FC2ブログ

2019.06.20

category: 琴庭

妖精の歌

Today's my garden

                      『自宅の庭から妖精が消えてもがっかりしないで。
                      ちょっと手入れすれば生け垣はすぐに
                      小さな羽できらきら輝くことでしょう。
                      妖精たちが必要とする最低限のもの
                      つまり、食べものと安全な隠れ場所を
                      用意してあげるだけでよいのです』

                                       *妖精の手引き書
                                        不思議で美しいフェアリーの世界*より。
Fairy20190620b.jpg

                      久しぶりに開いた本
        
                      『妖精の手引書』は独特の世界観。

                      本棚が溢れても、一生持っていたい本リスト

                      その中の一冊。

                      昨夜は、お守り代わりに枕元に置いて。

                      一昨日の夜からの昨日、その夜

                      不思議とざわつく心も落ち着いて、しっかり熟睡できました。

                      庭にいるであろう妖精たちが、不安な夜を守ってくれた・・・

                      そんなふうに思ったり。

FairysSong.jpg

                      こちらのガウラは

                      『フェアリーズソング』という個名がついています。

                      妖精の歌・・・大好きなあのひとの

                      まるで妖精のような優しいその歌声は

                      今日もここで、この心で聴いています。






ご覧いただきありがとうございます

2019.06.19

category: 日々

月の夜・・・眠れぬ夜

Love Swan
2018 November

                        ブラインドの隙間からきれいな月が見えました。

                        それは、それは、穏やかに、美しく輝いていて

                        今夜はカーテンを開け放して月明かりで眠れるかも・・・。

                        そんなことを思っていました。

                        時計は22時を回り、お風呂から上がった私は

                        温かなお茶を飲みつつ、観たいテレビ番組もないから

                        今日は早く寝室にいって本を読もうと思っていました。

                        そこへ突然、ドンッという縦揺れ。

                        地震!!

                        本能の赴くままに私の取った行動は

                        インコのルイのケージを抱えることでした。

                        緊急地震速報は、揺れている最中に届きました。

                        震源地は山形沖・・・すなわち地元であることに

                        ショックと驚きを隠せないまま、

                        頭の中によぎったのは、津波のことでした。

                        それでも、こうして無事に朝を迎えることができました。

                        改めてとも、今さらながらとも言うべきか、

                        当たり前のようであって、淡々と過ぎてゆくこの静かな日常は、

                        決して当たり前ではないのだなと思いました。

                        秋になって、空を飛ぶ大好きな君に再び会えますように

                        今、心からそう願います。









ご覧いただきありがとうございます
プロフィール

琴美

Author:琴美
ひとりごとのような言葉の連なり。
見に来て下さって
ありがとうございます。

心の声をちょっとだけ

インスタグラム、お顔も存じ上げない、お会いしたこともない方々との繋がりです。でも一部のフォロワーさんがDMやコメントで「大丈夫?」と気にかけて下さいました。ありがたくてうれしくてネット上のお付き合いでも確かに『心』は存在すると思った出来事でした。本当にありがとうございました。

カテゴリ

*****

当ブログ掲載の記事及び 画像の転載を禁じます。           

koto_Forest

Rui_Forest

月別アーカイブ

お陰さまで6年

Fuwary.Slowにお越し下さるすべての皆さまへ。 コメント欄も閉じたままのひとり言のようなブログをいつも見て下さってありがとうございます。 長く続けてこれたのは、この画面の向こうに見て下さっている皆さまのお姿があるからです。 これからも続けてゆきたいと思っていますので、拙いブログではありますがどうぞよろしくお願いします。

Copyright ©Fuwary.Slow. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad