、

                           秋の名残りが、再びほのかに顔を覗かせる。

koto forest20171223c

                                静寂・・・・・

                            静かな場所に身を置けば、

                            誤魔化しようのない自分が

                            そこここに、際立つ。

koto forest20171223a
 
                            時は、季節は、

                            流れてゆく。

                            こうして、容赦なく。 

                            だから・・・だからこそ・・・

                            明日・・・あの幸せの鈴の音が、あなたの

                            その上にも降り注ぎますように・・・。                                                             




                                         ご覧いただきありがとうございます

                               

2017.11.30

category: *****

夢紡ぐ日々

koto sakura2017b

                            重たげな空・・・鉛色の。

                            吹きゆく風・・・冷たい北風の。

koto sakura2017a

                            冷たい雨粒・・・いずれ来る雪の気配の。

                            葉を落とした木々・・・眠りの国に体預けた。

2017 sakura

                            取り巻き始めた浅い冬を見つめながら、

                            そんな私は・・・

koto sakura2017c

                            着ているニットの袖口で

                            手を半分覆ったまま

koto sakura2017d

                            あの過ぎ去った春の日を胸に抱きしめて、

                            まだ見ぬ春を、心静かに紡ぎ始める。

            




                                                  撮影日:2017年5月



いつもありがとうございます

にほんブログ村                                

2017.11.26

category: *****

雨の日は言葉の海の中

いつかの私 水族館にて


                          ガラス窓を伝い降りる幾筋もの雨の雫・・・

                          きりもなく降り続く雨・・・冬の始まりの冷たい雨。

                          ここは不思議だ・・・

                          たくさんの言葉で溢れているのに

                          いつでも静寂に包まれている。

                          今日みたいな雨の日は、その静寂の色が

                          なお一層濃くなるような気がする。

                          静寂の中、言葉の海の中を泳ぐ。

                          まるで一たび、人魚にでもなったみたいに。

                          人魚・・・そう・・・人魚姫の物語。

                          もしも私が人魚姫だったなら、その恋のために

                          自らの声を失うことさえ厭わないだろうか・・・?

                          最後には泡となって消えてゆくというのに・・・?

                          彼に逢うために・・・?

                          今日の日、雨の日の図書館で

                          ふと彼女の悲しく切ない恋を想った。


 
                                              Photo by Sho・・・いつかの私。
                                                    

                               

                               

                              

                               

                              

                               
 いつもありがとうございます                       

にほんブログ村                             
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

叔母は母の兄嫁で血縁ではありませんが、とても気が合いました。 今はなかなか会うこともなくなりましたが元気で長生きしてほしいです。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

インコのルイの成長記録

Koto Post

コメント覧閉じていますが 何かありましたらこちらへどうぞ。

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ

お陰さまで5年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad